知財プロフェッショナル出会い系アプリ

SNSが盛んになってきて「出会い方」も変わってきました。この変化が1番わかるのがOmiaiなどの出会い系アプリではないでしょうか?今回はそのような仕組みを知財の業界にも応用できないか考えてみました。

出会い系アプリの仕組みは、簡単に言うと新しい出会いを求めている人がそのアプリに登録して、数多くのユーザーから選ばれ、「両思い」になればマッチが成立し、メッセージ等で直接連絡が取れるようになるものです。

出会い系アプリも細分化されていて、目的、年齢層、趣味、地域、マッチングシステム、費用など様々な面で独自性を出そうとしています。

このような新しい出会いの形ができ、市場が活性化し、細分化が行われてくる今日、この新しい「出会い方」に抵抗がなくなり、より多くの人に受け入れられる方向に進むはずです。

そういう流れになれば、「恋愛」以外にもこのような「出会い方」が採用されてもおかしくありません。

知財の場合、市場の大きさや既存のビジネスプラクティスから、新規の見込み客を見つける方法がかなり限られていて、新規の見込み客が少なく、また、顧客取得原価も高額になっていると思います。

このような閉鎖的な業界に出会い系の仕組みを用いたマッチングアプリが登場すれば、知財業界に大きな変化がもたらされるのではないでしょうか?

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

laptop-typing
再審査
野口 剛史

マシーンラーニングに関する特許は有効か?

マシーンラーニングはAIに関わる重要な技術ですが、特許の有効性については今後大きな議論になりそうです。Alice判決によって枠組みが作られた特許適格性の問題が今後どうマシーンラーニングやAIの分野に適用されるか注目です。

Read More »
訴訟
野口 剛史

Apple v. Qualcomm: Public interestがiPhoneの輸入規制を防ぐ最後の手段?

ITC 行政判事は、Apple がアメリカに輸入している iPhone が Qualcomm のアメリカ特許を侵害していると判断したにもかかわらず、iPhone の輸入規制をしないという判決を下しました。これは輸入規制をした際の Public interest を懸念したものですが、今後は、ITCパネルによるレビューや大統領のレビューもあり、この判決が変わる可能性もあります。

Read More »