IPR・CBM最終判決統計データ2017年12月

アメリカ特許庁(USPTO)の審判部(Patent Trial and Appeal Board: PTAB)におけるInter partes review (略してIPR)とCBM(Covered business method)の最終判決に関する統計によると、2017年12月、PTABは61件の最終判決を発行し、73.83%の審査されたクレームは無効になった。

 

関連記事:2017年12月版:特許庁によるIPR、PRG、CBM統計データ

 

Inter partes review (略してIPR) – アメリカ特許庁(USPTO)の審判部(Patent Trial and Appeal Board: PTAB)において第三者が申し立てできる特許無効手続の1つ

 

Covered business method(略してCBM)− IPRと似た手続きだかCovered business methodという特殊なクレームに関わる特許に関して第三者が申し立てできる特許無効手続の1つ

 

また、IPR・CBMが行われなかった、または、代替のクレームが生き残ったケースが43件あり、すべてのクレームが生き残ったのはわずかに8件だった。

 

コメント:特許庁の統計データは以前紹介しましたが、今回は、特許法律事務所であるFinneganによるものです。Finneganはこのような統計データの収集や分析にも力を入れていて、一部を事務所のブログで紹介しています。

 

まとめ作成者:野口剛史

 

元記事著者:Michael R. Galgano, Daniel F. Klodowski, David C. Seastrunk, Aaron L. Parker and Elliot C. Cook. Finnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner LLP

https://www.finnegan.com/en/insights/blogs/america-invents-act/ipr-and-cbm-statistics-for-final-written-decisions-issued-in-december-2017.html

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

hand-shake-business
商標
野口 剛史

Intent-to-use Trademark出願で気をつけること

アメリカでTrademark(商標)を取得する場合、原則その商標を実際に製品やサービスに使用している必要があります。しかし、まだ製品やサービスが準備段階の場合、いち早くその商標を取得するために、実際に使用する前に、Intent-to-use Trademark出願ができます。しかし、商標を使う善意の意思を示す何らかの書類を準備しておく必要があります。

Read More »
未分類
野口 剛史

ネタに困らないウェビナー解説動画

これまで知財系ブログ、ニュースレター、ウェビナーなどどれもコンテンツの元となるネタが大切なビジネスアイデアを提案してきましたが、今回はネタに困らないウェビナー解説動画の紹介します。考え方は簡単で、自分でオリジナルコンテンツを作れないなら、他人のコンテンツを使ってしまおうというアプローチです。

Read More »