知財時事ネタについて語るYoutube動画

今回は数年前から流行りだしたYoutube動画ネタです。このYoutubeというツールを使って効率よく知財をプロモーションできるか考えてみました。

知財の課題の1つが一般の人の知名度だと思います。より多くの人に知財を身近なものに感じて貰えれば、市場が拡大し、新しいサービスやアイデアも出てきて知財業界が活性化していくと考えています。

弁理士会の活動の中でもPRに関する活動が多く見受けられるので、知財を広める活動は結構需要が見込めると思います。

今回はその知財を広める活動にYoutubeを使ってみるアイデアです。Youtubeといっても、様々な形があるので、今回は、ビジネスマン向けで、継続して続けられて、みんなで作り上げていけるものを考えてみました。

具体的には、日々の知財系時事ニュースを取り上げ、それについてゲスト知財プロフェッショナルと語るイメージです。長くならないように10分程度の動画にまとめて、毎回(ネタに合わせて)ゲスト弁理士さんを呼んで、ざっくばらんにコメントをしてもらうビジネス系のメディアです。

ネタはパテントサロンなどの知財系ツイートで集めれば(今だったらダウンロード違法化拡大の話とか)すぐに見つかります。また、進行役とコメンテーターを分けることで、進行役の負担を減らし、ゲストにコメントしてもらうことで、視聴者を飽きさせないことができます。

ゲストには最後に自分の事務所の宣伝する枠なども用意しておけば、インセンティブは十分だと思います。

ある程度継続して知名度が出てくれば、Twitterなどで質問を呼びかけそれに答えるみたいなよりユーザーと密接なコミュニケーションができます。

ビジネスマン向けのメディアなので、ある程度じっくり継続的にやっていく必要はありますが、時事ニュースをキーワードにネットで配信し続ければ、ある程度大きな知財情報メディアになると思います。

ターゲットは会社員や企業主なので、既存の知財業務の顧客になる得るユーザーが集まるメディアというのはとても価値があると思います。

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

統計
Uncategorized
野口 剛史

IPRは訴訟コストを6%しか下げていない?IPR効果の分析

IPRは特許訴訟よりもコスパがいいとされていますが、実際の効果はどれくらいなのでしょうか?IPRの訴訟費用に対する効果を考える時、費用節約と同時に、IPRが訴訟コストを増加させてしまうシナリオも考えると、以外と思われるたった6%のコスト削減という結果になりました。

Read More »
laptop-typing
再審査
野口 剛史

マシーンラーニングに関する特許は有効か?

マシーンラーニングはAIに関わる重要な技術ですが、特許の有効性については今後大きな議論になりそうです。Alice判決によって枠組みが作られた特許適格性の問題が今後どうマシーンラーニングやAIの分野に適用されるか注目です。

Read More »
design-blueprint
訴訟
野口 剛史

設計変更した製品をITCに提出することを忘れない

ITCは、Certain Network Devices, Related Software and Components Thereof (II), Commission Order, Inv. No. 337-TA-945 (June 26, 2018)において、すでに発行された救済命令に変更を加え、設計変更を施した製品はlimited exclusion order ( LEO )(限定的排除命令)とcease and desist order (CDO )(停止命令)に含まれないことを明記しました。

Read More »