故ギンズバーグ判事がどのようにしてIPに携わる女性に影響を与えたか

ルース・ベイダー・ギンズバーグ最高裁判事は、1993年から2020年9月18日に亡くなるまで、アメリカ最高裁判事としてアメリカに仕えてきました。彼女はRBGというニックネームで親しまれていて、これまで多くの功績を残しています。今回は、故ギンズバーグ判事がどのようにしてIPに携わる女性に影響を与えたかについてインタビューを交えて紹介していた記事があったので、その紹介をしたいと思います。

今回紹介する記事では、多くの知財で活躍する女性弁護士のコメントが紹介されています。彼女たちのコメントには、ギンズバーグの名言、公民権のための戦い、先駆者としての役割が、彼女ら自身のキャリアにおいて障壁を打ち破り、性別やその他の形の平等のために戦い続けることに触発されたと語っています。今回の記事では全部紹介しきれませんので、ぜひ元記事を見てください。

男女差別に負けない

ギンズバーグがハーバード・ロー・スクールではトップの成績を収め、後に編入したコロンビア・ロー・スクールでは同率1位だったのですが、ギンズバーグはトップファームやロースクールから仕事のオファーを受けず、SCOTUSでのクラークシップの面接すら受けられませんでした。

しかし、そのような男尊女卑の法曹社会でも、ギンズバーグ氏は活躍し、最高裁判事としても大きな成果を残したことは、法曹界で活躍する多くの人、特に女性に勇気を与えました。

また、ギンズバーグ氏が仕事も家庭も両立できていたことに注目し、今よりも環境が整っていない時代にギンズバーグ氏が仕事と家庭のバランスをとっていたことに勇気づけられたとある弁護士は語っていました。

まだやるべきことがある

ギンズバーグ氏が弁護士として活躍していた時代に比べ、法曹界の男女差別はだいぶ改善されました。しかし、問題がなくなったわけではありません。例えば、イギリスでは特許に特化した判事に女性がまだいないことを指摘しています。

ギンズバーグ氏の影響は、アメリカにとどまることなく、世界中の多くの女性を勇気づけるものになりましたが、まだ法曹界での男女の「差」は存在します。そのため、残された人々はこれからも女性が活躍できる環境を整えていくことが大切になってきます。

まとめ

故ギンズバーグ判事は、知財を含めた法曹界に大きな影響を与えました。特に、法曹界で活躍する女性のロールモデルになり、多くの女性弁護士に勇気を与える存在でした。その影響は、アメリカにとどまらず、世界中に及んでいます。

故ギンズバーグ判事の影響もあり、当時に比べて法曹界の男女差は緩和されてきましたが、まだなくなったわけではありません。そのため、残された私達がこれからも積極的に活動し、性別に関係なく人々が活躍できる環境を法曹界で整えていく必要があります。

TLCにおける議論

この話題は会員制コミュニティのTLCでまず最初に取り上げました。TLC内では現地プロフェッショナルのコメントなども見れてより多面的に内容が理解できます。また、TLCではOLCよりも多くの情報を取り上げています。

TLCはアメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる今までにない新しい会員制コミュニティです。

現在第二期メンバー募集中です。詳細は以下の特設サイトに書かれているので、よかったら一度見てみて下さい。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Rani Mehta. Managing IP(元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

webinar laptop and coffee
特許出願
野口 剛史

特許明細書のヒント:技術的な解決策を強調する

アメリカのSoftware特許は日本のものと大きくことなります。特に最高裁判決Alice以降、どのようなものが特許法101に明記されている特許適格性(patent eligibility)を満たすのか継続的に裁判所で議論が展開されています。現在のところAlice判決が下された時に比べ、徐々にSoftware特許が許可されやすい環境になってきました。

Read More »
creminal-theft-of-trade-secret
特許出願
野口 剛史

USPTOにおけるDOCX出願における提案

現在はUSPTOに出願する際、MicrosoftのWordフォーマットであるDOCXフォーマットでも、PDFでも出願が可能です。しかし、USPTOではDOCXフォーマット以外の出願に$400の追徴金を請求するような動きがあるようです。今回は、USPTOによるDOCX出願がどのように行われるべきか面白い提案があったので紹介します。

Read More »
商標
野口 剛史

新しい商標メール詐欺を避けるために

商標情報は公開されているので詐欺に悪用されやすい傾向にあります。今までも商標に関する詐欺行為はありましたが、騙す技術も年々洗練されていっています。今回は、最近の商標関連のメール詐欺を中心に、商標に関する気をつけたい詐欺行為とその対策方法を解説していきます。

Read More »