初対面の人と会うときの最大の問題

私は人見知りなところがあって、正直何もバックグラウンドを知らない人に会うのは気が引けます。特に問題なのが相性。せっかくお互いに時間を割いて会うのに、お互いに「合わない」とその時間が苦痛なものになってしまいます。そんな問題を軽減するかもしれないツールを見つけたので簡単に紹介します。

今回紹介するのは、Crystal というサービスで、LinkedInなどのプロファイルからその人の性格をAIが分析して、その結果を元にどうその人と接するべきかアドバイスしてくれるツールです。

性格診断だけでなく、そこからアドバイスをしてくれるのも気に入っている点です。

会う人がネットやSNSで発言する人だったり、本を出版していたり、オンラインで読める記事で紹介されている場合はまだその人に関して事前に調べて準備することができますが、まだまだそういう人は少ないのが現状です。得に知財関係者になると、オンラインの露出が少ない印象があります。オンラインで発言することは、自分はこういう人だよということを世間一般に伝えることにもなるので、長期的に見ていいことだと思うのですが、まだハードルが高いと思っている人も多いようです。

そういう保守派の人でも最近はLinkedInなどに自分のプロファイルを持っている人も結構いるので、なるべく初対面の人と電話で話すときや実際に会うときは、その人のプロファイルを見るようにしています。さらにCrystalを使えば、ただ単にLinkedInに書かれていることだけでなく、そこから垣間見える個性を知れるのはいいですね。

ちなみに私のLinkedInのプロファイルをCrystalでスキャンするとこんな感じです。

Crystalのサイトでは彼らのAIによる診断は80%の確立で正確と宣伝しています。しかし、これは実際に使って体感してみないとわからないので、現在はCrystalによる情報は参考程度にしかなりませんが、「何も情報がない」状況よりもいいので、今後も活用していきたいと思っています。

ちなみに、今回自分をCrystalで診断して、診断結果を参考にLinkedInのAboutのセクションを変えてみました。今までは職務経験などをハイライトしていたのですが、それはLinkedInの他の箇所を見ればわかるし、それよりも自分の「性格」や「個性」がわかる方がいいと思ったので、結構気に入っています。

みなさんはLinkedInのプロファイルを持っていますか?また、CrystalのようなAI解析ツールは積極的に使い方ですか?

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

予測不可能なことを予測する -組み合わせはいつ明らかになるのか?

化学や医薬の特許において、「予想外の結果」は自明性への反論としてとても強力なツールになります。しかし、どのような結果が「予想外」なのか?それをどう明細書で示すべきか?予想外の結果が得られたとして、そこまで特許出願に手間をかけるべきか?これらの質問について答えていこうと思います。

Read More »
訴訟
野口 剛史

コロナ禍のクリエイティブな宣誓証言

今まで減少傾向にあったアメリカにおける特許アメリカのPTABにおける付与後の手続きや訴訟では宣誓証言(Depositions)を取る必要が出てきます。しかし、証人が日本のような海外にいる場合、宣誓証言を取れる場所はかなり制限されてきます。コロナ禍で渡航や普段使用できるサービスの使用ができない状況下で手続きを迅速に進めるには宣誓証言に関してもクリエーティブなアプローチが要求されます。訴訟が2020年に増加しました。前回リーマンショックがあったときは、その数年後に営業秘密事件がものすごく増えましたが、コロナ禍でも特許訴訟の増加が懸念されていました。今回はその懸念が現実化したことが言えると思います。今後もアメリカにおける特許訴訟は増加するのであれば、日本企業も訴訟に備えて準備を整えておいたほうがいいかもしれません。

Read More »
契約
野口 剛史

自動車業界にとっては悩みの種:第5巡回控訴裁が Avanci SEPプールに反トラスト法上の問題はなしと判決

トヨタやホンダがワイヤレス技術で特許出願を強化しているのは、AvanciのようなSEPの特許プールへの対抗策なのかもしれません。しかし、アメリカの裁判所ではSEP所有者有利の判決が続いており、自動車関連企業にはSEP/FRANDにおける知財のライセンスが大きな課題になっているようです。

Read More »