商標をつかってブランドを守る

ブランドを守る手段の一つに商標があります。今回は、どのように商標を使って自社のブランドを守っていくかについてわかりやすく解説していきます。商標は、主にビジネスに関わる言葉、フレーズ、ロゴのことを言います。また、アメリカでは音、匂い、色にも商標が認められる場合がありますが、今回はもっとも一般的なビジネスで使用される言葉の商標について解説していきます。

商標の目的

商標 (Trademark)の目的は、その商標によって顧客が商品やサービスの提供先を特定することです。自社が提供している商品やサービスに商標を使うことによって、時間と共に、顧客が自社を特定の商品やサービスを提供しているところだと認識するようになります。また、商標は、他社が混乱を招くような似たマークを登録・使用することを防ぐことができます。自社の商標にTMや®のシンボルをつけることで、公的にその商標を示すことができます。

今できること

自社で使っている商品名(会社名)やロゴにTMのシンボルをつけることで、今すぐにある程度の商標保護の恩恵に預かることができます。TMのシンボルをつけることで、公的にその商標を使って商品やサービスを提供していくという意思を表示できます。たとえ、その標が登録されていなかったとしても、商業的にその商標が使われていれば、コモン・ロー(common law)に基づく商標の保護が得られます。具体的な保護は、他社が同じ商標を同じ場で似たような製品やサービスに対して使用することを防ぐことができます。登録商標に比べると、このコモン・ロー (common law)に基づく商標の保護は限定的ですが、このTMシンボルを使うことにおける保護には一切コストがかかりません何も登録する必要がないのです。なので、新しい製品やサービスを展開する際に、TMのシンボルを表記することを強くおすすめします。

登録商標

®シンボルは登録された商標にのみ使用できます。このような登録商標は、メリカ特許庁で審査を受け、許可が降りたものに対して使用できます。商標の審査官は、出願された商標がすでに存在している第三者の商標と混同することがないかを審査します。審査官の審査後、ある一定期間、公開され、自分の商標との混同などを理由に第三者が登録に反対することができます。しかし、もし何も反対主張がなく公開期間が終了すれば、商標は許可されます。

商標が登録されたのち、TMシンボルを使っていたものに、®シンボルを付け替えることができます。登録商標の保護はTMシンボルによる保護よりも強く、アメリカ全体に保護が及び、商標が有効であるという推定がなされます。

商標を登録するのは特許に比べるとそんなに複雑ではありませんが、それでも大切な商標の出願をする場合、商標に詳しい弁護士を雇うことをおすすめします。

まとめ

商標はビジネスを行う上で大切なツールの1つです。ブランドを守るためには欠かせないものです。TMシンボルを使った商標は限定的な保護ですが、すぐに、登録などもせすにできるので、今すぐに、商標をつかってブランドを守ることができます。商標を登録することにはお金と時間がかかりますが、より強力な保護が得られ、重要な商品やサービス、自社の会社名など、ブランド力が問われるものには商標登録を行うといいでしょう。その際に、弁護士を雇い、登録までの作業をスムーズに行うことをおすすめします。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Gregory Lunt. Workman Nydegger (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

stop-estoppel
再審査
野口 剛史

1つの特許に対して複数のIPRを行う際のestoppelリスク

IPR は訴訟に比べて安価にすばやく特許の再審査ができ、特許を無効にするために有効なツールの一つですが、同じ特許に対して複数の IPR 手続きを行う場合、2つ目以降の手続きに関して estoppel が適用され、重複するクレームが審議されなかったり、特定の主張が考慮されない場合があります。

Read More »
speech-presentation
再審査
野口 剛史

裁判官直伝の実務アドバイス(書類作成編)

日本の知財訴訟担当者が実際にアメリカの IPR で提出するBriefやMotionを書くことはありませんが、アメリカの弁護士が作成した書類をレビューすることは多々あると思います。そのようなときに自社に対して有利に進むよう、実際に PTAB において判決を下す行政判事の立場になってレビューし、現地の担当弁護士にフィードバックをすることが大切になってきます。

Read More »