知財プロフェッショナル出会い系アプリ

SNSが盛んになってきて「出会い方」も変わってきました。この変化が1番わかるのがOmiaiなどの出会い系アプリではないでしょうか?今回はそのような仕組みを知財の業界にも応用できないか考えてみました。

出会い系アプリの仕組みは、簡単に言うと新しい出会いを求めている人がそのアプリに登録して、数多くのユーザーから選ばれ、「両思い」になればマッチが成立し、メッセージ等で直接連絡が取れるようになるものです。

出会い系アプリも細分化されていて、目的、年齢層、趣味、地域、マッチングシステム、費用など様々な面で独自性を出そうとしています。

このような新しい出会いの形ができ、市場が活性化し、細分化が行われてくる今日、この新しい「出会い方」に抵抗がなくなり、より多くの人に受け入れられる方向に進むはずです。

そういう流れになれば、「恋愛」以外にもこのような「出会い方」が採用されてもおかしくありません。

知財の場合、市場の大きさや既存のビジネスプラクティスから、新規の見込み客を見つける方法がかなり限られていて、新規の見込み客が少なく、また、顧客取得原価も高額になっていると思います。

このような閉鎖的な業界に出会い系の仕組みを用いたマッチングアプリが登場すれば、知財業界に大きな変化がもたらされるのではないでしょうか?

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

webinar laptop and coffee
特許出願
野口 剛史

特許明細書のヒント:技術的な解決策を強調する

アメリカのSoftware特許は日本のものと大きくことなります。特に最高裁判決Alice以降、どのようなものが特許法101に明記されている特許適格性(patent eligibility)を満たすのか継続的に裁判所で議論が展開されています。現在のところAlice判決が下された時に比べ、徐々にSoftware特許が許可されやすい環境になってきました。

Read More »
computer-people-development
訴訟
野口 剛史

ITC337条調査国内産業要件にITCコミッショナーが言及

ITC における特許侵害調査(337条調査)を行う場合、特許権者は国内産業要件(Domestic industry requirements)というITC調査独特の条件をクリアーしなければなりません。今回の判決では、生産活動以外の活動に対する出資(エンジニアリング、研究、開発)が、国内産業要件(Domestic industry requirements)の“significant investment in U.S. plant and equipment” や“ significant employment of U.S. labor or capital”を満たすことができるということを明確に示しました。

Read More »
change
訴訟
野口 剛史

大きな変化の兆し?海外の直接侵害が損害賠償に加算され賠償金が数倍に膨れ上がる?

連邦地裁の判事が最高裁の WesternGeco 判決を受け、海外における直接侵害が損害賠償に加算されるという見解を示しました。もしこの見解が正しいなら、35 U.S.C.§ 271(f)におけるInduced infringementでの特許侵害という特殊なケースにしか適用されないと思われていたWesternGeco 判決が一般的な35 U.S.C.§ 271(a)における直接侵害にも適用されることになります。

Read More »