特許ライセンスと技術支援のバンドル

日本企業で特許ライセンスプログラムを積極的に行っているところはあまりありませんが、技術支援とバンドルしたら特許ライセンスが新たな収入源になるかもしれません。

多くの人が製品とライセンス対象特許を1つ1つ細かく分析して、関連のある特許があればライセンスを受けるという後ろ向きの考えを持っていると思います。しかし、特許ライセンスは本来ライセンスを得て、もっと自由に今後の製品開発を行える環境を整えるためのものという前向きの考えの基に成り立つべきものだと私は考えています。

そこで、ライセンシーが特許で守られた技術を使った製品開発を行いやすくするために特許ライセンスと技術支援をバンドルしたらどうでしょうか?

ある程度具体的な技術支援を提案できれば、過去に目を向けがちなライセンス交渉が将来に向けたパートナーシップのための提案になります。そうすればより幅の広いライセンス事業が展開できるようになるでしょう。

名称も特許ライセンスではなく、ビジネスソリューションとして特許で守られた自社技術を他社の製品に応用できることをアピールすれば、より効果的にマーケティングができるのではないでしょうか?

特許ライセンスのいいところは、ロイヤルティーの利益率はほぼ100%ということです。メーカーだと自社製品の売り上げから得られる利益は数パーセントぐらいとのところがほとんどなので、ロイヤルティー収入利益率はとても魅力的です。また、不景気になってもロイヤルティーは6ヶ月や1年後に現金で支払われるので、不景気で資金繰りが悪化したときに、ある程度まとまったロイヤルティー収入があると心強いものです。

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

supreme-court
訴訟
野口 剛史

最高裁が仲裁を擁護する判決: Henry Schein, Inc. v. Archer & White Sales,Inc

今回のアメリカ最高裁の判決により、契約書の仲裁に関わる規約はより重要性を増していくことが考えられます。アメリカにおける訴訟は高額なので、契約の際に仲裁で係争を解決する条文を含むことがほとんどだと思いますが、その文言に注意しないと意図しない訴訟に巻き込まれてしまうことがあります。

Read More »
change-sign
再審査
野口 剛史

最高裁SAS判決:地裁における早期一時停止の事例

2018年4月24日に下ったSAS判決の影響がすでに地裁の訴訟案件で出てきています。SAS判決により、地裁は IPR におけるInstitutionの決定がなされる前に、地裁における特許訴訟の一時停止(Stay)を認めることが多くなることが予想されます。また、今後は IPR 手続きの早い時点、Institutionの判断が行われる前から一時停止が認められやすくなります。

Read More »