AIはどのように特許実務に変革を起こすのか?

特許実務におけるAIの統合は、効率性と洞察力の向上という大きな可能性を秘めています。しかし、AIが特許実務に本当の革命をもたらすためには、何が必要なのでしょうか?それはズバリ、記憶力、正確性、リアルタイム性の強化です。AIを用い、それらを次のレベルにまで昇華することで、新たな価値を生み出すことができると考えます。この記事では、AIが知財実務の未来をどのように形作るかについて、深く探求します。

社内・所内におけるデータの活用

新入社員のように、現在のAIモデルは各案件を白紙の状態から始めます。しかし、過去の仕事からディープラーニングを可能にすることで、AIアソシエイトは長年の経験を反映した出願を考慮した上で新規の明細書を作成することができます。弁護士の明細書作成の慣習を学習することができるClaudeのようなツールを使えば、AIはあなたの独特のスタイルを身につけ、驚くほどオーダーメイドのアウトプットを生み出すことができるかもしれません。

より説得力の高い主張を作り出す

さらに、事実の確認と判例法のニュアンスの理解を向上させれば、誤った引用や誤った特許性意見を最小限に抑えることができます。現在のところ、AIアソシエイトは脆弱な記憶で動いています。しかし、関連する判例や法理論の記憶力を高めることで、分析がより鮮明になります。

リアルタイム検索

事前に訓練された知識からリアルタイムのインターネット検索に移行することで、AIの能力はさらに向上するでしょう。事前にインジェストされたデータだけに頼るのではなく、問題が発生したときに動的にウェブを検索する権限を与えられたAIは、最新の判例法および先行技術の全領域から情報を得て、その場でガイダンスを提供することができるようになることでしょう。

AIアソシエイツを特許業務に組み込むためのガイド

人工知能で可能なことを想像するだけでなく、特許実務担当者が実際にAIを日々のワークフローに組み込むにはどうすればよいのでしょうか?

Claudeや他のモデルの広範なテストに基づいた知見により、ベストプラクティスを導き出しました。AIは効率性と洞察力において非常に貴重であることが証明されていますが、採用する場合、慎重な検討をすることが重要です。

以下のヒントに従って、新しいAIアソシエイトをスムーズに迎え入れましょう。

正しいスタートを切る

まず、AIプラットフォームを賢く選択しましょう。

例えば、100,000トークンを取り込み、ネイティブファイルをアップロードできるClaudeは、複雑な特許案件を取り扱う上でいい候補になるでしょう。次に、Claudeに出願人のポートフォリオや事務所内の明細書作成規則などの重要な背景を提供し、パーソナライズされたブランド通りのガイダンスを可能にします。

前もって明確な期待値を持っておく

クリエイティブな戦略におけるAIツールの限界を考慮し、文書を分析し、参考文献を探し、主張や主張のドラフトを準備する役割について、前もって期待値を設定しておきましょう。生成AIをベテランパートナーではなく、才能あるジュニアアソシエイトと考えるような感覚でいましょう。言い換えれば、有望な弟子をガイドしていく、そのような認識でいましょう。そのためには、仕事の成果を確認しながら、十分なフィードバックを提供する必要があります。

最適なアウトプットのための分割作業

ジェネレーティブ・ライティングの能力には限界があるため、アウトラインを活用し、タスクを分割することで、生成AIは説得力のある包括的なアウトプットを出すことができます。例えば、Claudeにまず分析のアウトラインを提供させ、次にセクションごとに詳細な主張を起草させてみる。クレームに関しては反復的に取り組む。このように作業を適切に細分化することで、最高の最終成果物を生み出すことができます。

人間との連携を忘れない

他のアソシエイトと同様、AIアソシエイトも各フェーズで弁護士が密接に関与し、ハイレベルなガイダンスを提供し、積極的にリスクを特定する必要があります。Claudeのような生成AIツールは個別のタスクをうまく管理することはできますが、ベテランの弁護士のような問題を点と点で結びつけ、全体的な戦略を模索することはできません。そのため、人間を監督の中心に据えておくことを忘れないでください。

法律実務は次の時代へ

まとめると、ベテラン弁護士の組織的知識とリアルタイムのウェブ知識をAIに統合することは、計り知れない可能性を引き出すことが可能になるでしょうが、そのようなことを実現するには思慮深い採用とオープンなコミュニケーションへのコミットメントも要求されます。そのような強化されたAIは、将来的に、個人の強みを増幅させる信頼できるアドバイザーとしての役割を果たしていくことでしょう。今後、AIアソシエイトを慎重に採用する弁護士は、質を落とすことなく、莫大な効率性の向上を行うことができ、報われることでしょう。

参考記事:The Next Frontier: How AI Can Evolve to Transform a Patent Practice | Quinn IP Law

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

display-with-code
特許出願
野口 剛史

ブロックチェーン技術関連特許の動向

今注目を集めているブロックチェーン技術ですが、そのブロックチェーン技術に関連した出願も増えてきています。Thomson Reutersのレポートによると、2017年ブロックチェーン技術に関して出願された特許406件のうち、半数以上を占める225件 (55.4%) は中国から出願されていて、91件 (22.4%)はアメリカから出願されていました。

Read More »
AI
野口 剛史

ジェネレーティブAIに用いられる入力データに関する著作権問題

人工知能(AI)は、アートワークの制作、ソフトウェアの開発、文章の執筆の方法を大きく変えることが期待されている技術です。この大きな変化は、これらの作品の知的財産権保護、特に著作権保護をめぐる多くの新しい法的問題をもたらします。新たな法的問題の分析は、ジェネレーティブAIシステムの2つの重要な要素、すなわち入力データと出力データとの関連で理解することができます。そこで今回は、1つ目の「入力データ」について著作権の観点から考察していきます。

Read More »
訴訟
野口 剛史

データ隠滅の罰則を受けないための電子情報の扱い方

電子データ( electronically stored evidence (ESI))の保存は企業機密訴訟において重要な役割を持ちます。しかし、アメリカの訴訟時のディスカバリーの際に正しく電子情報の取り扱いを行わないと、データ隠滅と見なされ、罰則を受けてしまう可能性があります。今回はそのようにならないための3つのポイントを解説します。

Read More »