知財あるあるを漫画化

知財について学ぶのは結構大変ですよね。私もアメリカのPatent Agentの試験の時に使った教材のボリュームと専門用語にかなり振り回されました。知財のプロとして活躍していくには専門性の高い情報を常に得ることは大切ですが、知財の重要性を広めるために知財のあるあるを漫画化したらどうでしょう?

検索してみたらアマゾンで漫画でわかる知財みたいな本が売っていたり、日本弁理士会では「閃きの番人」という漫画を無料配信していました。特に「閃きの番人」は全5話あって結構なボリューム感がありました。いい取り組みですね。

でも、今から知財の漫画化をするならLineやTwitterで投稿して、1ページか数ページでストーリーが完結するようなものが受けると思います。それを定期的にアップして固定ファンを増やしていくのが今の時代にあったやり方だと思います。

ちょうど4月から新卒が入ってくるので、その時期あたりから配信して、主人公を何も知らない新人にして、その人が日々成長するストーリー仕立てで漫画化すればヒットするのでは?と思ってます。あと、ストーリーもあり得ないようなことを書くのではなく、知財あるあるを漫画化するぐらいでいいと思います。

LineやTwitterで投稿である程度人気が得られれば、出版社に話を持ち込んで単行本化できるし、漫画と知財の用語解説を合わせたような実用書もありですね。更に、企業の新人知財部員の教育教材として売り込んでみたり、知財の啓蒙活動として使ってもらうなど、知財教育や知財啓蒙活動に大きく貢献することができると思います。

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

supreme-court
訴訟
野口 剛史

最高裁が仲裁を擁護する判決: Henry Schein, Inc. v. Archer & White Sales,Inc

今回のアメリカ最高裁の判決により、契約書の仲裁に関わる規約はより重要性を増していくことが考えられます。アメリカにおける訴訟は高額なので、契約の際に仲裁で係争を解決する条文を含むことがほとんどだと思いますが、その文言に注意しないと意図しない訴訟に巻き込まれてしまうことがあります。

Read More »
secret
商標
野口 剛史

DTSA下の一方的な押収事例(施行から2年)

2016年のDefend Trade Secrets Act (DTSA) 施行から2年が経ちました。DTSA により、いままで州法で州ごとに守られていた企業機密を連邦法でも取り締まるようになりました。また、DTSA は、州法では認められていなかった一方的な押収(ex parte seizure)も認めています。今回はこの一方的な押収の事例を紹介しながら実際に適用できる条件を見ていきましょう。

Read More »