知財時事ネタについて語るYoutube動画

今回は数年前から流行りだしたYoutube動画ネタです。このYoutubeというツールを使って効率よく知財をプロモーションできるか考えてみました。

知財の課題の1つが一般の人の知名度だと思います。より多くの人に知財を身近なものに感じて貰えれば、市場が拡大し、新しいサービスやアイデアも出てきて知財業界が活性化していくと考えています。

弁理士会の活動の中でもPRに関する活動が多く見受けられるので、知財を広める活動は結構需要が見込めると思います。

今回はその知財を広める活動にYoutubeを使ってみるアイデアです。Youtubeといっても、様々な形があるので、今回は、ビジネスマン向けで、継続して続けられて、みんなで作り上げていけるものを考えてみました。

具体的には、日々の知財系時事ニュースを取り上げ、それについてゲスト知財プロフェッショナルと語るイメージです。長くならないように10分程度の動画にまとめて、毎回(ネタに合わせて)ゲスト弁理士さんを呼んで、ざっくばらんにコメントをしてもらうビジネス系のメディアです。

ネタはパテントサロンなどの知財系ツイートで集めれば(今だったらダウンロード違法化拡大の話とか)すぐに見つかります。また、進行役とコメンテーターを分けることで、進行役の負担を減らし、ゲストにコメントしてもらうことで、視聴者を飽きさせないことができます。

ゲストには最後に自分の事務所の宣伝する枠なども用意しておけば、インセンティブは十分だと思います。

ある程度継続して知名度が出てくれば、Twitterなどで質問を呼びかけそれに答えるみたいなよりユーザーと密接なコミュニケーションができます。

ビジネスマン向けのメディアなので、ある程度じっくり継続的にやっていく必要はありますが、時事ニュースをキーワードにネットで配信し続ければ、ある程度大きな知財情報メディアになると思います。

ターゲットは会社員や企業主なので、既存の知財業務の顧客になる得るユーザーが集まるメディアというのはとても価値があると思います。

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

契約
野口 剛史

契約における知的財産の所有権のポイント

他社と共同開発契約などを行う場合、両社の知的財産が問題になることがあります。通常、すでに各社が所有している知財に関する所有権は、すでに所有している会社にとどまることが多いですが、将来開発されるであろう知財の所有権には十分な議論が必要です。後の衝突を避けるためにも、事前に契約で将来開発されるであろう知財について明確に所有権がわかるようにしておくことをおすすめします。

Read More »
Contract-signing
契約
野口 剛史

和解契約の内容次第で侵害訴訟を起こせなくなる可能性も

今回紹介する判例では、特許訴訟で和解した企業の事業を買収することで、同じ特許権者による特許侵害訴訟が回避されました。これは和解契約で広範囲なライセンス付与が行われたことが原因です。この判例を教訓にし、和解契約のリリース条項や特許ライセンス範囲は必要最低限にとどめ、将来的な知財訴訟を難しくするような条項は最小限にとどめておくことをおすすめします。

Read More »
graph-chart
再審査
野口 剛史

Federal Circuit PTAB Appeal統計(2018年7月15日現在)

2018年7月15日現在、 CAFC は PTAB による IPR や CBM 手続きの上訴393 件を扱ってきました。 CAFC が PTAB の判決を支持した案件は296 件で全体の75.32%にあたります。棄却、無効になった案件は46 件で全体の11.70%。 その間の結果(つまり少なくとも1つの問題に対しては PTAB の判決を支持したが、すくなくとも1つの問題に対して棄却・無効になった)は、38 件で全体の9.67%でした。CAFC は約13 件(3.31%) の上訴を棄却。これは、 CAFC が管轄を持っていないと判断した件や、和解などが原因で棄却になったものが多いとのことです。

Read More »