技術者コミュニティーで知財情報を発信

OLCもそうですが多くの知財に関する情報は同業者の知財関係者向けに発信されています。そこが一番大きなパイだし、仕事の依頼なども他の知財関係者から来ることがほとんどなので、そうなっているのだと思います。しかし、目線を変えて技術者など別のコミュニティーに向けて情報発信してみたらどうでしょうか?

仕事を依頼してくる最終的な窓口は知財部かもしれませんが、実際に明細書を書く場合、発明者である技術者と面談(や今だとZoomなどのビデオ会議ですかね)したり、技術的な議論をしたりと、明細書やクレームに関する細かな打ち合わせをするのはどちらかと言うと窓口の知財部の担当者よりも技術者の方が多いと思います。当然、技術者さんに気に入ってもらえれば、また仕事を依頼してきてくれるかもしれません。

そこで、知財関係者でなく、技術者コミュニティーに向けて知財情報発信してみたらどうでしょうか?

技術者の場合、知財はあまり詳しくないし、興味もあまりないと思うので、工夫して情報提供をしないといけないですが、そもそも情報を配信している人が少ないので、競争が少なく、他がマネする前に、ご意見番みたいな立ち位置になってしまえばある程度の発言力が持てると思います。

最近は技術者向けのたくさんのオンラインコミュニティーが存在しているので、自分の技術バックグラインドにあった業種の技術者が集まるコミュニティーに入って、そこから情報を発信していくのもいい手だと思います。

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

graph-chart
特許出願
野口 剛史

統計データでわかったVidal長官になってからのPTAB最新トレンド(申立人有利に)

裁量棄却(discretionary denials)が稀になり、それに応じて審査を開始する(institution)割合が上昇したため、特許審判部(PTAB)は再び申立人有利になりつつあります。2022年度(2022年8月まで)のPTABのインスティチューション率は、2016年度以来最も高く、66%です。さらに最近のデータを見ると、2022年7月から現在までのPTABのインスティチューション決定率は、さらに高く73%となっています。

Read More »
AI
野口 剛史

OpenAIの論文から見るChatGPTの危険性

ChatGPTの開発元であるOpenAIが最近発表した論文を読むと、ChatGPTのような生成AIを使うことで起こりうる問題がわかってきます。無意味または偽のコンテンツを生成する「幻覚」を含む生成AI特有の問題の技術的な対策は難しく、使うユーザー側の判断にも大きな影響を与えるリスクもあります。そのため、今後、「正しく」AIツールを使うには、ツールの発展と共に、ユーザーのAIリテラシーの向上が求められ、それは差し迫った問題として捉えるべきです。

Read More »
訴訟
野口 剛史

代替肉業界における特許バトル

代替肉大手Impossible Foodsが競合他社Motifと、Impossibleの重要な特許をめぐって法廷闘争を続けています。今回、MotifはがImpossibleが保有するヘム技術を保護する特許を取り消すよう特許庁にIPRを要請したことによって、Impossible社は事業にとても重要な特許を失うリスクを背負うことになりました。

Read More »