知財のエンタメ化の流れに乗っかる

一見とっつきにくい知財というテーマをエンタメ化する動きがあります。今回はこの流れに便乗して、まだエンタメ化できていないものを積極的に企画して知財エンターテイメントのリーダーになっていくアイデアを紹介します。

2020年1月18日に特許の鉄人第2回が開かれましたね。主催者の加島さんやゴールドスポンサーのムゲンチザイ事務局を運営しているちざたまごさんは知り合いなので、私はアメリカにいますが陰ながら応援させていただきました。最初は定員100人だったのにチケット完売で追加チケットを販売するほどの人気だったようです。ちざたまごさんのレポートを見る限りとても盛り上がったみたいですね。

さて、今回は、この知財のエンタメ化の流れに便乗するアイデアの紹介です。私の知る限り、日本における知財のエンタメイベントは、特許の鉄人のクレーム作成タイムバトル、商標調査対決をするAI vs. 弁理士ゲンチザイぐらいです。

数年前は知財エンターテイメントという部類は存在しなかったので、このような新しい動きは歓迎したいのですが、まだまだコンテンツの数が少ないと思います。まだ始まったばかりの知財エンターテイメントですが、Youtubeなどの普及により様々な分野がエンタメ化していく中、今後も知財エンターテイメントの市場はどんどん拡大していくと思っています。特に、知財プロフェッショナル以外の人にも楽しんでもらえるコンテンツを作れれば、市場は数倍になるし、市場の拡大速度も劇的に早くなります。

やるなら、どんなコンテンツで勝負するか?

便乗するにもどんなことをやるかが重要ですよね。やってみないとウケるかはわかりませんが、今のトレンドを考えるとある程度の方向性が見えてくると思います。

対決もの: ラグビーでもそうですが、ライブでやるなら勝負をするものがいいですよね。結果がどうなるかわからないドラマチックな展開も期待できます。上で紹介した特許の鉄人もAI vs. 弁理士も対戦系です。私が企画するなら、特許侵害に関わる鑑定書を一定の時間内で作らせるとかがいいですね。特に、一方には侵害を示す鑑定をしてもらい、もう一方には非侵害を示す鑑定をしてもらい、どちらの主張がより論理的なものかを競うというのも面白そうですね。

リーガルテック: 法務分野にもさまざまなITサービスが参入しています。特に契約内容のチェックなどではAIを積極的に活用したツールがアメリカはすでに実用化されています。そこで、これも対戦ネタになるのですが、すでに日本で実用化されているリーガルテックサービスで対戦に優れているものをピックアップして、人と戦わせます。これはAI vs. 弁理士と同じコンセプトですね。でも、対戦する内容を変えます。日本でのサービスがあるかわかりませんが、NDAの間違え探しなど契約をチェックするSaaSがあれば、そのサービスと弁理士・弁護士さんを戦わせるのもありですね。でも、その場合、どちらかが必然的に有利にならないようにお題は慎重に選ぶ必要があります。

この2つは前例もあるので、比較的企画をしやすいネタになると思います。

あと、個人的には演劇とかもいいかなぁと思ってます。これはすぐにできるものではありませんが、例えば、下町ロケットみたいな特許が重要な役割を担うストーリーを脚本して、それを演じることで、知財を身近なものに感じてもらう。こんな取り組みもありかな?とも思っています。実際に起きた知財が絡むエピソードって機密なものが多いので、公になることはめったにありませんが、実際のエピソードをベーズにエンタメ性を考慮しアレンジしたものを作れば、結構リアルで、かつ、面白いものができると思うのですが、どうでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

特許において、クレームの限定事項が明確に記述されているかどうかは、特許の有効性を左右する重要な要素です。今回、Maxell, Ltd.対Amperex Technology Limitedの判決は、特許クレームの解釈において、限定事項間の表面上の矛盾をどのように扱うべきかという問題を浮き彫りにしました。本文では、この重要な判決を深堀りし、一見矛盾すると思われる限定事項が、実際には特許の不明瞭性(Indefiniteness)を生じさせない理由について探求します。特に、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)がどのようにこれらの限定事項を同時に満たすことが可能であると見做したか、その解釈の根拠と、特許クレームを起草する際の実務上の教訓に焦点を当てて考察します。
特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。
先月、米国特許商標庁(USPTO)が「Means-Plus-Function」に関するメモランダムを発行し、審査官に最新ガイダンスを提供しました。その内容は実務における大きな変更を意味するものではなく、既存の法的枠組みの下でより明確な指針を提供することを目的としています。しかし、このタイミングにおけるガイドラインの発行は、35U.S.C.112条(f)に基づく一風変わったクレームの形式であるMeans-Plus-FunctionがUSPTOにおける特許審査で注目されていることを示しており、改めてガイドラインに沿った適切なクレームドラフティングが求められることを意味します。