商標詐欺にご用心:所有者が知るべき最新の詐欺トレンド

最近、公式に見えるが詐欺的な商標登録や更新の連絡が増えています。これらのメッセージは、すぐに行動を促すもので、商標を登録するか、更新するよう求めますが、実は詐欺行為です。これらの詐欺会社は、受取人に偽りの緊急性を感じさせ、第三者が商標を奪い取ると警告し、実際には無価値なサービスに高額な料金を請求します。被害に合わないためには、商標詐欺の手口と、これらの詐欺に対する対策を知ることが重要です。

どのような手法が使われているか

商標登録は頻繁に維持が必要なものではないため、一部の商標所有者は関連する期限を明確に覚えていないことがあります。このことを悪用し、詐欺会社からの勧誘は、実際のメンテナンス期限の1年以上前に送信されることが多く、以前に商標を扱った法律事務所からの正式な通信よりも早く権利者が受け取ることが問題になっています。

詐欺を見分ける方法

  • 予期せぬ法的サービスの提供: メールで安価かつ迅速な法的援助の提供には疑問を持ちましょう。
  • 緊急を促す言葉遣い: メールが今すぐにやる必要があると主張している場合、それはおそらく詐欺です。
  • あまりにも良すぎる条件: 法的作業に対する極端に低い価格は詐欺の可能性が高いです。

対処法

  • 詐欺メールには応答しない: これらのメールに応答すると、さらなる詐欺につながる可能性があります。
  • 本物のアドバイスを求める: 心配な場合は、信頼できる商標弁護士に相談してください。
  • 周囲に情報を共有する: スタッフや同僚にこの詐欺について教え、注意を促しましょう。
  • 詐欺行為を報告する: これらの行為を当局に報告して、喚起をしてもらう手助けをしましょう。

安全を守るために

商標に関する正当な法的アドバイスやサービスは通常、メールで突然送られてこないことを覚えておきましょう。常に法的サービスを行う者の資格を確認し、知的財産問題に対処する際には信頼できる専門家に相談してください。これらの情報を頭に入れておくことで、商標に関連する詐欺から自分自身を守ることができます。もし不審な通信を受け取った場合は、専門家に相談しましょう。

参考記事:‘Trademark Blink’ Style Scam Targets Business Owners – Frost Brown Todd | Full-Service Law Firm  and Do Not Be Fooled by Trademark Scams

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

change-sign
商標
野口 剛史

外国からの商標出願に現地代理人の義務化か?

外国からアメリカに対する商標の出願に対して、アメリカの現地代理人(商標を専門とする弁護士)を雇うことを義務化しようとする動きがあります。今回は、現在アメリカ特許庁が商標に対して抱えている問題と、その解決方法の候補である現地代理人の義務化について考えます。

Read More »
computer-code
特許出願
野口 剛史

オープンソースライセンスと知的財産権

オープンソースソフトウェア(OSS)はソフトウェア開発には欠かせない存在ですが、オープンにするからと言って、特許が取れないわけでもありません。そこで、今回はオープンソースライセンスと特許の共存の方法とそのメリットについて話します。

Read More »
商標
野口 剛史

和解契約の文言不備で新たな訴訟リスク:和解相手のライセンシーからの攻撃に注意

和解契約で訴訟を終わらせたものの、訴訟禁止の文言が不十分だったために新たな訴訟が起きてしまいました。特に、このケースでは以前の訴訟相手のライセンシーから新しい訴訟が起こされました。和解契約の文言は将来的な訴訟リスクの回避という上でとても重要で、訴訟禁止の文言についてはその対象者をライセンシーも含め広く範囲を取るべきです。そうしないと、今回のように予期せぬ訴訟が起きるリスクがあります。

Read More »