PTABが裁量権を使ったケースマネージメントを始めた?

最高裁のSAS判決後、PTABはIPRのPartial institutionができなくなり、すべてのクレームについてIPRを開始するか否かの2択しか選べなくなってしまいました。しかし、同じ特許を対象としたIPRが複数ファイルされた場合、PTABは最も重要なIPRのみに対してIPRを開始することもあります。

事実背景

ComcastはRoviが保有為ている特許7,827,585に対して、6つのそれぞれ独立したIPRの申し出をPTABに行いました。IPRの対象になった特許は、地裁やITCで権利行使されている特許でした。

しかし、PTABはIPRを申し出たComcastに6つのIPRの優先順位を示すように命じます。このケースマネージメントオーダーでPTABはComcastに対して、それぞれの申し出の違い、なぜその違いが重要なのか、なぜPTABが1つ以上の申し立てを考慮しないと行けないのかなどの説明を求めました。また、Comcastの回答に対して、特許権者のRoviが反論する機会も与えました。

当事者からの回答を元に、PTABはComcastが最優先と示したIPRのInstitutionを決めましたが、その他5つのIPRに関しては、IPRの手続きを行わないことを示しました。この判決で、PTABはPTO Guidanceなどを引用し、PTABにどのIPRについて取り扱うか裁量権が存在し、内容や事実状況によっては、その裁量権を使いIPRの手続きを行わないという判断ができるとしました。

SAS判決度、PTABにおけるIPR案件数の増加や審査の遅れが懸念されていましたが、PTABは裁量権を使いケースマネージメントを行い対策を取っているようです。

今後IPRのInstitutionに対して、どこまでPTABが裁量権を主張するかは注目したいところです。

まとめ

複数のIPRを1つの特許に対して行う場合、PTABがすべてのIPRに対してInstituteしない可能性があります。IPR戦略上、複数のIPRを1つの特許に対して行う場合、場合によっては、1つ以上のIPRが認められない可能性もあるので、注意が必要です。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Benjamin Anger and Clayton R. Henson. Knobbe Martens (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

米国特許庁長官がデザイン特許代理人資格の可能性と特許庁における多様性を推進

米国特許庁は、意匠特許の代理資格(design patent bar)の創設を含め、同庁に対する実務機会を増やす方法を検討していると、Kathi Vidal 長官が明らかにしました。通常の特許出願代理業務に関する資格(Patent Bar)についても、受験条件の科学技術要件の学位などをより柔軟に検討することも考慮されており、より多くの人が特許庁への出願業務や手続きに関われるようになることが期待されています。

Read More »
特許出願
野口 剛史

判例に見る特許クレーム用途限定の正しい使い方

特許クレームで用途限定をおこなう場合、クレームの前文だけでなく本文にも用途に関する記述をし、用途限定をクレーム要素の1つとして明確に示すことによって、クレームの範囲を意図的に狭めるのがいいでしょう。しかし、用途でクレームを限定する意思がないのであれば、前文に余計な文言を含めるべきではありません。

Read More »