商標侵害の利益を得る基準は?最高裁が審議へ

商標侵害の際、侵害による損失の計算が難しいため侵害した会社の利益の一部を賠償金として支払うということがよく行われています。しかし、利益の一部の支払いはprinciples of equity(公平の原理)に基づくものなので、裁判所や判事によって判断がことなり、基準が明確ではありませんでした。しかし、今回、最高裁がこの問題を審議することになり、注目が集まっています。

実際に、principles of equity(公平の原理)に基づくというアメリカの商標法であるSection 35 of the Lanham Act にかかれている文言は長年の間、裁判所の見解を分かつものでした。例えば、The Second, First, Eighth, Ninth, Tenth and D.C. Circuits は利益の一部の支払いには故意侵害を示すことが必要であるという見解を示していますが、the Third, Fourth, Fifth, Sixth, Seventh and Eleventh Circuitsではそのようなことは示す必要はなく、あくまでも数多くのファクターの一部として考慮される程度です。このような裁判所による違いは長年続いていることで、今回、やっとRomag Fasteners Inc. v. Fossil Inc. et al.で最高裁が審議することになった次第です。

最高裁は2019年6月28日にcertiorari を許可しました。時期的に、今年の秋に最高裁の次の年度が始まるので、判決は早くても次の年度が始まってからになりそうです。

この最高裁の判決次第では、様々な業種に影響をおよぼすことが予想されます。どのような企業であってもブランド力やブランドイメージが重要な企業であるのであれば、この最高裁の案件は注意深くフォローする必要があるでしょう。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Abhijit P. Adisesh. Womble Bond Dickinson (US) LLP (元記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。