ブランド戦略:6つのポイント

1.ブランドをどのような製品・サービスに使うのか?
今後2年から3年の間に発売する予定の製品・サービスを考えてみましょう。商標の登録には時間がかかる場合もあるので、そのくらいのスパンで考えておくといいでしょう。商標出願時に、実際のブランドを商用的に使用している必要はなく、将来的に使う意思があれば十分です。一般的に、商標権は出願時に示した対象商品やサービスに関わるものに限定されます。

2.どこで製品やサービスを販売するのか(日本のみ、アメリカ、世界中)?
ほとんどの国は先願主義(つまり、商標権が使用ではく、登録と共に発生する)です。つまり、商標出願はなるべく早く、また、頻繁におこなうことが大切です。また予算があれば事業をする他の国でも出願をすることをおすすめします。

3.考えている商標は製品やサービスの機能を表したもの、もしくは、業界用語だった場合
そのような場合、商標の登録や保護が難しくなる場合があります。逆にユニークなブランド名は登録されやすい傾向にあります。

4.他社が似たものに対して自分が考えている商標を使っているか?
商標を出願する前に他社が関連する商品やサービスに対して出願予定の商標に似た名称をつけていないかなどは事前に調べておく必要があります。自分でウェブや特許庁のデータベース検索などで調べることもできますが、商標を専門にした弁護士などに調査を依頼することもできます。特に後でブランド名を変更できないようなものに対しては事前調査は大切です。

5.ドメイン名やソーシャルメディアでの名前の確保
関連するドメイン名を登録したり、各ソーシャルメディアでの商標名の登録も大切です。

6.商標シンボルの使い方
どのように、どこにTMや(R)などの商標シンボル((R) は登録商標のみ)を使うかについてはある程度の柔軟性がありますが、最低でも1つは目立つところに表示した方がいいでしょう。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Mark Jansen. Fenwick & West LLP(元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

stop-estoppel
訴訟
野口 剛史

COVID-19により訴訟の一時停止が正当化される

特許訴訟は長期化する傾向にありますが、それでも迅速な裁判手続きが求められます。今回の判例の焦点は、特許訴訟でよくあるIPRの結果が出るまで訴訟を一時停止するのか、それとも平行して進めていくのかという問題です。今回の判決の興味深い点が、その判断にCOVID-19の影響が考慮されたところです。

Read More »
商標
野口 剛史

知財Due Diligenceのポイント(商標編)

企業を買収する際にはDue Diligenceが行われます。買収する企業に特許、商標、企業機密などの知的財産がある場合、そのような知財に対してもDue Diligenceを行う必要があります。今回は、商標に注目して商標のDue Diligenceを行うときのポイントをいくつか紹介します。

Read More »