企業機密搾取を認めた被告が70ヶ月連邦刑務所に投獄される

2020年2月18日、地裁のWilliam T. Moore Jr. 判事はNorth Carolinaに住むCraig German氏に対して、企業機密搾取の罪から70ヶ月の連邦刑務所行きを命じます。German氏は、2019年9月に起訴された企業機密搾取の疑いに対して事実を認めていました。

DOJによると、German氏は、他と協力し、飛行機の羽根の図面とand anti-ice testing documentsを航空機会社から盗み出したとされています。搾取を働いたグループは、他の会社のためにanti-ice aircraft technologyを開発しており、新規参入への時間を省略するために企業機密搾取をした疑いが持たれています。

German氏は、10年の実刑と$250Kまでの罰金の可能性がありましたが、判決では$2000の罰金と、6年間の実刑に加え、その後の3年間の仮釈放が言い渡されました。今回の件を通して、担当したFBI関係者は、今後もFBIはアメリカの経済セキュリティーと敵対する外国から知財を守るために積極的に取締を行っていくことを表明しました。

ヒント: DOJとFBIは今後も企業機密搾取に対する刑事追及をより厳しく行っていくことが予測されるので、企業としては、企業機密搾取を未然に防いだり、対抗するための追加ツールとして、この政府の動きを活用することがいいでしょう。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Steven Grimes, Shannon T. Murphy and Maura T. Levine-Patton. Winston & Strawn LLP(元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

日本とアメリカにおける特許適格性の違い

特許適格性の違いからアメリカにくらべ日本ではソフトウェア系やビジネス方法計の特許の取得が簡単だということを丁寧に解説している記事を見つけました。こういった国別の制度の比較記事はなかなか見ないので紹介したいと思います。

Read More »
訴訟
野口 剛史

クレームの不明瞭性は「クレーム文単独」で判断されるべきではない

35 U.S.C. § 112に基づき、特許クレームが十分に「明瞭」(definite) であるかどうかを評価するためには、クレームの文言そのものだけでなく、出願に関わるその他の情報を見ることが必要です。CAFCは、連邦地裁の狭すぎる不明瞭性分析を覆す最近の判決において、この基本原則を再確認しました。

Read More »
statistics-stack-of-documents
再審査
野口 剛史

IDSに記載された文献を用いてIPRを行うのは難しい

IDSで提出された文献はIPRの実施を決める上で、審査中に引用されていなくても特許庁に以前提出された同一又は実質的に同一の技術に該当します。そのため、そのような文献をベースにした主張をIPRで行う場合、特許庁が特許性について重大な形で間違っていたことを申立人が証明する必要があり、IPRの開始が非常に困難になります。

Read More »