予期しない”On-Sale”イベントの危険性

過去にウェビナー講師を務めてくれたBrad Czerwonky 氏による記事です。

これは前回紹介した最高裁判決Helsinn Healthcare S.A. v. Teva Pharmaceuticals USA, Inc.に関するものです。案件の概要は以前の記事を参考にしてほしいのですが、今回はBrad弁護士による考察を中心にまとめました。

すでに特許として発行されていても無効になる可能性はあるのか?

はい。今回のHelsinn 判決では、Helsinn の重要な特許の1つが無効になりました。Helsinn の特許の優先権日より2年前の契約がOn-Saleイベントになってしまいました。実際の契約には発明の詳細は書かれていないものの、契約の存在自体がOn-Saleイベントになってしまい、特許が無効化されました。

“On Sale”とは?

ではどのような行為が“On Sale”イベントになり得るのでしょうか?定義には2つの要素があります。

For an invention to be “on sale,” it must be “the subject of a commercial offer for sale” and be “ready for patenting.”

ここで気をつけたいのが、 “the subject of a commercial offer for sale” と見なされる行為は一般的な考えよりも広いことです。例えば、上記のオファーは受け入れられる必要はありませんし、契約が成立している必要もありません。同様に、“ready for patenting”も、すべての詳細に関して完璧な状態である必要もありません。つまり、場合によっては、1つの試作品、スケッチ、概要の説明などでも上記のOn Saleの条件を満たす可能性があります。

このHelsinn 判決では問題になりませんでしたが、上記のOn Saleの例外である“experimental use” というものもありますが、この例外は事実によって大きく左右されるので、On Saleイベントが発生した際の対策方法として用いるのは難しい面があります。

予期しない”On-Sale”イベントの危険性

秘密の販売や発明の販売オファーのようなものであってもOn-Saleイベントが発生為た場合、アメリカにおける出願猶予であるone-year “grace period” が発動する可能性があります。最初のOn-Saleイベントから1年以内にアメリカで特許出願しないと、特許権を失うことになります。

“On-Sale”イベントの対策方法

Non-disclosure agreement (NDA)のもとで開示された内容は通常アメリカにおける出願猶予であるone-year “grace period” を発動させませんが、今回のような”On-Sale”イベントに対する有効策ではありません。実際に、今回のHelsinn 事件ではNDAのもとで起こったOn-Saleイベントでした。

今回のような”On-Sale”イベントの対策方法は、”On-Sale”イベントが起こる前に出願をすることです。実際に”On-Sale”イベントではないような行動も、後に訴訟を引き起こすきっかけになるかもしてません。また、出願作業を早期におこなうのことで通常よりも費用やリソースがかかるかもしれませんが、そのような追加コストは、訴訟の際のコストとは比較にならないほど安価に済みます。

また、On-Saleイベントは予期しない形で起きる可能性もあるので、何かが起こる前に、事前に専門家であるアメリカの特許弁護士に相談することをおすすめします。

また、今回のような意図しないOn-Saleイベントを避けるため、saleとして扱われないよう、契約をservice agreementのような形にすることも場合によっては可能だと思われます。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Jeff Kuester and Brad Czerwonky. Taylor English Duma LLP(元記事を見る



ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

訴訟
野口 剛史

特許侵害と関連があるだけでは連邦裁判所の管轄外

訴訟の際に判決を下せる管轄(jurisdiction)を調べることはアメリカの現地代理人の仕事ですが、管轄が正しくなければ、弁護士に払うお金と余分な時間がかかってしまうので、訴訟に発展しそうな内容を早期に調べ、適切な管轄を特定することは大切です。

Read More »
money
訴訟
野口 剛史

市場価値全体ルールをベースにした賠償金請求はむずかしい

侵害訴訟に勝利し、合理的なロイヤルティ損害賠償を得られるからといって、むやみやたらに市場価値全体ルールを適用し、高額な賠償金を請求しようとするべきではありません。原則、被告製品の侵害的特徴に起因する損害のみしか追求できないので、複数の部品からなる製品が問題となる場合、関連する特徴を限定してロイヤリティベースを決める必要があります。

Read More »