アメリカにおける商標登録の取り消し手続き

登録商標の権利者でも、商標登録に異議を唱える会社でも、アメリカで提供されている様々な商標取消手続を理解することが重要です。特に、アメリカにおける商標はうなぎのぼりで、今後より多くの商標権による保護と権利行使が予想されています。

商標の役割と登録取消の手続きがある理由

商標とは、商品/サービスの出所を特定し、区別するための語句、記号、デザイン、またはそれらの組み合わせのことです。商標は出所を特定し、区別する機能を持っているため、商品・サービスの出所を識別・特定できない場合(例:既存商標と類似、汎用、未使用)、米国特許商標庁(「USPTO」)への登録は不適格となります。そのため、第三者がこのような商標の登録に成功した場合、様々な手続きを使ってその商標の登録取消を請求することができるようになっています。

TTABによる商標権取消手続

申立人は、商標審判委員会(TTAB)に「取消申立書」を提出し、関連手数料を支払うことにより、商標の取消を請求することができます。被告・答弁者はこれに対して「答弁書」を提出し、登録が有効であり、取り消すべきでない理由を説明します。

この種の取消訴訟において、申立人は、争われた商標が自己の商標権を侵害すること(例えば、混同の可能性)を根拠としてのみ取消を主張することができます。従って、TTABは、係争商標が申立人の権利を侵害していると判断した場合、当該商標の登録を取り消すことになります。

このような訴訟は、商標の登録日から5年以内に起こさなければなりません。

新しい商標取消手続

最近、USPTOは2つの新しい商標取消手続きを制定し、誰でも連邦商標登録から未使用の商標を抹消することができるようになりました。商標(またはその商品分類の一部)の取り消しを申請できるのは、以下の場合です。

  1. 一度も使用されていない場合(抹消手続きを開始することにより可能)、または
  2. 再審査手続を開始することにより、特定の関連日以前に使用されていない場合

抹消手続き(expungement proceeding)は、商標登録日から3年目から10年目の間にのみ請求することができます。なお、10年目という制限は、2023年12月27日まで停止されています。

また、再審査手続きは、登録後5年以内に請求する必要があります。

いずれの手続きも、USPTO長官に申請書を提出し、取消を希望する商品またはサービスのクラスごとに400ドルの手数料を支払わなければなりません。

関連記事:商標近代化法の施行に伴う知っておきたいルール変更の概要と実務対策

裁判所命令による商標の取り消し

原告は、TTABではなく、裁判制度を通じて商標の取り消しを求めることができます。

歴史的に、USPTOは、商標登録を取り消す裁判所の決定を尊重してきました。最近、USPTOは、裁判所がUSPTOに命令の認証コピーを提出することを条件に、商標登録を取り消す、または影響を与える裁判所の命令に従うことを成文化しました。

参考記事:To Be or Not To Be Cancelled: Trademark Cancellation Procedures

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

laptop-working
ビジネスアイデア
野口 剛史

知財専門の会員制副業サイト

コロナ禍で日本の雇用形態に大きな変化が起きていて、大手企業でもジョブ型の雇用にシフトしたり、副業を正式に認めたり奨励する動きもあります。それに伴い働く従業員側のマインドセットも変わりつつあるのではないでしょうか?そこで今回はそのような業界の流れをふまえて、知財専門の会員制副業サイトのニーズについて考えていきたいと思います。

Read More »
契約
野口 剛史

元従業員がすでに退社した会社に発明を譲渡する義務はあるのか?

会社の元従業員は、雇用終了後1年以内は発明の秘密を守り、発明があれば会社に開示するという契約上の義務を負っていました。裁判の結果、陪審員は、従業員が機密情報を含む特許出願をしたことで機密保持義務に違反したものの、その発明を原告に知らせなかったことは開示義務に違反していないと判断しました。

Read More »