合併で大規模知財事務所が誕生

2018年8月21日、American Lawyer Global 100 firmの1つであるVenable LLPが、世界規模でもIP王手であるFitzpatrick, Cella, Harper & Scintoとの合併を了承、弁護士800人、知財弁護士170人という最大規模の事務所が誕生する予定です。

Venable はDCを拠点にしていますが、Fitzpatrickはニューヨークが拠点です。この合併で、ニューヨークの事務所の弁護士数は160人ほどになり、ニューヨークで最大規模の事務所の1つとなります。

合併が正式に行われるのは今年11月とのこと。合併後の収入は、$620Mで、その中には、Fitzpatrickの$79Mも含まれます。

この合併で、Venable は知財に力を入れるようです。特に、Fitzpatrickが得意としている製薬知財案件と、Venableのproducts liability案件の相性がいいので、この分野による相乗効果を期待しているとのことです。

ニューヨークには、IP専門の大きな事務所がたくさんありましたが、ここ数年でその数が減ってきています。このニューヨークをベースにしている知財専門事務所Fitzpatrickは一番新しいものですが、他にもニューヨークを拠点にしていた事務所Kenyon & Kenyon; Pennie & Edmonds; Fish & Neave; Morgan & Finnegan; Darby & Darby; and Brumbaugh, Graves, Donohue & Raymondはすでにありません。ニューヨークに残るIP専門大手事務所では、Fish & Richardsonが一番有名です。

コメント

事務所の合併や分裂は避けられないものですが、知財専門の事務所が単独で成長し続けるのには難しい環境にあるのか、少し考えさせられました。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Ryan Lovelace and Christine Simmons. The American Lawyer (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

rejected-trash
再審査
野口 剛史

CBMレビュー対象特許の条件

PTAB は、Xerox Corp. v. Bytemark, Inc.において、Covered Business Method (“CBM”) レビューに対象特許の条件を明確にしました。クレーム文言に金融関連であるような明確な文言か、金融関連であるようなことを示唆するような文言が含まれていることが必要で、特許クレームが金融活動と偶発的(incidental)に関連している、または、付属するもの(complimentary)だけでは足りません。

Read More »
訴訟
野口 剛史

ITC Domestic Industryの条件は5%の投資?

“significant” or “substantial” domestic industry investmentsを満たすためにはアメリカにおけるdomestic industry productの売り上げの5%以上をアメリカに投資していなければならないという、今回始めて「5%以上」という定数を示しました。この判決が今後のITC調査にどのような影響をおよぼすかを考えてみます。

Read More »