CBMレビュー対象特許の条件

PTAB は、Xerox Corp. v. Bytemark, Inc., No. CBM2018-00011 (P.T.A.B. July 12, 2018) (Paper 12)において、Covered Business Method (“CBM”) レビューに対象特許の条件を明確にしました。CBMレビューを行うには、申立人は問題の特許がCBM特許であることを示す必要があります。CBM特許とは、金融製品やサービスの仕組み、運営、管理などに関わり、技術的な発明に言及していない特許のことです。 Leahy-Smith America Invents Act (AIA), Pub. L. No. 112-29, § 18(d)(1), 125 Stat. 284, 329-31 (2011).

CBMレビューの対象は IPR よりも広く、例えば、特許法101条(特許適格性(Patent eligibility))に関するものや、特許法112条( 記載不備など)についても審議を行うことができます。しかし、誰でもCBMを申請できるわけではなく、申し立てをするには実際にCBM特許で訴えられた、または、権利行使された当事者か、real party in interest(実質的利益当事者)である必要があります。

背景

Xerox Corp.,はU.S. Patent No. 8,494,967 (’967 特許)に対するCBMレビューを申し立てます。この’967 特許は、すでに購入された電子チケットを人間がバーコードスキャナーを使用しないで検証するシステムに関するクレームを含んでいます。 No. CBM2018-00011, Paper 12 at 2, 4. 申立人は、(1) 購入済みのチケットの活用や検証は金融製品やサービス(“financial product or service”)に該当する、 (2) 購入済みのチケットに関連するクレームされた活動は金融関係の活動であるということを理由に、’967 特許がCBM特許であると主張します。しかし、特許権者は、’967 特許のクレームでカバーされている活動は、販売後に限定されると主張。

PTABの分析

PTAB は、AIAにおいて、CBMレビューが適当かという判断は、クレームの文言のみを見て行われるべきとしました。また、CBMレビューの対象になるためには、特許クレームが金融活動と偶発的(incidental)に関連している、または、付属するもの(complimentary)だけでは足りず、また、モノやサービスの販売に関連しうる行動をカバーしているだけでも十分ではありません。また、実際に販売が起こる、起こるであろうということだけでは、CBM特許ということにはなりません。そうではなく、クレームが必然的に金融関連である場合、CBMレビューを行うことができます。

この案件について、 PTAB は、クレーム言語において、すでに購入されたチケットの検証という点についての発明なので、特に金融関連であるような明確な文言も金融関連であるようなことを示唆するような文言もないとしました。このクレームはよくて販売に付属するもの(complimentary)であって、CBM特許ではなく、CBMレビューは適切ではないとしました。

また、 PTAB は購入済みチケットに関する(“associated with”)活動はCBMレビューの対象になるという申立人の主張も却下します。 PTAB は購入済みチケットに関する(“associated with”)活動とは、購入に付属するもの(“incidental to”)という意味なので、金融関連の活動に付属するという意味にしかならず、それだけではCBMレビューの対象にならないとしました。また、申立人は、特許権者のウェブサイトでモバイルペイメントに使えると宣伝していたことから金融関連であることを主張しましたが、販売がありえるからと言って必ずしもCBM特許にはならないとし、その主張を退けました。

教訓

CBMレビュー対象特許だと主張する際、申立人はクレーム文言に金融関連であるような明確な文言か、金融関連であるようなことを示唆するような文言が含まれていることを示さなければなりません。文言が金融関連に付属するものであったり、付随するものだけだと不十分です。また、販売が行われることがあったとしても、その事実のみでCBM特許であるという判断には至りません。

コメント

CBM特許として判断される範囲は狭まってきているので、CBMレビューはだんだん難しくなってきています。CBMは今後も適用例が少なくなってくることが予想されます

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Matthew W. Johnson. Jones Day (元記事を見る

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

hand-shake-business
契約
野口 剛史

ライセンス契約の「明確化」条項における意図しない解釈に気をつける

ライセンス契約において “For clarity,” などの言葉を用いて条項の補足説明を行うことがよくあります。しかし、そのような「明確化」が意図しない解釈を生む危険性もあります。今回は、許諾条項に「ライセンス期間中に行われたライセンス活動はそのライセンス期間終了後も存続する」という明確化がなされていました。しかし、この条項の解釈が問題になり、裁判で争われることになってしまいました。

Read More »
rejected-trash
特許出願
野口 剛史

Enablementに対する主張がクレーム範囲を狭める結果に

特許審査中に特許権者が主張した内容は、訴訟の際のクレーム解釈の際に考慮され、クレームの適用範囲を大きく変えることがあります。今回の判例では、特許権者が審査中に主張したEnablement違反に対する反論が訴訟の際にクレーム範囲を狭めることになり、結果として非侵害判決の決定的な原因となってしまいました。

Read More »
thinking
特許出願
野口 剛史

AFCP 2.0は推奨される最終拒絶の対応なのか?

AFCPはRCEの頻度を減らすためのオプションとして利用されています。しかし、AFCPが適用されても審査官は複雑な検索や分析を行う時間が不足し、RCEをしなければいけないという状況になることもよくあります。うまく使えば、審査官の考え方に関する貴重な情報が得られ、権利化までの道のりを短縮する可能性があります。AFCPは、クレームの絞り込みを促進し、その代わりに審査官との面接を通じたより多くの検討と相互作用の時間を提供します。そのため、AFCPは積極的に検討するべきであり、個別案件がAFCPに適しているかどうかを適切に評価することをお勧めします。

Read More »