無効審判を傍聴してスキルアップ

裁判は基本一般の人が傍聴できるようになっています。同じように特許庁における口頭審理・証拠調べも原則公開されているので、関係者じゃなくても傍聴できます。そこで実際に行われる無効審判手続きを知財教育教材にするのはどうでしょうか?

企業の知財プロフェッショナルの方が悩まれる課題の1つに知財教育があると思います。知財は複雑で抽象的なイメージがあり、あまり一般のニュースなどで取り上げられないため「おもしろく」することが難しい分野の1つです。

また知財教育の場合、座学が一般的でエンジニアや事業部の従業員など知財部以外の社内人材に効果的な教育をするということはかなりハードルが高いです。研修を飽きさせない工夫やケーススタディを考えるだけでも膨大な時間と労力がかかります。また、結局どんなに巧妙なケーススタディを考えても架空の事柄なので、真剣に取り組んでもらえるかはわかりません。

そこで知財がいかに大切かということを生で感じてもらえるように一般に公開している無効審判の傍聴をプログラムの一部に加えるのはどうでしょう?

特許庁のサイトによると、このように口頭審理・証拠調べの傍聴は原則公開されています。

アメリカの特許庁でも同じように PTAB の傍聴ができます。

実際に当事者同士が特許の有効性について主張する場にいることは緊張感を生みます。当事者は時間とお金をかけて無効審判手続きを行っているわけで当然真剣に案件に取り組んでいます。それを間近で見れるのは臨場感がありますね。

さらに事前に案件の内容を確認できれば、受講者に事前知識としてインプットできるし、口頭審理までいくまでのプロセスや費用、当事者の戦略や思惑などさまざまな切り口で実際の案件を分析・解説できます。

このように実際の案件を間近で見ることによって、座学では決して学べない知財の大切さやその危うさを受講者に体験してもらうことができます。

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

track-start-line
特許出願
野口 剛史

生命科学の発明を特許出願する前に公開してもいいのか?

生命科学の分野では特に、なるべく早く発明を発表し、発見を公開する傾向があります。しかし、学術的に一番いい方法が必ずしもビジネスにおいて最適だとは限りません。ほとんどの国では、特許出願の前に発明を公開してしまうと、特許が取得できなくなってしまいます。つまり、アカデミアの意識のままの発明者がいると、雇っている会社にとって大きな打撃になってしまう可能性がります。

Read More »
binders-filings-data-record
再審査
野口 剛史

2018年11月のIPRとCBM の統計データ

11月PTABは50 件のIPRとCBMの最終判決を下しました。この数字には、CAFCからの差し戻しも含みます。争われたクレームの内540 クレーム(66.83%)を取り消し、263 クレーム(32.55%)の取り消しを却下。特許権者が補正やdisclaimerを行い5クレーム(0.62%)が生き残りました。

Read More »
契約
野口 剛史

使えるJDAガイドライン

顧客のニーズが多様していく中、社内のリソースだけでは魅力的な商品やサービスが作れなくなってきています。そこで、他社とコラボレーションとなる訳ですが、その際はNDAやJDAなどの契約も重要になってきます。そこで、今回はとてもいいガイドラインを見つけたので紹介します。

Read More »