特許庁が治療行為に対する特許適格性に関するメモを発表

メモを発行するきっかけになった訴訟

Vanda Pharmaceuticals, Inc. v. West-Ward Pharmaceuticals, Ltd., Nos. 2016-2707, 2016-2708 (Fed. Cir. April 13, 2018)において、CAFC は治療行為に関する方法クレームは 特許適格性(patent eligible)を満たすとしました。問題になった特許クレームは、schizophrenia を iloperidoneで治療するというもので、iloperidoneの投与量は、患者の遺伝子タイプによって調整されるというものでした。患者の遺伝子タイプが治療に使われる薬に対する代謝がよくなければ、副作用である心臓機関への影響を少なくさせるため、少ない量を投与するというものです。

医療関係の発明で問題になるMayo test

この訴訟では、特許適格性に関わる2ステップからなるMayo testをそのクレームが満たすかが問題になりました。Mayo testとは、1)クレームが特許として成立しない例外が対象になっているか?、2)そのような例外が対象になっている場合、その例外の適用を免れるような「何か」がクレームされているか?を審議して、クレームの特許適格性を判断する方法です。 Mayo Collab. Servs. v. Prometheus Labs., Inc., 566 U.S. 66 (2012). 「特許として成立しない例外」(the exceptions to patent eligibility)とは、最高裁の判例ベースで成り立っていて、laws of nature, natural phenomena, と abstract ideasを含みます。

この訴訟で、CAFC は、Mayo事件は、thiopurine metabolitesと efficacy/toxicityの関係に注目している検査方法で、特定の投与量を処方することを必要としていないとして、本件と差別化しました。Mayo事件とは対象的に、本件のVandaのクレームでは、schizophrenia の治療には特定の投与量が必要で、薬、患者の代謝、心臓機関への副作用の関係の応用に値するとしました。

CAFCの判決から特許庁がガイドラインを作成

このVandaにおける判決、また他の特許適格性に関わる2つの判決(Finjan Inc. v. Blue Coat Systems, Inc., 879 F.3d 1299 (Fed. Cir. 2018) and Core Wireless Licensing S.A.R.L. v. LG Electronics, Inc., 880 F.3d 1356 (Fed. Cir. 2018))を元に、特許庁は2018年6月7日にメモを発表し、すべてのクレームをする上で、治療方法に関する分析フレームワークが書かれていた場合、特許適格性を満たすとしました。(claims as a whole are to be examined and outlining an analytical framework for method of treatment claims that should enable appropriate claims to pass the eligibility threshold in a streamlined fashion.)特許庁によるCAFCの関連判決の解釈によると、CAFCは治療方法に関するクレームは自然の関係を応用したものであるため、Mayoステップの1で「例外」扱いにされず、よって、治療方法に関するクレームに対して、適用が難しい Mayoステップの2で例外の適用を免れるような「何か」がクレームされているかを審査する必要がないとしました。

まとめ

この特許庁が発行したメモは、治療行為に関する方法特許を出願する出願人にとって有利なものです。このガイドラインに沿って、クレームを書けば、医療系の特許で大きな問題の1つである 特許適格性の問題を回避できます。

コメント

直接特許庁の業務に関わる判例が出た場合、特許庁はその判決を受け、審査基準や、手続き、考え方を変える場合があります。最近の大きな例だと、最高裁のSAS判決を受け、PTAB(特許庁内の機関)がIPRのPartial institutionを止めたことが印象的です。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:William K. Merkel, Ph.D.- Marshall Gerstein & Borun LLP (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

非自明性:部品のサイズの変更は自明なのか?

クレームの構成要件と先行文献の違いが部品のサイズに関わる場合、クレームは自明になるのでしょうか?今回はクレームされた発明が、先行技術の単なる部品のサイズの変更に過ぎないのか、それとも特許性が認められる発明なのかが争われた判例を紹介します。

Read More »
特許出願
野口 剛史

新技術の権利化は開示内容が鍵:CAFCはサブマリン特許を懸念か?

現在確立されている物理学の法則に違反した「新興技術」に関する特許が出願された場合、米国特許庁が実験的検証を伴う結果の再現性など、通常より高い基準の開示内容を要求するのは正しいとしました。裁判所は、まだ解明されていない技術に対して慎重な立場を取りサブマリン特許を抑制したい考えなのでしょうか?

Read More »
laptop-working
ビジネスアイデア
野口 剛史

知財専門の会員制副業サイト

コロナ禍で日本の雇用形態に大きな変化が起きていて、大手企業でもジョブ型の雇用にシフトしたり、副業を正式に認めたり奨励する動きもあります。それに伴い働く従業員側のマインドセットも変わりつつあるのではないでしょうか?そこで今回はそのような業界の流れをふまえて、知財専門の会員制副業サイトのニーズについて考えていきたいと思います。

Read More »