アメリカ知財情報サイト

CAFCが上訴中の訴訟案件に対するSAS判決の影響に言及

最高裁によるSAS判決以降、 PTAB における案件の負担が急増し、 PTAB から CAFC に上訴された訴訟案件が数ある中、 CAFC がどのように上訴中の訴訟案件に対するSAS判決の影響に言及するかが注目されています。今回、 CAFC は、PGS Geophysical AS v. Iancuにおいて、2つの重要な判決が下されました。

1.Instituteされなかった根拠は CAFC への上訴対象になる

最高裁におけるSAS判決ではすべてのクレームに対するInstituteについては明確にされましたが、すべての根拠についてInstituteの判断を行うかという点については明確ではありませんでした。つまり、根拠(Grounds)に対する一部Institution(すべてのクレームに対して PTAB における再審議が行われたが、主張された根拠の一部のみに関してしか再審議が行われなかった)場合、CAFCへの上訴対象になるのかが不明瞭になっていました。PTAB から CAFC に上訴された訴訟案件の多くがこの問題に関するものでした。

今回、PGS Geophysical事件において、 CAFC最高裁のSAS判決はクレームにも根拠(Grounds)にも同等に適用されるものだとし、根拠(Grounds)に対する一部Institutionは不適切で、CAFCへの上訴対象になるとしました。 PTAB ではSAS判決を受け、暫定的に根拠に対する一部Institutionは行わない姿勢をとっていましたが、この方針が継続して続きそうです。

2. PTAB における判決に対する管轄は CAFC にある

たとえ PTABIPR 手続きから一部クレームや根拠を除外して最終判決(Final Written Determination)を行っていたとしても、その最終判決に対する管轄は CAFC にあるとしました。 PTAB から CAFC への上訴(つまりCAFCの管轄権)は、 PTAB における最終判決(Final Written Determination)によるものです。この管轄の問題は、一部Institutionされた場合 PTAB の最終判決に含まれていない事柄(つまり、Institutionの際に除外されてしまったクレームや根拠)に対する上訴でも CAFC が適切管轄なのかが問題になっていました。

しかし、今回、PGS Geophysical事件において、 CAFC は一部Institutionされた場合PTABの最終判決に含まれていない事柄に対する管轄も認めましたCAFC は、Institutionの判断と最終決断が対象になったすべての IPR ですでに行われていたことを受け、 Administrative Procedure Act, 5 U.S.C. § 704におけるfinal agency actionの基準が満たされていたと判断。 PTAB のInstitution判断等に間違えがあったとしても、すでに PTAB における IPR 手続きはすべてのクレームと根拠について終了しているので、上訴された今回のケースでは CAFC に管轄があるとしました。

今回のケースは、当事者同士はすでに和解していて、特許庁が第三者として参加する珍しいケースでした。そのため、SASに関する救済については問題になっておらず、SAS判決に関する何らかの申立(例えば IPR のやり直しなど)がある場合、どのようになるかは不透明なままです。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Bryan Schwartz. Squire Patton Boggs (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

次回ウェビナー

8月31日開催予定

FRUSTRATION FREE EMAIL COMMUNICATION

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

arrows-go-up
特許出願
野口 剛史

アメリカ特許番号10,000,000を突破

アメリカの特許は毎週火曜日に発行されますが、2018年6月19日にアメリカ特許庁は特許番号10,000,000を発行しました。現在の特許番号システムは1836年に導入され、今日にいたりますが、その182年の歴史において実に半数以上の特許が過去30年間に発行されたものです。

Read More »
abandoned-low-declining
再審査
野口 剛史

期限切れが迫る中、CBMの申し立てが減少中

Covered Business Method (“CBM”)特許のレビューは、AIAによる特許法の改正があった2012年から、550件以上の行われています。しかし、その数は去年ごろから減少し始め、2018年6月の特許庁による統計データでは、2018年度では、30件ほどしかCBMに対する申し立てがありませんでした。また、ここ数ヶ月では、数件しかCBMの申し立てがありませんでした。CBMは移行期間限定の手続きで、議会が延長しないかぎり、2020年9月で受付を終了します。

Read More »