ChatGPTの利用規約から見る知財リスクと生成データの著作権保護の可能性

ChatGPT、Dall-E、Midjourneyなどの生成型AIアプリケーションは、コンテンツ作成に重要な著作権の問題を引き起こします。ChatGPTの使用に関する契約条項を見てみると、コンテンツの所有権、類似した出力、機密保持、公表要件に対して言及しています。ChatGPTの使用に関しては、従業員による使用については機密保持の欠如が大きな問題であるため、企業は注意する必要があります。また、ChatGPTの出力物の公表には、AIの役割を明確に示す必要があります。また、AIによって生成されたコンテンツの著作権保護に関しては、オリジナリティと著作権の要件を満たす場合、米国著作権局は保護を認める方針です。ただし、AIによって生成された作品の著作者と所有権を特定するための法的および実際的な課題が存在します。AIシステム、データ入力、トレーニングの開発に複数の当事者が関与することによって、著作権の所有権は複雑になる可能性があります。著作権法におけるAIによって生成された作品の法的地位については明確な合意がないものの、注目される重要な分野です。

ーーーー

ChatGPTのような人工知能を搭載したアプリケーションの人気が最近高まっていることから、個人と企業にとって、商業利用、コンテンツの公開、侵害に対する潜在的な責任、コンテンツの執行に関する権利範囲など、コンテンツの作成に関する重要な著作権問題が提起されています。

長年にわたる開発と期待の後、一夜にして人工知能がヒット

近年、人工知能(AI)を搭載した数多くのアプリケーションが、ジェネレーティブAIの力を活用することを学ぶ世界中のコンテンツクリエイターたちから絶大な人気を得ています。ChatGPT、Dall-E、Midjourneyなど、AIを搭載したモデルが日々話題になり、多くの人がすでにその能力に依存し、驚いています。これらのアプリケーションは、ウェブサイトのコピー、マーケティングキャンペーン、ソーシャルメディアへの投稿、あらゆる種類のリスト、詩、そしてソフトウェアコードなど、多くの種類のコンテンツを簡単に素早く作成することに革命を起こしています。

AIツールの中でも人気の高いChatGPTは、サンフランシスコのOpenAI社が開発したチャットボットで、ディープラーニング技術に基づいて、任意のプロンプトに対して人間のようなテキストを生成することができます。この技術は、大量のテキストデータセットでAIモデルを学習させ、単語やフレーズのパターンや関係を予測します。

ChatGPTの無償言語モデル「GPT-3」は、2020年6月に公開されました。しかし、OpenAIはその4番目のイテレーションである「GPT-4」を発表したばかりです。 OpenAIのウェブサイトでは、GPT-4は「より創造的で協調的」であり、AIが 「作曲、脚本執筆、ユーザーの文体学習など、創造的・技術的なライティングタスクをユーザーと生成、編集、反復することまで可能」 と説明しています。ABAJournalは最近、「Latest version of ChatGPT aces bar exam with score nearing 90th percentile」と題する記事を掲載しました。ChatGPTはテキスト回答の生成に限定されていますが、GPT-4ではユーザーが入力として画像を提供できるようになり、提供された画像に基づいてコメントやコードまで生成できるようになりました。Dall-EやMidjourneyなどの他のOpenAIアプリケーションは、テキストから画像へのモデルを提供しています。

ChatGPTの利用規約を見てみよう

多くのアプリケーションと同様に、利用規約はユーザーに付与される権利の範囲を理解するための出発点です。ChatGPTの使用に関する契約上の規定は、以下のように扱われます:

  • コンテンツの所有権: 「コンテンツ」は、OpenAIのChatGPTの利用規約(Terms)で、サービスに入力されるもの、またはサービスによって生成される出力と定義されています。所有権に関して、規約は次のように述べています: 「当事者間で、適用される法律で認められる範囲において、お客様はすべての入力を所有し、お客様が本規約を遵守することを条件として、OpenAIは、出力に関するすべての権利、権原および利益をお客様に譲渡します。」 OpenAIは、サービスの提供および維持、適用法の遵守、OpenAIのポリシーの執行を目的として、コンテンツを使用する限定的な権利を保持します。と書かれています。
  • 類似の出力: 本規約では、出力が常に一人のユーザーに固有のものであるとは限らないことを警告しています:

「機械学習の性質上、出力はユーザー間で一意でない場合があり、本サービスはOpenAIまたは第三者に対して同一または類似の出力を生成する場合があります。例えば、あなたは “空の色は何色ですか?” といったモデルに入力を提供し、”空は青です” といった出力を受け取るかもしれません。また、他のユーザーも同様の質問をし、同じ回答を受け取ることがあります。他のユーザーによって要求され、他のユーザーのために生成された回答は、お客様のコンテンツとはみなされません。」と書かれています

  • 守秘義務について: ChatGPTに入力されたコンテンツは開示され、本条件の所有権規定に説明されているように、そのモデルを訓練するために使用されることがあり、入力コンテンツのある程度の量はChatGPTの他者への回答の一部になることがあります。このように、ChatGPTの利用は機密性を失う可能性があるので、企業は従業員による利用に慎重になるべきです。
  • パブリケーションの要件: OpenAIのPublication Policyは、アウトプットのさらなる公開に関する質問に直接回答しています: 出版を希望する企業は、「ChatGPTで作成されたコンテンツ(例:書籍、短編小説集)を、次の条件の下で出版することができます:(1) 出版されたコンテンツが企業に帰属すること、(2) コンテンツ作成におけるAIの役割が明確に開示されていること、 (3) コンテンツテーマがOpenAIのコンテンツポリシー  または利用規約に違反しないこと (4)[OpenAI] の親切心から、他者を不快にするような出力を共有しないように配慮すること。

OpenAIはさらに、「AIの役割は、読者が見逃す可能性がなく、一般的な読者が十分に理解しやすい方法で明確に開示されなければならない」と説明しています。規約は、開示のサンプルを提供しています:

例えば、「まえがき」や「はじめに」(またはそれに類する場所)で、ドラフトや編集などの相対的な役割について詳しく説明しなければならない。APIで生成されたコンテンツが完全に人間によって生成されたもの、あるいは完全にAIによって生成されたものであると表現してはならないし、公開されるコンテンツに最終責任を負うのは人間でなければならない。

と書かれています

ChatGPTは、典型的な創造的プロセスを説明するためのサンプル言語も提供しています:

このテキストは、OpenAIの大規模言語生成モデルであるGPT-3を用いて生成されました。著者は、このテキストをOpenAIの大規模言語生成モデルであるGPT-3で一部生成しました。ドラフト言語を生成した時点で、著者は自分の好みに合わせて言語をレビュー、編集、修正し、この出版物のコンテンツに最終責任を持ちます。

侵害の可能性があるリスク

OpenAIは、(ユーザーが規約に違反しない限り)ChatGPTによって生成されたコンテンツを企業が使用することに異議を唱えることはないと思われますが、だからといって、そのようなコンテンツの使用が著作権関連の異議申し立てのリスクがないわけではありません

AIモデルが既存のコンテンツに依存してコンテンツを生成する範囲では、著作権侵害の潜在的な責任が依然として存在します。アーティストも企業も、AIモデルの学習に著作権で保護された画像を使用し、その結果、著作権を侵害すると主張し、連邦裁判所に提訴しています。

例えば、Midjourney、Stability AI、DeviantArtは、「少なくとも数千人」のクリエイターからなる集団訴訟において、著作権侵害、パブリシティ権侵害、不正競争行為で訴えられています。ゲッティイメージズも、安定性AIがゲッティのデータベースから1200万枚以上の画像を機械学習目的で使用したとされることに基づき、米国と英国で安定性AIに対して訴訟を起こしています。

関連記事:ジェネレーティブAIは著作権を侵害しないと作れないのか?

これらの事例において、被告は、このような方法での著作物の利用はフェアユースにあたると主張しています。これらの裁判はまだ初期段階ですが、機械学習を目的とした著作物の取り込みが侵害かフェアユースかは、最終的には米国最高裁の判断が必要かもしれません。したがって、ChatGPTを訓練するために第三者のコンテンツを使用/摂取したことに基づいて、OpenAIが訴えられる可能性がありますし、任意の状況での出力によっては、ChatGPTが生成した(そして後に特定のユーザが使用した)コンテンツがあまりにも類似していた場合に、特定のユーザが訴えられる可能性もあります。 

Aiから出力されたコンテンツの保護

ChatGPTやその他の類似のAIツールを使って作成されたコンテンツを企業が実際に保護できるかどうか、またどの程度保護できるかについては、”Zarya of the Dawn “(「暁のザリヤ」)と題されたAI生成グラフィックノベルの著作権に関する最近の米国著作権局の決定が参考になります。

関連記事:AIを活用した漫画が限定的な著作権登録を受ける

「暁のザリヤ」は、人間が執筆したオリジナルテキストを、プロンプトベースの画像生成AIプログラム「Midjourney」が作成した個々の画像で構成したコミックブックです。生成された画像は、人間の作者によって選択、配置、一部編集されます。著作権局は、当初この作品の登録を認めましたが、AIで生成された画像が使用されていることを知り、著作権の範囲を原文と編集物としての最終製品のみに限定し、AIで生成された個々の画像の著作権保護を取り消しました。

著作権局では、創作物が著作物として認められるためには、人間の著作物であることが必要です。暁のザリヤ」のようにAIが使われている場合、著作権局は、人間、そして人間以外がどの程度貢献したかを細かく見ていくことになります。著者は、各画像は、所望の結果が得られるまで、人間がAIを中間画像の何百ものバリエーションで反復的に誘導する創造的プロセスの結果であると主張したが、著作権局は、AIマシンにテキストプロンプトを提供する人は、「生成画像を実際に形成せず、その背後にある「マスターマインド」でもない」と説明しました。言い換えれば、「プロンプトの情報は生成された画像に「影響を与える」かもしれないが、プロンプトのテキストは特定の結果を指示するものではない。」ということです。

著作権局の決定は、生成AIに対する人間のコントロールの問題を、写真家がカメラに対して持つ比較的なコントロールという観点からさらに説明しています。著作権局は、写真家とは異なり、AIモデルは、写真のフレーミング、照明、露出、深度など、生成される最終画像に対する人間のコントロールと同じレベルを欠いていると指摘する。「暁のザリヤ」の作者は、著作権局の決定で説明されているように、被写体や被写体の表現方法を指示することはできず、AIが作成するものを制御することはできません。

著作権局は、「これらの初期画像の1つに適用される追加のプロンプトは、その後の画像に影響を与えることができるが、Midjourneyが何を作成するかを前もって予測することは不可能であるため、そのプロセスはユーザーによって制御されない。」と述べています。さらに、著作権局は、著作者による画像の編集は、著作権保護に必要な創造性を満たすには、「あまりにも軽微で、気づかないほど」であると指摘しています。

著作権局は最近、ジェネレーティブAIの助けを借りて創作された芸術作品が著作権保護の対象となるかどうか、またその程度について追加の指針を示す政策声明を発表しました。「暁のザリヤ」に関する決定に対して、著作権局は、今後、「AIの貢献が『機械的複製』の結果であるか、または著作者の『(著作者が)目に見える形を与えた独自の精神的構想』の結果であるかを検討する」と明確にしました。より具体的には、「AI技術がそのアウトプットの表現要素を決定する場合、生成された素材は人間の著作物の産物ではない。」ということです。

このガイダンスは、「現在利用可能なジェネレーティブAI技術に関する著作権局の理解によれば、現在、ユーザーは必要な創造的コントロールを欠いている」と明確に指摘しています。GPT-4やその他のAIツールが、著作権局で登録可能とみなされるために、AIの出力に対する十分な創造的制御をユーザーに提供するかどうかは、まだ決定されていません。しかし、著作物の共同制作に関する従来の問題とは異なり、AIのアウトプットの場合、創造的プロセスの完全な文書記録が存在することになります。AIサービスプロバイダーはいつか、十分な人間の著作権を証明または反証するために、チャット記録の提出を求められるかもしれません。

おわりに

ChatGPTと同様のAIサービスは、その使い勝手の良さと、多くの場合、印象的なアウトプットから、今後も登場すると思われます。ジェネレーティブAIプラットフォームが拡大・進化するにつれ、これらのサービスを職場でどのように使用すべきか、また使用すべきでないかについて、企業が積極的に考えることが重要になります。

参考記事:Generative Artificial Intelligence and Copyright Current Issues – Publications | Morgan Lewis

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

rejected-trash
再審査
野口 剛史

並行訴訟の非侵害確定でIPRの控訴が認められず

申立人によるIPRの控訴は「当たり前」のように行われていますが、特殊な事実背景によっては、IPRの控訴が認められない可能性があります。今回紹介する判例では、並行している特許訴訟における非侵害の判決と、その後の特許権者による非侵害判決の非控訴によって、IPRの控訴ができなくなってしまいました。

Read More »
Samsung
特許出願
野口 剛史

特許審査履歴解説:議論が平行線をたどりRCEと補正3回を経て許可された案件(Samsung)

今回はSamsung社の特許審査履歴を解説しました。

2022年6月28日に発行されたSamsungの特許です。出願人の主張と審査官の見解が平行線をたどり、RCEとクレーム補正3回を経て、やっと権利化できた案件です。最終的に既存の要素の組み合わせという点から特許性を見出したことを考慮すると、もう少しインタビューを早めに行い、お互いの理解の違いを解決できていたらより良かったのかもしれません。

Read More »
drugs
特許出願
野口 剛史

カナダにおける新しい特許期限延長システム(医薬品限定)

カナダでヨーロッパとの通商条約に伴い、新たな特許延長システムがはじまりました。これは医薬品の開発時間と行政の認証にかかる時間の一部を補う目的で作られました。ヨーロッパの仕組みと似ていますが、いくつか違いもあり、特に、延長期間が最大で2年までとされている点が大きな違いです。

Read More »