知財対談情報サイト

面白い取り組みをやっている人と会って、その人との対談を情報発信していくのはどうだろう?知財に関する時事ニュースはいろいろなところで見るけど、あまり知財に関わる「人」に焦点を合わしたメディアが少ない気がする。でも対談形式のメディアもやり方によってはおもしろいコンテンツになるのでは?

検索したところ「人」に焦点を合わせた知財関連情報がまとまっているサイトは見つからなく、あっても事務所が自分のところの弁理士や事務員のインタビュー記事をホームページにアップしているぐらいだった。

よくある対話形式のメディアは表面的な情報だけにとどまってしまっていて物足りないけど、対談する人が対等でお互いに刺激し合えれば、内容がもっと突っ込んだものになって面白さが出てくるのではないだろうか?

他のメディアにない対談形式の魅力は、対談する人同士のシナジーから生み出されるアイデアだと思う。専門家同士の「本音」対談をいくつもセットアップできるなら、業界の誰もが知りたいとてもユニークなコンテンツができると思う。

そんな知財プロフェッショナルの本音トークを数多く配信できるメディアサイトを作れたらそれだけで生計が立てられるビジネスに成長するかもしれない。

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

shoes
商標
野口 剛史

ITC調査でConverseの70年も続いた商標が取り消しになってしまう

ITCにおける知財の侵害調査は、アメリカ地裁で差し止めが難しくなった現環境の中、注目を集めている権利行使の方法です。ITCによる知財侵害調査のほとんどは特許ですが、今回は商標です。権利行使をしたものの、80年以上の間、同じようなデザインの靴が複数の他社から販売されていたことと、商標の有効性に対して重要な証拠として扱われるアンケート調査での結果が派生的意味を証明するほどの高い数値を示していなかったことに注目し、商標が無効になってしまいました。

Read More »