最高裁案件:“All the Expenses” には弁護士費用も含まれるのか?

Rimini Street, Inc. v. Oracle USA, Incに続けて、知財関係の係争費用に関する最高裁案件です。NantKwest, Inc. v. Iancuでは、PTOにおける拒絶に関する地裁での再審議に関する出願人の費用負担には弁護士費用も含まれるかという問題が今度最高裁で審議されることになりました。

背景

特許庁における拒絶を再審議する方法で最も一般的な方法はCAFCに上訴することです。しかし、もう1つの方法として、地裁で再審議することもできます。しかし、地裁での再審議を選んだ場合、出願人は手続きに関するすべての費用( “all the expenses” )を支払う義務があります。35 U.S.C. § 145 (patents); 15 U.S.C. § 1071 (trademarks)。

このすべての費用( “all the expenses” )に関して、商標の案件(Shammas v. Focarino, 784 F.3d 219)では、 Fourth CircuitはPTOの弁護士給与費用を含むとしましたが、特許の案件(NantKwest)では、 en banc CAFCでそのような見解は却下されました。このように高裁において法律の解釈が分かれたため、最高裁はこの問題に関して審議することを決めました。

最高裁は、この案件を取り上げることを発表した日、Rimini Streetという知財関係の係争費用に関する判決を下しています。この案件では、追加の費用の回収は認められなかったので、このNantKwest案件で最高裁がどのように判断するのかにも注目が集まっています。

NantKwest案件の公判は2019年の秋ごろに予定されています。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Gregory A. Castanias, Daniel Kazhdan Ph.D. and Jihong Lou Ph.D.. Jones Day (元記事を見る

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

Visual representation of the Patent Eligibility Reform Act (PERA) of 2023, featuring the Capitol Building, a gavel, patent documents, and technology icons, symbolizing a significant step towards clarifying the U.S. patent system and legal reform
特許出願
野口 剛史

特許適格性改革法案のPERAの概要と議会での進捗

上院司法委員会が特許適格性の問題解決に向けて重要な一歩を踏み出し、2023年に特許適格改革法案であるPERAついての証言を聴取しました。この法案は、従来のAliceテストの変わりに分類的アプローチを用いることで、特許可能な主題に関する長年の混乱を解消し、米国特許制度を明確化させる狙いがあります。しかし、PERAが立法化されるかは議会次第であり、具体的な進捗が今後あるかはまだ不明です。

Read More »
Uncategorized
野口 剛史

新企画:ウェビナーから学んだこと

知財でもウェビナーで情報発信をするところが増えてきました。しかし、そのほとんどが英語ベースで時間も1時間程度と参加するにもハードルが高いと思う知財関係者も多いのではないでしょうか?そこで、私が実際にウェビナーを受け、そこからなんだことを皆さんとシェアーすることを考えました。

Read More »
Professional featured image showing a productive dialogue between a patent applicant and examiner, with a magnifying glass over patent documents, a handshake, and visual aids like charts and diagrams in an office setting
特許出願
野口 剛史

権利化をスムーズに行うためのインタビュー戦略

審査官は、一つの出願を調査して対応する時間があまりありません。加えて、主題が非常に複雑であることもよくあります。インタビューは、チャート、表、写真、その他の情報伝達・要約手段を用いた理想的な教育の機会となり得ます。また、クレームが許容される理由を示すのにも役立ちます。このようなプレゼンテーションは、権利化が泥沼化するのを防ぐことができます。新しい審査官があなたの案件を担当する場合、事前にサマリープレゼンテーションを行うことで、審査官を効率的にスピードアップさせることもできます。

Read More »