企業機密を守るための効果的な退社プロトコル

元従業員が退社する際に、企業機密を持って行かれないようにするための対策を紹介します。

まずは秘密保持契約です。このような契約は、すべての企業機密搾取防止プログラムの基礎となるものです。また、契約書に応じた退社プロトコルを作り、運用していくことも大切です。

どのような形で運用していくかは会社次第ですが、以下のようなことを含めたチェックリストだけでもかなり有効です:

1.従業員から返却されたすべてのメディアを記録する。ここには、パソコン、携帯電話、USBドライブ、外部HDなどが含まれます。このポイントはなるべく詳しく返却されたメディアを記録することです。メーカーやモデルナンバー、シリアルナンバーはもちろん、外見上のコンディションなども記入しておくと、後に何が返却されていたか(いなかったのか)の問題解決に役立ちます。

2. 退社時に返却されていない会社所有のディバイスを特定し、従業員に即返却を求め、データの消去や改ざんをしないよう忠告する。

3. 従業員が使っていたディバイスに設定されているパスワードを教えてもらい、ちゃんと機能することを確認する。

4. もし会社が個人のディバイスで会社の仕事をすることを許可しているのであれば、事前にポリシーを定めておき、退社時にそのポリシーを従業員に再度説明し、退職時に定められている方法で会社に関連するデータを消去する。

5. (a) 会社が所有している情報、Email、データを個人のメールに送信していないこと、(b) もしそのような行為があった場合、そのメールを完全に削除することを従業員に確認させます。これは、メールだけにとどまらずDropboxなどのクラウドサービスや個人のコンピュータやディバイスにあるデータに対しても当てはまります。

6. このチェックリストの項目をすべて完了した段階で、従業員にリストが完了したことを確認させ、さらに、確認した項目に対して正しく完全な情報を提供したということを確認してください。

7. 最後に、従業員がアクセスできていた会社が提供するツール(Google driveやSlackなど)などは、アクセス権を破棄するか、パスワードを変更するなどの手続きを行い、元従業員がデータにアクセスできないようにしましょう。

まとめ

このように企業機密搾取防止に対する積極的な対策を行うことで、搾取を未然に防ぐことができます。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Adam C. Gutmann – Cozen O’Connor(元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

stop-estoppel
訴訟
野口 剛史

デザイン特許におけるProsecution History Estoppelの適用

デザイン特許においてもProsecution History Estoppelが適用される場合がありますが適用基準がはっきりしない場合があります。今回、CAFCはAdvantek Marketing, Inc. v. Shanghai Walk-Long Tools Co.において、デサイン特許に対して地裁においてはProsecution History Estoppelが適用されましたが、CAFCで覆ったので、このケースを詳しく見ていきましょう。

Read More »
Contract-signing
契約
野口 剛史

和解契約の内容次第で侵害訴訟を起こせなくなる可能性も

今回紹介する判例では、特許訴訟で和解した企業の事業を買収することで、同じ特許権者による特許侵害訴訟が回避されました。これは和解契約で広範囲なライセンス付与が行われたことが原因です。この判例を教訓にし、和解契約のリリース条項や特許ライセンス範囲は必要最低限にとどめ、将来的な知財訴訟を難しくするような条項は最小限にとどめておくことをおすすめします。

Read More »
その他
野口 剛史

特許データベースの今

特許データベースは、特許性や営業の自由度の評価、侵害リスクの検出と管理、競争状況の分析など、知的財産関連業務を行う上で主要な柱となっています。今回はそんな特許データベースについて考察してみます。

Read More »