Qualcommが米国独禁法違反、地裁が判決

2019年5月21日、連邦地裁は、スマートフォンのモデムやマイクロチップメーカー大手のQualcommが他社への技術ライセンスの際に違法に高額な金額を請求していたという判決を下しました。

ロイヤルティーベースは部品であるべき

連邦地裁裁判官 Judge Lucy Kohは、Qualcommは電話の販売金額の一部を受け取るのではなく、より少ない金額である電話内に存在するQualcommの技術をベースにしたものをロイヤルティーとして受け取るべきだったとしました。つまり、ロイヤルティーのベースはスマートフォン全体ではなく、あくまでもQualcommの技術が使われた部品等であるべきだということを示しました。この判決によって、最大で$400まで上がっていた電話全体の売り上げをロイヤルティーベースにするのではなく、$15 から$20程度のモデムチップをベースにしたライセンス契約を結ばなければいけなくなります。

その他のQualcommに不利な条件

また、Judge Kohは、Qualcommは自社特許を競合他社のチップメーカーにもライセンスしなければいけないという判決も下しました。

この判決の中で、Judge KohはQualcommに対し5つの条件を提示。その1つに、チップ供給の停止という脅威を示さないで顧客とライセンス交渉(再交渉)をするべきという項目があります。

今後の展開

Qualcommはこの判決を上訴すると同時に、最終判決が出るまで今回の判決を保留するように求めることが予測されます。しかし、この判決が是正されれば、Qualcomm のビジネスモデルに大きな影響を与えることは間違えありません。

まとめ作成者:野口剛史

参考記事著者:David Goldman and Chris Isidore, CNN Business(参考記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

日本とアメリカにおける特許適格性の違い

特許適格性の違いからアメリカにくらべ日本ではソフトウェア系やビジネス方法計の特許の取得が簡単だということを丁寧に解説している記事を見つけました。こういった国別の制度の比較記事はなかなか見ないので紹介したいと思います。

Read More »
contract-signing
契約
野口 剛史

開発契約における知的財産権に関する規約

技術が進むスピードが加速し、大企業でも自社ですべての開発を行うのが不可能になってきています。そこで共同開発が注目されていますが、そこには大きなリスクもあります。その1つに知的財産権に関する規約があります。今回は、開発契約の知財に関わる規約のポイントを解説していきます。

Read More »
supreme-court
再審査
野口 剛史

最高裁判決:連邦政府機関はAIAにおける特許再審査手続きが行えない

2019年6月10日、アメリカ最高裁は、Return Mail Inc v United States Postal Serviceにおいて、連邦政府機関はAIAで定められた特許再審査手続きを申し立てることができないと判決を下しました。この判決により、今後、連邦政府機関はinter partes, post-grant やcovered business method reviewsにより特許の有効性について挑戦することができなくなりました。

Read More »