特許ライセンスと技術支援のバンドル

日本企業で特許ライセンスプログラムを積極的に行っているところはあまりありませんが、技術支援とバンドルしたら特許ライセンスが新たな収入源になるかもしれません。

多くの人が製品とライセンス対象特許を1つ1つ細かく分析して、関連のある特許があればライセンスを受けるという後ろ向きの考えを持っていると思います。しかし、特許ライセンスは本来ライセンスを得て、もっと自由に今後の製品開発を行える環境を整えるためのものという前向きの考えの基に成り立つべきものだと私は考えています。

そこで、ライセンシーが特許で守られた技術を使った製品開発を行いやすくするために特許ライセンスと技術支援をバンドルしたらどうでしょうか?

ある程度具体的な技術支援を提案できれば、過去に目を向けがちなライセンス交渉が将来に向けたパートナーシップのための提案になります。そうすればより幅の広いライセンス事業が展開できるようになるでしょう。

名称も特許ライセンスではなく、ビジネスソリューションとして特許で守られた自社技術を他社の製品に応用できることをアピールすれば、より効果的にマーケティングができるのではないでしょうか?

特許ライセンスのいいところは、ロイヤルティーの利益率はほぼ100%ということです。メーカーだと自社製品の売り上げから得られる利益は数パーセントぐらいとのところがほとんどなので、ロイヤルティー収入利益率はとても魅力的です。また、不景気になってもロイヤルティーは6ヶ月や1年後に現金で支払われるので、不景気で資金繰りが悪化したときに、ある程度まとまったロイヤルティー収入があると心強いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。