Google v. Oracleから垣間見るソフトウェア保護のあり方

今、アメリカ最高裁がソフトウェアの知財保護に関して係争中のGoogle v. Oracleに対してどのような対応をするかが注目されています。最高裁がGoogleによるペティションを却下、もしくは最高裁でOracleに有利な判決が出されるとソフトウェア侵害関連の訴訟数が急増することが予想されています。

背景

現在、最高裁はこの案件をどう取り扱うか検討しています。CAFCにおける判決ではGoogleによる大部分のJava ソフトウェアのコピーは著作権法上、fair use には該当しないとし、Javaを作ったOracleに有利な判決を下しています。

しかし、今日JavaScriptなどで作られたAPI(Application Programming Interface)はソフトウェア開発には欠かせないもので、ソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様であるため、著作権の保護はそのようなAPIに及ぶべきではないとGoogleは反論しています。

Google v. Oracleの影響

Google v. Oracleは今後ソフトウェア業界に大きな影響をおよぼすと考えられています。特に、最高裁がGoogleによるペティションを却下、もしくは最高裁でOracleに有利な判決が出されると、今後ソフトウェア開発者は自前のAPIコードを作成するか、または、Oracleや他社に彼らのAPIコードを使用するライセンス費用を支払う必要が出てくる可能性があります。

APIはソフトウェア開発に欠かせないものになっているので、上記のような開発現場になってしまうとアメリカにおけるソフトウェア開発自体が収束してしまう恐れもあります。

Google v. Oracleはお金が問題じゃない

このようにGoogle v. Oracleがどう終息するかによってはソフトウェア開発というアメリカの巨大産業の1つが大きく変わる可能性を秘めています。この訴訟は主導権の争いです。ソフトの作り手とその使用者、そのどちらにどれだけの力を与えるべきか、それがこのGoogle v. Oracleでは問われています。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Craig S. Horbus – Brouse McDowell(元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

商業的に成功したデザインの非自明性

特許の場合、商業的実施形態が市場で成功したことを非自明性の証拠として提出することができます。いわゆるCommercial successというものですね。MPEP214. 意匠でも同じような主張ができるのですが、意匠の場合、機能的な部分は保護の対象外になるため、特許の場合と比較して、このCommercial successによる非自明性の証明がとても難しくなります。

Read More »
coca-cola trademark
商標
野口 剛史

商標をつかってブランドを守る

ブランドを守る手段の一つに商標があります。今回は、一般的なビジネスで使用される言葉、フレーズ、ロゴなどついて、どのように商標を使って自社のブランドを守っていくかについてわかりやすく解説していきます。特に、TMシンボルを使うことにおける保護には一切コストがかからず、何も登録する必要がないので、今すぐできる商標活動です。

Read More »