知財プロフェッショナル出会い系アプリ

SNSが盛んになってきて「出会い方」も変わってきました。この変化が1番わかるのがOmiaiなどの出会い系アプリではないでしょうか?今回はそのような仕組みを知財の業界にも応用できないか考えてみました。

出会い系アプリの仕組みは、簡単に言うと新しい出会いを求めている人がそのアプリに登録して、数多くのユーザーから選ばれ、「両思い」になればマッチが成立し、メッセージ等で直接連絡が取れるようになるものです。

出会い系アプリも細分化されていて、目的、年齢層、趣味、地域、マッチングシステム、費用など様々な面で独自性を出そうとしています。

このような新しい出会いの形ができ、市場が活性化し、細分化が行われてくる今日、この新しい「出会い方」に抵抗がなくなり、より多くの人に受け入れられる方向に進むはずです。

そういう流れになれば、「恋愛」以外にもこのような「出会い方」が採用されてもおかしくありません。

知財の場合、市場の大きさや既存のビジネスプラクティスから、新規の見込み客を見つける方法がかなり限られていて、新規の見込み客が少なく、また、顧客取得原価も高額になっていると思います。

このような閉鎖的な業界に出会い系の仕組みを用いたマッチングアプリが登場すれば、知財業界に大きな変化がもたらされるのではないでしょうか?

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

coca-cola bottle
商標
野口 剛史

トレードドレスの基礎知識

商標(trademarks)に加え、トレードドレスというものがあります。商標はは会社のブランドに関するものですが、トレードドレスは商品の外見やパッケージを保護するものです。多くの会社がパッケージングで差別化を図っていて、消費者もパッケージングで企業を特定する場合も多くあります。また、トレードドレスはレストランやお店などの特定のブランドに関連する建物のデザインにも適用することができます。

Read More »
shoes
商標
野口 剛史

ITC調査でConverseの70年も続いた商標が取り消しになってしまう

ITCにおける知財の侵害調査は、アメリカ地裁で差し止めが難しくなった現環境の中、注目を集めている権利行使の方法です。ITCによる知財侵害調査のほとんどは特許ですが、今回は商標です。権利行使をしたものの、80年以上の間、同じようなデザインの靴が複数の他社から販売されていたことと、商標の有効性に対して重要な証拠として扱われるアンケート調査での結果が派生的意味を証明するほどの高い数値を示していなかったことに注目し、商標が無効になってしまいました。

Read More »
chess-game-plan-strategy
再審査
野口 剛史

IPRを成功に導くための What, Why, and How

IPRは特許クレームを無効にするために広く使われている手続きです。また、IPRで特許クレームを無効にする理由のほとんどが自明性(Obviousness)に関するものです。自明性は主観的なコンセプトで、先行例文献を合わせることで、発明が自明か?という問題は、長い間議論されている問題です。実に、特許の長い歴史の中で、“teaching,” “suggestion,” or “motivation” (TSM) testや最高裁のKSR判決における“Obvious to try” など様々な考察点があります。

Read More »