特許ライセンスと技術支援のバンドル

日本企業で特許ライセンスプログラムを積極的に行っているところはあまりありませんが、技術支援とバンドルしたら特許ライセンスが新たな収入源になるかもしれません。

多くの人が製品とライセンス対象特許を1つ1つ細かく分析して、関連のある特許があればライセンスを受けるという後ろ向きの考えを持っていると思います。しかし、特許ライセンスは本来ライセンスを得て、もっと自由に今後の製品開発を行える環境を整えるためのものという前向きの考えの基に成り立つべきものだと私は考えています。

そこで、ライセンシーが特許で守られた技術を使った製品開発を行いやすくするために特許ライセンスと技術支援をバンドルしたらどうでしょうか?

ある程度具体的な技術支援を提案できれば、過去に目を向けがちなライセンス交渉が将来に向けたパートナーシップのための提案になります。そうすればより幅の広いライセンス事業が展開できるようになるでしょう。

名称も特許ライセンスではなく、ビジネスソリューションとして特許で守られた自社技術を他社の製品に応用できることをアピールすれば、より効果的にマーケティングができるのではないでしょうか?

特許ライセンスのいいところは、ロイヤルティーの利益率はほぼ100%ということです。メーカーだと自社製品の売り上げから得られる利益は数パーセントぐらいとのところがほとんどなので、ロイヤルティー収入利益率はとても魅力的です。また、不景気になってもロイヤルティーは6ヶ月や1年後に現金で支払われるので、不景気で資金繰りが悪化したときに、ある程度まとまったロイヤルティー収入があると心強いものです。

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

shoes
商標
野口 剛史

ITC調査でConverseの70年も続いた商標が取り消しになってしまう

ITCにおける知財の侵害調査は、アメリカ地裁で差し止めが難しくなった現環境の中、注目を集めている権利行使の方法です。ITCによる知財侵害調査のほとんどは特許ですが、今回は商標です。権利行使をしたものの、80年以上の間、同じようなデザインの靴が複数の他社から販売されていたことと、商標の有効性に対して重要な証拠として扱われるアンケート調査での結果が派生的意味を証明するほどの高い数値を示していなかったことに注目し、商標が無効になってしまいました。

Read More »
arrows-go-up
再審査
野口 剛史

IPR/PGR情報:クレーム補正が認められやすくなってきた

通常、 PTAB における IPR や PGR の手続きにおいて、クレーム補正をするのは困難でした。しかし、最近の統計データから、今年の2月ごろから、 PTAB におけるクレーム補正が認められやすくなったことがわかりました。 まだ、明確な変化を断言できるだけの時間は経っていませんが、特許権者としては、IPR/PGRにおけるクレーム補正を戦略を立てる際に考慮するべきです。

Read More »