商標侵害の利益を得る基準は?最高裁が審議へ

商標侵害の際、侵害による損失の計算が難しいため侵害した会社の利益の一部を賠償金として支払うということがよく行われています。しかし、利益の一部の支払いはprinciples of equity(公平の原理)に基づくものなので、裁判所や判事によって判断がことなり、基準が明確ではありませんでした。しかし、今回、最高裁がこの問題を審議することになり、注目が集まっています。

実際に、principles of equity(公平の原理)に基づくというアメリカの商標法であるSection 35 of the Lanham Act にかかれている文言は長年の間、裁判所の見解を分かつものでした。例えば、The Second, First, Eighth, Ninth, Tenth and D.C. Circuits は利益の一部の支払いには故意侵害を示すことが必要であるという見解を示していますが、the Third, Fourth, Fifth, Sixth, Seventh and Eleventh Circuitsではそのようなことは示す必要はなく、あくまでも数多くのファクターの一部として考慮される程度です。このような裁判所による違いは長年続いていることで、今回、やっとRomag Fasteners Inc. v. Fossil Inc. et al.で最高裁が審議することになった次第です。

最高裁は2019年6月28日にcertiorari を許可しました。時期的に、今年の秋に最高裁の次の年度が始まるので、判決は早くても次の年度が始まってからになりそうです。

この最高裁の判決次第では、様々な業種に影響をおよぼすことが予想されます。どのような企業であってもブランド力やブランドイメージが重要な企業であるのであれば、この最高裁の案件は注意深くフォローする必要があるでしょう。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Abhijit P. Adisesh. Womble Bond Dickinson (US) LLP (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

no-left-go
訴訟
野口 剛史

クレーム補正でEquitable Estoppelが回避できるかも?

以前権利行使があって、対応したものの特許権者から追求されなかった特許に関して、後に新たに権利行使があった場合、Equitable Estoppel による弁護が考えられます。しかし、過去に対応した際のクレームと今回のクレームに多少でも違いがあった場合は、Equitable Estoppel が適用されない可能性があるので、注意が必要です。

Read More »