チャットボットで新規顧客の開拓

チャットボットをうまく使えば今までにない形での見込み客とのコミュニティーが可能になってきます。今回はこのチャットボットを使った新しい顧客開拓方法を考えてみました。

チャットボットとは?

簡単に言うとLineやFacebook messengerなどのメッセージアプリである程度の会話をできるようにプログラムしたボットです。例えば、アメリカのDomino's Pizzaのチャットボットを使うと、メッセージアプリ内からピザがオーダーできます。

これからはmessaging

FacebookのCEOであるMark Zuckerberg氏は、今後のFacebookの要としてmessagingを強調しています。

また、会社ではメールや電話でのコミュニケーションが多くても、プライベートではメッセージアプリを使っている現代のコミュニケーション事情を見ると、ビジネス上のコミュニケーションも徐々にメッセージアプリを使うようにシフトすることが予想されます。

新規顧客の開拓に使えそうなチャットボットの使い方

最初に思いついたのは、自社サイトへ来た人に簡単な質問に答えるボット。最近ではアパートを探していたときにアパートのサイトでこのようなボットを使っているのところを見つけました。

いつも新規見込み客から聞かれる事柄をQ&A形式でまとめてボットにプログラムすれば、このようなチャットボットは比較的簡単にできます。

もう1つはブログやニュースレターなどにボットのリンクを載せるアイデア。ブログやニュースレターのトピックを更に深く掘り下げるような対話をチャットボットを使って行います。

チャットボットのメリット

メールは広告などの迷惑メールがあったり、その他大量のメールが毎日送られてくるので、メールで案内を送っても無視されてしまうことがほとんどです。しかし、メッセージアプリで送られた内容は見てもらえる確率がメールよりも遙かに高いです。

また、チャットボットとのインタラクションの度合いから見込み客の関心度が測れます。長くチャットボットとコミュニケーションを取ってくれた人には、直接連絡を取るなどすれば効率的に新規顧客が得られます。

チャットボットの作り方

さまざまなツールがありますが現環境ではFacebook messengerでチャットボットを作るのが簡単だと思います。例えば、ManyChatという会社はFacebook messenger 専用のチャットボットをコーディングなしで比較的簡単に作れるツールを提供為ています。

まとめ

メッセージアプリが今後多様化することは間違いありません。24時間いつでも気軽にリアルタイムで会話をするように見込み客とコミュニケーションができるチャットボットは今後もさまざまなビジネスで活用されていくことが考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。