Justice Kennedyが最高裁判事を引退

最高裁判事の1人であるJustice Anthony Kennedyが2018年6月27日、30年間の最高裁判事としての役割を終え7月31日で引退することを発表しました。

Justice Kennedyとは?

Justice KennedyはSwing voterと呼ばれて、最高裁判事の中でもどちらに転ぶかわからない(そして、多数決を決めかねない)重要な最高裁判事として見られてきました。最高裁で弁護をする弁護士の中には、主張を彼を念頭に置いて考えるという人もいるほどです。

Justice Kennedyが関わった知財関連の最高裁判決を見ても、彼の影響の大きさがわかります。彼が書いた判決には、. Bilski v. Kappos (近年の特許適格性(Patent eligibility)を提議した最初の判決)や KSR v. Teleflex (それまでの自明性ルール“teaching, suggestion, motivation”を覆す)が含まれます。

知財の分野に限ると、Justice Kennedyは、CAFCが定める明確なルールを嫌い、知財はもっと柔軟であるようにと考えていたようです。それは、彼が書いたBilski判決にもKSR判決にも反映されています。

最高裁の今後は?

今現在、最高裁判事は9人います。しかし、Justice Kennedyが引退すると、8人となり偶数になってしまいます。このような場合、判決が4v4で分かれるということもある。

最高裁判事には定年はなく、指名され議会で承認されたら、生涯最高裁判事として働くことができます。また人数に定員はありません。

最近のニュースでは、トランプ大統領が最高裁判事の候補を積極的に探しているとのことです。次に最高裁判事になる人によって、今後の最高裁での判決が大きく変わる可能性があります。また、最高裁判事をやめさせることは基本的にできないので、Swing voterであったJustice Kennedyの後継者は、アメリカの最高裁の次の10年、20年に影響を与える可能性があります。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Scott Graham. ALM (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

draft pen paper
特許出願
野口 剛史

知財権譲渡の際の重要キーワード:裁判所が”マジックワード “の欠落により、知的財産権の譲渡は不適切だったと判断

特許の権利を譲渡する場合、その意思が明確に譲渡書に示されている必要があります。その発明者の「意思」を明確にするために、譲渡書では、適切な表現による権利の譲渡を行い、単に将来的に特許を譲渡することを約束するだけと解釈されるような表現は避け、「will assign」、「agrees to grant」、「does hereby grant title to the patent」など、将来の権利の現在の自動譲渡を構成すると以前から認められている現在形の実行語を使用することをおすすめします。

Read More »
binders-filings-data-record
再審査
野口 剛史

2018年11月のIPRとCBM の統計データ

11月PTABは50 件のIPRとCBMの最終判決を下しました。この数字には、CAFCからの差し戻しも含みます。争われたクレームの内540 クレーム(66.83%)を取り消し、263 クレーム(32.55%)の取り消しを却下。特許権者が補正やdisclaimerを行い5クレーム(0.62%)が生き残りました。

Read More »
訴訟
野口 剛史

スキニーラベルで非適応外用途をカバーする特許権の侵害を回避できず

製薬業界ではブランド製薬会社とジェネリック製薬会社の間の争いが激しく、その多くには特許が関わってきます。今回も製薬特有の特許回避戦略スキニーラベルに関わる誘引侵害(induced infringement)のケースにおいて、スキニーラベルで特許が回避できなかった判例があったので紹介します。

Read More »