トランプ大統領がKavanaugh氏を最高裁判事として指名

2018年7月9日、トランプ大統領は新しい最高裁判事としてBrett Kavanaughを指名しました。この指名は、7月31日に引退するKennedy最高裁判事の後任者を選ぶものです。Kavanaugh氏は、引退するKennedy最高裁判事と比較して、保守よりなので今後の最高裁の判決がより保守的になることが懸念されています。

早い選考

トランプ大統領による次期最高裁判事の選考は、Kennedy最高裁判事が引退を表明した6月27日の午後から始まりました。Kavanaugh氏は有力候補として以前から注目されていましたが、上院多数党院内総務(Senate Majority Leader)であるMitch McConnellは、Kavanaugh氏の指名には反対していて、他の候補者を指名するようにトランプ大統領に呼びかけていたという情報もあります。

Kavanaugh氏は現在53歳で、ワシントンDCの法曹界に精通しています。2006年、George W. Bush大統領によりthe U.S. Court of Appeals for the District of Columbia Circuitに指名され、12年間、判事として働きました。(詳しい経歴はこちらから)

今後

Kavanaugh氏は9日の指名スピーチにおいて、明日から上院との会議を持つと発言しました。また、正式な人事聴聞会( confirmation hearings)というのが開かれますが、それにはもう少し時間がかかりそうです。前回のGorsuch 最高裁判事に対する人事聴聞会は指名の後1ヶ月半足らずで行われましたが、Kavanaugh氏の経歴はGorsuch 最高裁判事よりもあるので、人事聴聞会の準備に時間がかかることが予想されます。もし手続きが長引いた場合、最高裁が再開する10月までに間に合わない可能性もあります。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Amy Howe. SCOTUSblog (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

binders-filings-data-record
訴訟
野口 剛史

特許訴訟数が前年比大幅減少(6ヶ月レポート)

2018年1月から6月までのアメリカにおける特許訴訟は新しく1660件ありましたが、前年比で比べると15%もの減少です。アメリカにおける特許侵害訴訟案件は2015年のピークから徐々に減少しています。このような長期的なトレンドは、アメリカにおける知財権の権利行使の難しさが影響しているようです。

Read More »
folders-manual
商標
野口 剛史

米国特許庁が商標近代化法(TMA)の適用規則案を公開

TMAの施行日は2021年12月27日です。それに向けて特許庁でも規則の整備がおこなわれています。今回は公開された内容はドラフトの段階なので、変更が加えられる可能性もありますが、米国商標業務をしている人は規則案を読んでみるのもいいかもしれません。

Read More »