USPTOで最も困難な審査官ランキング(2021年版)

USPTOのデータを用いて審査官の統計的情報を得られるサイトやサービスはたくさんあります。今回は、そのようなデータから一番権利化が難しい審査官ランキングをしている記事を見つけたので紹介します。アメリカの審査は、審査官による幅が大きいので、担当審査官の統計的データや個別案件の権利化にも役に立つ情報だと思われます。

統計データで審査戦略を行う時代に?

審査官の許可率(Allowance rate)を知ることは、特許審査の難易度を知る上で参考になる指標の一つです。なぜなら、審査官の過去の実績を把握することで、クライアントの期待に応えつつ、過去の傾向に基づいた審査戦略を立てることができるからです。

今回のランキングに用いたデータについて

リストを決定するために、2015年1月1日から2019年12月31日の間に100件以上の出願を審査した審査官の許可率を分析しました。この分析は、utilityとplant特許出願に限定し、デザイン特許、再発行、再審査、仮出願は除外しました。さらに、Supervisory Patent Examinersはこの分析から除外されています。この分析は、2021年3月に入手可能な公開データに基づいて行われました。

テクノロジーセンター3600は鬼門

10人の審査官のうち9人は、Alice判決による拒絶の影響を最も受けているテクノロジーセンター3600に所属している。 Scott D. Gartland審査官は、過去のランキングに4回登場しています。 Michael Sittner審査官は、前回のランキングで3回登場しています。 また、Jeffrey Piziali審査官は、2年連続でトップ10には入っていませんが、テクノロジーセンター2600で最も難易度の高い審査官であり、26.5%となっています。 これらの審査官は全員、USPTOに7年以上在籍している。 今回分析した約7,400人の審査官のうち、152人は許可率が25%未満、955人は許可率が50%未満でした。参考までに、USPTOの現在の平均許可率は75%です。

ランキンググラフは元記事で見てください。ワースト10の許可率は1.59%から8.54%の間です。

特許適格性の拒絶は今後少なくなってくる?

前USPTO長官のAndrei Iancu氏は、§101の改革をおこなっていて、特許適格性に関する新たなガイドライン(2019 Revised Patent Subject Matter Eligibility Guidance)を発表したり、精力的に活動していました。

この動きの成果か、Aliceを含めた特許適格性による拒絶が減少傾向にあります。この変化が今後のランキングに影響を与えるかは注目したいところです。

インタビューを効果的に使うと許可率が上がる?

審査官の許可率はあくまでも1つの指標でしかなく、この数字だけにとらわれるのはよくありません。

また、難しい審査官でもインタビューを効果的に使うことで、許可率が上がることもあります。今回のような審査官の統計的情報を得られるサイトやサービスでは、様々な指標や条件で審査官やアートユニットを分析できます。

個別案件レベルでの対応をより効率よく行うためにインタビューをするかしないかは重要な点になる場合も多いので、このようなツールで統計的にインタビューが効果的かを知っておくのもいいかもしれません。

参考文献:”The Most Difficult Examiners at the USPTO (2021)” by Danielle Hohmeier

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。