注意:和解の提案が特許訴訟において不利な証拠として使われる可能性

アメリカではRule 408 of the Federal Rules of Evidence という法律があり、原則、和解の提案は訴訟において証拠として提出できません。しかし、例外もあるので、和解の提案が特許訴訟において不利な証拠として使われないように注意する必要があります。

Rule 408 of the Federal Rules of Evidence

Rule 408 of the Federal Rules of Evidence は和解に関するコミュニケーションを守るためにあります。文言も明確で、Such communications are “not admissible . . . to prove or disprove the validity . . . of a disputed claim”とあります。

しかし、このルールには例外があります。(法律全般「例外」は多くあります。これが個別案件の対応に専門の弁護士が必要な理由の1つになります。) そして、CAFCは、 Blackbird Tech LLC v. Health in Motion LLC¸ 2018-2393 (Fed. Cir. Dec. 16, 2019), において、その例外の1つを使い、特許訴訟における弁護士費用の請求を是正しました。

Blackbirdの案件は以前すでにOLCで紹介しました。しかし、和解提案やRule 408については話していなかったので、再度取り上げました。

背景

特許権者のBlackbirdは被告Health in Motionを特許侵害で訴えます。しかし、公判の前夜(非侵害の略式裁判の申立に反対したあと)、訴訟を取り下げました(with prejudice)。このような行為は明らかにおかしいです。

このBlackbirdの行動を受け、被告Health in Motionは35 U.S.C. § 285における弁護士費用の請求を求めました。35 U.S.C. § 285は「例外」である訴訟において、弁護士費用の支払いを訴訟相手に命じるものです。

地裁は、そもそもこの特許訴訟には何もメリットがなく、訴訟における申立人の行為は不条理なものだったとし、この弁護士費用の請求を認めました。

この判決を不服とし、BlackbirdはCAFCに上訴します。しかし、CAFCは地裁における弁護士費用の請求の判決を是正します。この上訴のおいて、CAFCは特許権者であるBlackbirdの和解戦略に注目しました。Blackbirdは、$80,000, $50,000, $15,000と$0($0というのは、これまでの訴訟費用は自己負担でという意味があります。)というような流れで和解提案を行いました。しかし、すべての和解提案は被告Health in Motionによって否定されました。

CAFCは、和解で提示された金額が訴訟の費用に比べて極端に低いことに注目しました。そして、最終的に、この訴訟は不条理な形で進められていたという結論に至りました。

まとめ

Rule 408はほぼすべての和解に関するコミュニケーションを保護します。しかし、不条理な形で訴訟が行われていたことを証明する証拠として和解提案が用いられることもあるので、このような例外を十分理解した上で、和解交渉を行う必要があります。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Jason Hoffman. Baker & Hostetler LLP(元記事を見る

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

特許適格性問題の審査を延期できる新しいパイロットプログラムが始まる

1月6日、特許庁は、特許適格性に関する拒絶に対する応答を延期することを出願人に許可するDeferred Subject Matter Eligibility Response Pilot Programを導入しました。このパイロットプログラムを活用することで、発明の新規性・進歩性、記述要件などの問題に特許審査を集中させ、発明が抽象的すぎるか、自然現象を大きく超えていないかなどの曖昧な問題の議論を延期することができるようになります。

Read More »
secret
企業機密
野口 剛史

公開されている特許製品であっても営業機密は保持できる

一般に公開されている製品であっても、公開する情報を意図的に制限し、販売のプロセスや販売契約による縛りをしっかり管理することによって、営業機密は保持できる。それは特許になっている製品でも同じなので、特許と営業機密は相対するものではなく、合わせて使うことも可能。

Read More »
folders-manual
再審査
野口 剛史

PTABによるクレーム補正のガイドライン

Western Digital Corp v. SPEX Techにおいて、 PTAB は IPR 手続きにおけるクレーム補正のガイドラインを示しました。IPR2018-00082, Paper 13 (PTAB Apr. 25, 2018). このWestern Digital事件は、CAFC en banc による判例Aqua Products, Inc. v. Matal, 872 F.3d 1290 (Fed. Cir. 2017)に関連していて、 IPR 手続きにおけるクレーム補正に関して重要なケースになります。

Read More »