企業機密搾取を認めた被告が70ヶ月連邦刑務所に投獄される

2020年2月18日、地裁のWilliam T. Moore Jr. 判事はNorth Carolinaに住むCraig German氏に対して、企業機密搾取の罪から70ヶ月の連邦刑務所行きを命じます。German氏は、2019年9月に起訴された企業機密搾取の疑いに対して事実を認めていました。

DOJによると、German氏は、他と協力し、飛行機の羽根の図面とand anti-ice testing documentsを航空機会社から盗み出したとされています。搾取を働いたグループは、他の会社のためにanti-ice aircraft technologyを開発しており、新規参入への時間を省略するために企業機密搾取をした疑いが持たれています。

German氏は、10年の実刑と$250Kまでの罰金の可能性がありましたが、判決では$2000の罰金と、6年間の実刑に加え、その後の3年間の仮釈放が言い渡されました。今回の件を通して、担当したFBI関係者は、今後もFBIはアメリカの経済セキュリティーと敵対する外国から知財を守るために積極的に取締を行っていくことを表明しました。

ヒント: DOJとFBIは今後も企業機密搾取に対する刑事追及をより厳しく行っていくことが予測されるので、企業としては、企業機密搾取を未然に防いだり、対抗するための追加ツールとして、この政府の動きを活用することがいいでしょう。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Steven Grimes, Shannon T. Murphy and Maura T. Levine-Patton. Winston & Strawn LLP(元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

computer-people-development
訴訟
野口 剛史

ITC337条調査国内産業要件にITCコミッショナーが言及

ITC における特許侵害調査(337条調査)を行う場合、特許権者は国内産業要件(Domestic industry requirements)というITC調査独特の条件をクリアーしなければなりません。今回の判決では、生産活動以外の活動に対する出資(エンジニアリング、研究、開発)が、国内産業要件(Domestic industry requirements)の“significant investment in U.S. plant and equipment” や“ significant employment of U.S. labor or capital”を満たすことができるということを明確に示しました。

Read More »
display-with-code
その他
野口 剛史

WIPOがAIと知財のポリシーに対して意見を公募

WIPOがArtificial Intelligence and Intellectual Property Policy に関する意見を公募すると発表しました。この公募に伴い、WIPOはIssues Paper を発行することで、AI関連ですぐに対応が必要な問題を定義し、AIと知財のポリシーに関して幅広いフィードバックを求めています。

Read More »