チャットボットで新規顧客の開拓

チャットボットをうまく使えば今までにない形での見込み客とのコミュニティーが可能になってきます。今回はこのチャットボットを使った新しい顧客開拓方法を考えてみました。

チャットボットとは?

簡単に言うとLineやFacebook messengerなどのメッセージアプリである程度の会話をできるようにプログラムしたボットです。例えば、アメリカのDomino’s Pizzaのチャットボットを使うと、メッセージアプリ内からピザがオーダーできます。

これからはmessaging

FacebookのCEOであるMark Zuckerberg氏は、今後のFacebookの要としてmessagingを強調しています。

また、会社ではメールや電話でのコミュニケーションが多くても、プライベートではメッセージアプリを使っている現代のコミュニケーション事情を見ると、ビジネス上のコミュニケーションも徐々にメッセージアプリを使うようにシフトすることが予想されます。

新規顧客の開拓に使えそうなチャットボットの使い方

最初に思いついたのは、自社サイトへ来た人に簡単な質問に答えるボット。最近ではアパートを探していたときにアパートのサイトでこのようなボットを使っているのところを見つけました。

いつも新規見込み客から聞かれる事柄をQ&A形式でまとめてボットにプログラムすれば、このようなチャットボットは比較的簡単にできます。

もう1つはブログやニュースレターなどにボットのリンクを載せるアイデア。ブログやニュースレターのトピックを更に深く掘り下げるような対話をチャットボットを使って行います。

チャットボットのメリット

メールは広告などの迷惑メールがあったり、その他大量のメールが毎日送られてくるので、メールで案内を送っても無視されてしまうことがほとんどです。しかし、メッセージアプリで送られた内容は見てもらえる確率がメールよりも遙かに高いです。

また、チャットボットとのインタラクションの度合いから見込み客の関心度が測れます。長くチャットボットとコミュニケーションを取ってくれた人には、直接連絡を取るなどすれば効率的に新規顧客が得られます。

チャットボットの作り方

さまざまなツールがありますが現環境ではFacebook messengerでチャットボットを作るのが簡単だと思います。例えば、ManyChatという会社はFacebook messenger 専用のチャットボットをコーディングなしで比較的簡単に作れるツールを提供為ています。

まとめ

メッセージアプリが今後多様化することは間違いありません。24時間いつでも気軽にリアルタイムで会話をするように見込み客とコミュニケーションができるチャットボットは今後もさまざまなビジネスで活用されていくことが考えられます。

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

hand-shaking-settlement
契約
野口 剛史

NDAだけでは役不足。コラボレーションするときに知っておきたい4つのポイント

近年、他社と共同開発や共同研究をする機会が増えてきましたが、契約面が重視されず、NDAだけとりあえず結んでいるケースもかなりあるのではないでしょうか?今回はNDAだけで共同開発をした結果、訴訟になってしまったSiOnyxケースを参照しつつ、知財面からコラボレーションコラボレーションをするときに気をつけたい4つのポイントを紹介します。

Read More »
企業機密
野口 剛史

公開データのスクレイピングが営業秘密の横領に?

公開情報であっても機械的に情報を集めた場合、その集合体が企業機密に値するかもしれないという見解を示した面白い判決です。今後データはより重要になってきますが、取得する情報自体の機密性に限らず、データ群を集める収集方法にも気をつけないといけなくなるかもしれません。

Read More »
特許出願
野口 剛史

特許適格性に対するUSPTOと議会における取り組み

2019年は特許法101に明記されている特許適格性(patent eligibility)に関して大きな進展がありそうです。Alice判決以降、特許適格性はSoftware特許に対する大きなハードルになっています。そのことを受け、2019年に向け議会やUSPTOでも様々な取り組みがおこなわれています。

Read More »