Justice Kennedyが最高裁判事を引退

最高裁判事の1人であるJustice Anthony Kennedyが2018年6月27日、30年間の最高裁判事としての役割を終え7月31日で引退することを発表しました。

Justice Kennedyとは?

Justice KennedyはSwing voterと呼ばれて、最高裁判事の中でもどちらに転ぶかわからない(そして、多数決を決めかねない)重要な最高裁判事として見られてきました。最高裁で弁護をする弁護士の中には、主張を彼を念頭に置いて考えるという人もいるほどです。

Justice Kennedyが関わった知財関連の最高裁判決を見ても、彼の影響の大きさがわかります。彼が書いた判決には、. Bilski v. Kappos (近年の特許適格性(Patent eligibility)を提議した最初の判決)や KSR v. Teleflex (それまでの自明性ルール“teaching, suggestion, motivation”を覆す)が含まれます。

知財の分野に限ると、Justice Kennedyは、CAFCが定める明確なルールを嫌い、知財はもっと柔軟であるようにと考えていたようです。それは、彼が書いたBilski判決にもKSR判決にも反映されています。

最高裁の今後は?

今現在、最高裁判事は9人います。しかし、Justice Kennedyが引退すると、8人となり偶数になってしまいます。このような場合、判決が4v4で分かれるということもある。

最高裁判事には定年はなく、指名され議会で承認されたら、生涯最高裁判事として働くことができます。また人数に定員はありません。

最近のニュースでは、トランプ大統領が最高裁判事の候補を積極的に探しているとのことです。次に最高裁判事になる人によって、今後の最高裁での判決が大きく変わる可能性があります。また、最高裁判事をやめさせることは基本的にできないので、Swing voterであったJustice Kennedyの後継者は、アメリカの最高裁の次の10年、20年に影響を与える可能性があります。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Scott Graham. ALM (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

contract-signing
特許出願
野口 剛史

特許の譲渡:困難な時代の困難な判断

特許の譲渡手続きは重要です。特にアメリカでは、譲渡書がない場合、原則特許は発明者のものと解釈されるので、有効な譲渡書を特許庁に提出することは大切です。しかし、新型コロナウイルスの影響で譲渡手続きを見直さないといけないかもしれません。

Read More »
coca-cola bottle
商標
野口 剛史

トレードドレスの基礎知識

商標(trademarks)に加え、トレードドレスというものがあります。商標はは会社のブランドに関するものですが、トレードドレスは商品の外見やパッケージを保護するものです。多くの会社がパッケージングで差別化を図っていて、消費者もパッケージングで企業を特定する場合も多くあります。また、トレードドレスはレストランやお店などの特定のブランドに関連する建物のデザインにも適用することができます。

Read More »
特許出願
野口 剛史

新型コロナウイルスに見る知財戦略の対比

COVID-19に対してまず行うべき対策は、新型コロナウイルスに既存の技術を適応させることです。現場では治療薬・治療方法確立のために様々な努力が行われていますが、多くの組織が協力できるよう知的財産の保護も必要になってきます。

Read More »