取締役が知っておきたいIPガバナンス

会社の取締役として、知的財産の扱いを取締役会のアジェンダに加え議論していくことはとても大切です。適切なIPガバナンスをすることによって、自社の知的財産の価値を最大圏に活用することができ、その結果、会社の価値をあげることができます。

知的財産が競争力の源になっていることが多い

多くのビジネスでは、ブランド、のれん、トレードシークレット、特許、ソフトウェア、著作権、製品の特徴的なデザインなど様々な知的財産が競争力の源になっています。このようにビジネスに直接影響を与える知的財産は会社にとって特に重要で、取締役としての役割を果たすためにも、取締役会などでしっかり議論し、適切な運用をおこなうことが求められています。

実際の例

では、実際にIPガバナンスがしっかりできている場合、どのようなことができるのか、いくつかの例を挙げていきます。

IP Due Diligence とM&A 活動

  • 取締役がIPリスクと機会を適切に理解することで、より効果的な合併、買収、売却が行える。
  • IPに通じた取締役がいることで、買収を検討している会社に対して高度なレベルの知財に対する質問ができ、より深い調査と査定が行える。
  • ターゲット候補の知財の強みと弱みを知ることで、適切な価値を査定でき、補償などの交渉もしやすくなる。
  • 適切に運用されている知財をもっていることで、会社の価値を上げられる
  • 取締役が自社の知財の強みと弱みを理解することで、他社が自社の買収を検討するさいに的確な情報を提供できる。

投資家、市場への公開情報

  • 投資家や市場から知的財産の開示義務が求められる場合があるので、その対応をする必要がある。.
  • 自社知財の価値を誇張しすぎると、市場で悪影響をおよぼす可能性がある。知財は適切に価値を見極めることが必要。

企業戦略にあった知財

  • ビジネスの戦略をサポートする知財があることで、会社の業績に貢献できる。
  • 市場で求められている技術を特許化することで、他社による特許訴訟を未然に防ぐことができる。

効果的な知財運用の方法

IP Audit

まず最初にどのような知財がすでに自社にあるのかをチェックしカタログ化していく。専門の担当IP auditを行うことで重要な知財を見える化することが大切。このステップでは知財の特定だけでなく、所有者やライセンス権利なども把握しておくと更にいい。

IP Asset Register

IP auditで特定した知財を社内でレコードする。一覧になった表ができれば、役員が知財運用を取り扱う時にとても便利。

Board Agenda

知財運用の善し悪しによって、ビジネス戦略、市場価値、オペレーションリスクに大きな影響をおよぼしかねないので、取締役会で十分議論することが大切。

IP Policy

知財が取締役会で話されるようになり、役員の知財の理解が深まったところで、会社全体の知財ポリシーを作ることが大切。ポリシーを作ることにより、マネージャーや従業員に求められている知的財産の扱い方を示すことができる。

IP Strategy

ポリシーが完成し、自社の知財の強みと弱みがわかったら、次は知財戦略を考えることができる。戦略は会社のビジネス戦略をサポートするものであることが理想。

IP Expertise

取締役を選ぶ際、知財の知識が豊富な人材を確保しておくことが重要。その人だけに知財を任すことはできないが、そのような人材が取締役にいることで、知財の重要性を他の役員にも認識してもらうことができる。

Risk Committee

もし会社が知財に関する大きなリスクを背負っているということがわかったら、役員はrisk committee を作り、より詳しくそのリスクについて対応していくべき。

まとめ

役員が率先的に知財ガバナンスをすることで、会社に大きく貢献することができます。IP auditに始まる効果的な知財運用方法も紹介したので、これをテンプレートに効果的な知財運用を行っていくことをおすすめします。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Buchanan (元記事を見る

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

statistics-stack-of-documents
商標
野口 剛史

効率化のやりすぎは問題?商標出願の件数が多すぎてUSPTOに業務停止処分を言い渡される

米国特許商標庁(USPTO)は、今年初め、短期間に考えられないほどの大量の商標出願を行ったとしてニューヨークのWeibo Zhang弁護士に対して業務停止処分を下しました。より短時間で質の高い業務をおこなうようにすることは大切ですが、代理人業務を提供し、相談することを怠ったり、無許可の法律業務を支援していたと見なされると問題になるので、業務効率しても弁護士が十分なサービスを提供できる仕組みが大切になってきます。

Read More »
supreme-court
特許出願
野口 剛史

最高裁判決:クレーム範囲と開示内容の差はどこまで許されるのか?抗体に関するクレームの実施可能要件

最高裁判所はAmgen v. Sanofiの訴訟で、実施可能要件(enablement requirement.)に焦点を当てた全会一致の判決を出しました。この訴訟は、LDLコレステロールのレベルを低下させる抗体に関するAmgenの特許に関わるものです。Amgenは、特許クレームは特定の機能を持つ抗体の全範囲をカバーしていると主張しましたが、そのような抗体の特定や抗体を作るための手法の開示は限定的でした。最高裁は、Amgenが十分な有効性を提供せずに広範な抗体のクラスを独占しようとしたと述べ、そのようなクレームは実施可能要件を満たしていないと述べました。しかし、最高裁は、実施可能要件の判断は個別案件で異なることも示しているので、事実背景によって結論が大きく左右される法的問題でもあります。

Read More »