トランプ大統領がKavanaugh氏を最高裁判事として指名

2018年7月9日、トランプ大統領は新しい最高裁判事としてBrett Kavanaughを指名しました。この指名は、7月31日に引退するKennedy最高裁判事の後任者を選ぶものです。Kavanaugh氏は、引退するKennedy最高裁判事と比較して、保守よりなので今後の最高裁の判決がより保守的になることが懸念されています。

早い選考

トランプ大統領による次期最高裁判事の選考は、Kennedy最高裁判事が引退を表明した6月27日の午後から始まりました。Kavanaugh氏は有力候補として以前から注目されていましたが、上院多数党院内総務(Senate Majority Leader)であるMitch McConnellは、Kavanaugh氏の指名には反対していて、他の候補者を指名するようにトランプ大統領に呼びかけていたという情報もあります。

Kavanaugh氏は現在53歳で、ワシントンDCの法曹界に精通しています。2006年、George W. Bush大統領によりthe U.S. Court of Appeals for the District of Columbia Circuitに指名され、12年間、判事として働きました。(詳しい経歴はこちらから)

今後

Kavanaugh氏は9日の指名スピーチにおいて、明日から上院との会議を持つと発言しました。また、正式な人事聴聞会( confirmation hearings)というのが開かれますが、それにはもう少し時間がかかりそうです。前回のGorsuch 最高裁判事に対する人事聴聞会は指名の後1ヶ月半足らずで行われましたが、Kavanaugh氏の経歴はGorsuch 最高裁判事よりもあるので、人事聴聞会の準備に時間がかかることが予想されます。もし手続きが長引いた場合、最高裁が再開する10月までに間に合わない可能性もあります。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Amy Howe. SCOTUSblog (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

stop-estoppel
再審査
野口 剛史

1つの特許に対して複数のIPRを行う際のestoppelリスク

IPR は訴訟に比べて安価にすばやく特許の再審査ができ、特許を無効にするために有効なツールの一つですが、同じ特許に対して複数の IPR 手続きを行う場合、2つ目以降の手続きに関して estoppel が適用され、重複するクレームが審議されなかったり、特定の主張が考慮されない場合があります。

Read More »
契約
野口 剛史

知財が関わる買収と競争当局の関係

ある一定の条件を満たす知財権の買収は一部のM&Aと同じように競争当局への報告義務があります。アメリカでは競争当局としてFTCとDOJがありますが、両当局とも、M&Aに適用される同じ法律の下、知財権の関わる買収も取り扱います。

Read More »