ビジネスアイデア: セミナーからのアップセール

知財業界ではマーケティングの一環としてセミナー(有料・無料を問わず)を行うことが多いですが、その後のフォローアップはどうしてますか?今回はクライアント取得や次の有料セミナー参加を自然に促せるサロンという仕組みを考えてみます。

知財業界ではマーケティングの一環としてセミナー(有料・無料を問わず)を行うことが多いですが、その後のフォローアップはどうしてますか?今回はクライアント取得や次の有料セミナー参加を自然に促せるサロンという仕組みを考えてみます。

せっかく時間をかけて準備してたくさんの人に集まってもっらったのに、セミナーをやっただけで終わってしまったという経験は無いでしょうか?私もセミナーによく行きますが、セミナー後、講師との接点がなく、一見さんになってしまうのがほとんどです。知財系のセミナーでは最後に講師のメールアドレス等でいつでも連絡してください。というようなメッセージがありますが、正直、どれだけの反響があるのかは疑問です。

そこで、セミナーの後、ボーナスコンテンツとしてセミナー参加者限定のサロンを作るのはどうでしょう?サロンというのは、DMM などが運営しているものがあるので、知っている人も多いと思いますが、主催者を中心としたオンライン上のコミュニティーのことです。

DMMのものは有料で有名な方のサロンが多いですが、実際そんなに大がかりなことをする必要はなく、仕組み自体は例えばFacebookの非公開グループを使ったり、Slackなどでチャンネルを作れば簡単にできるものです。

使い方も簡単で、セミナーの後、セミナーに関連したコンテンツの追加情報をアップする旨を伝えて、興味がある人に前もって準備したサロンの情報を教えればいいだけ。

ここでのポイントは、ただ単に情報をアップするだけでなく、サロン上で関連したテーマを元に議論できるようなポストをしたり、セミナーでインタラクティブなクイズ等を出題していたなら、その内容を少し変更した内容だったらどう「答え」が変わるか?を質問してみたり、サロンに来る人が意見できるようなコンテンツを定期的に配信することです。

サロンで頻繁に発言してくれる人はあなたのファンです。そういう人は、次に有料セミナーがあってもお金を払ってくれるし、ビジネスの話にも抵抗感無く乗ってくれるはずです。

セミナーの後にいきなりビジネスやトライアルの話をすると抵抗感がある人も多いと思うので、サロンなどでワンステップもうけて、提供しているサービスに本当に関心があるのか参加者をふるいにかけ吟味することで、スムーズなセミナーからのアップセールが狙えると思います。

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

meeting-discussion
Uncategorized
野口 剛史

VRを使った交渉トレーニング

先週に続き教育・トレーニングに関するアイデアです。最近注目を集めているVRを使えば現実世界では体験できないことでも体験できるのでそれを使ってJDAの交渉などの疑似体験をしてみたらどうだろう?

Read More »
contract-signing
訴訟
野口 剛史

裁判地の選択に関わる条項はITCでは行使しないほうがいい

通常の契約では、forum selection clause(裁判地の選択に関わる条項)という契約に関わる法律的な問題が発生した場合の裁判地(Forum)を事前に決めておく場合があります。Forum selection clauseは、法律的な問題が起こったときに、当事者同士がお互いに都合のいい裁判地で訴訟を起こし、後になって手続きの面で対立することを防ぐ目的があります。しかし、今回注目する判決では、ITC調査において、そのような契約上の裁判地の選択に関わる条項は適用されない場合があることを示しました。

Read More »