訴訟履歴がある場合は注意!IPR提出期限の制限が拡大

2018年8月16日、 CAF Cは35 U.S.C. § 315(b)における IPR 手続き期限は、訴訟の申し立てがserviceされた日から1年としました。 35 U.S.C. § 315(b)では、訴訟が起きてから IPR を申し込むまでの時間制限が明記されていて、1年となっています。今回は、その訴訟が“without prejudice”で取り下げられても時間制限が適用されるのかが問題になりました。 Click-To-Call Technologies LP v. Ingenio Inc. et al., No. 2015-1242 (Fed. Cir. August 16, 2018)

背景

このClick-To-Callは、Wi-Fi One, LLC v. Broadcomにおいて、PTABによる期限に対する判決も上訴可能な案件であるという判決があった後、その期限について扱った上訴案件第一号です。

判決

CAFC は、35 U.S.C. § 315(b)の条文に注目し、条文は、 IPR 申立人(つまり、訴訟における被告人)または、申立人のprivy、real party in interest が訴訟の申し立てのserviceを受けた日についてのみ考慮しているとし、後に、訴訟の申立人(特許権者)が後日、訴訟をwithout prejudice”で取り下げても、35 U.S.C. § 315(b)で定められた日には何も影響がないとしました。つまり、訴訟の申し立てが適切にserveされていたら、その後、訴訟が取り下げられても、35 U.S.C. § 315(b)で定められた1年という時間制限が適用されるとしました。

AIA以前の訴訟にも適用

ここで注意したいのが、今回のClick-To-Callで問題になった訴訟は2001年にあったもので、特許権者が自発的に without prejudiceで2003年に訴訟を取り下げています。つまり、IPRが作られたAIAが有効になる10年前の事柄が、 IPR の提出期限を限定する事柄になっています。

このCAFCの判決は、 PTAB における、“without prejudice”で取り下げられた訴訟は、1年の IPR 提出期限に当たるものではないという判決を覆すものになりました。(このようは PTAB の期限に関する判決は、Wi-Fi One判決以前では、 CAFC に上訴できませんでした。)

まとめ

この判決により特許訴訟で対象になった特許は、後に“without prejudice”で取り下げられたものでも、その訴訟における申し立てがServeされてから1年以内に IPR を提出する必要があります。これは、AIA成立以前の訴訟にも適用されるので、訴訟対象になっていた特許の大部分は、35 U.S.C. § 315(b)により IPR 提出まで1年の制限が発生することになります。現在訴訟中の特許に関しては、1年の期限を超えないように、早急にIPRの是非を検討してみてください。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Kyle A. Forgue and Matthew J. Gryzlo – Barnes & Thornburg LLP (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

statistics-stack-of-documents
再審査
野口 剛史

CAFCがPTAB判事は憲法違反だと判決

今回紹介する判例の影響で、今現在PTABでの最終判決が出ていて、CAFCに控訴中の案件は、PTABにおける最終判決が破棄される可能性があります。また現在PTABで争われているIPRやCBMにも影響があるかも知れません。

Read More »
contract-signing
契約
野口 剛史

NDAを甘く見てはいけない

秘密保持契約(NDA)は頻繁に結ぶ契約書ですが、注意していないと自社で取得した特許がNDAで情報を開示した相手側の所有物になってしまう可能性があります。共同開発をする場合、NDAだけでは不足で、本格的な協力関係に入る前に共同開発契約(JDA)を結び、新しい発明の所有権を明確にしておくことが大切です。そうでないと今回の判例のように悲惨なことになりかねません。

Read More »