民事では「無罪」の企業機密の窃盗で刑事責任追及へ

2018年6月14日、6人のFitbitというフィットネスバンドの(元)従業員6人が連邦企業機密に関わる犯罪で起訴されました。

起訴された(元)従業員には、競合他社のJawboneが持っていた市場調査や社内情報を盗んだ疑いが持たれています。従業員にはPossession of Stolen Trade Secrets (18 USC §1832(a)(3))(日本語では企業機密の窃盗)という重罪(felony)で起訴されていて、有罪になれば最高で10年の禁固刑になります。

実は、この起訴の内容と同じ事柄は、民事でも問題になっていて、2015年にJawboneは企業機密の窃盗でFitbitを訴え、同じ従業員も訴えれていました。しかし、9日間の公判のあと、 ITC はFitbitと従業員の側に有利な判決を下し、行政法判事(ALJ)は、Jawboneの企業機密の流用はなく、Jawboneの企業機密はFitbitの製品に使われていなかったとしました。

しかし、連邦検察官は刑事で事件を追求していきます。起訴状では、従業員は、盗まれたものだと知りつつJawboneの機密情報を受け取ったとなっています。 (The indictment states that the defendants received confidential documents “knowing them to have been stolen and appropriated, obtained, and converted without authorization…for the economic benefit of someone other than Jawbone.”)

ITC における判決が下っていますが、刑事事件がどのように展開していくのか、今後の進展を見守っていく必要があります。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Siri Rao. Crowell & Moring LLP (元記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。