低コスト外国特許出願

グローバル化が求められている時代、特許出願も外国出願の比率を上げたいという会社が多いはず。しかし、外国出願に関する費用は高いので限られた予算で海外出願を上げられないという企業はけっこうあるはず。

特に、外国で特許を取得する場合、まずはアメリカということになる企業は多いはずだが、通常の流れで出願から登録までおこなった場合の費用は高額。そこで、通常の手続きとは異なる最小限のサービスに限定した低コスト外国特許出願を提供したらどうだろう?

イメージとしては、日本のJALやANAみたいなフルサービスの航空会社ではなく、とりあえず目的地に行けたらいいPeachみたいなLow Cost Carrier(LCC)のようなサービスを展開する。基本料はできるだけ安くするけれども、追加サービス(例えば、翻訳とか、出願前のクレームの手直し、即日出願など)は割高に設定する。徹底的に無駄を裂いて自動化を行い、顧客に提出してもらう必要書類の細かな設定をし、出願までの時間に余裕があるもので、顧客にとって「そんなに重要な案件」ではないものをターゲットに絞れば意外に他事務所と差別化できて商売になるかもしれない。

このビジネスで大事なのは、顧客の期待の管理。私たちがPeachみたいなLCCにANAやJALのようなサービスを期待しないのと同じように、このサービスを利用してもらうお客さんには事前に内容をしっかり理解してもらうことが大切。

現実、日本で出願している特許案件すべてが会社にとって「重要な」出願ではなく、その中でも外国出願率を伸ばしたい企業はけっこうあるはずなので、その海外出願したいけど「重要な案件」ほど予算を割り合えられない案件は必ず存在する。

このサービスは、そのようなニーズに応えるものであって、既存の「重要な案件」の費用を安く済ませるものではないということを常に伝えることが成功の秘訣だと思う。

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

Congress-law-making
商標
野口 剛史

商標近代化法の施行に伴う知っておきたいルール変更の概要と実務対策

2021年12月18日より、米国特許商標庁(USPTO)の規則により、2020年商標近代化法(Trademark Modernization Act of 2020: TMA)が施行されました。 TMAの目的は、米国で実際に使用されている商標を反映した商標登録のリストを含む十分に機能する商標システムを作ることであり、TMAは、手続きの簡素化により「死んでいる」登録を排除し、申請処理時間を短縮することで登録リストをクリーンアップすることを目的としています。

Read More »
ビジネスアイデア
野口 剛史

有料コンテンツの販売からコンサル業務へのアップセール

日本では通勤している人も多いですが、未だに新規クライアントの開拓を対面でやったり、懇親会のような実際に会場に行って新しい人と「出会う」場がまだかなり限定されていると思います。既存の顧客から定期的に仕事が来る場合はいいですが、事業を成り立たせるために新規顧客開拓をしていかないといけないところもあると思います。そこで、有料コンテンツというワンクッション挟んだマーケティングを考えてみました。

Read More »