AI関連の発明を特許化する上で頭に入れたい3つのポイント

AIはまさに時代を大きく変える可能性を秘めています。今まさにAI時代を担う企業が多くの取り組みを行い、それに伴い大量のAI関連特許が出願されています。しかし、それらの特許は本当に価値のあるものなのでしょうか?特許とテクノロジー企業の勝ち負けには強い相関関係があるとされています。そうであれば、AI時代に勝ち組になるために、企業はAI発明においてどのような取り組みの元、特許を取得すればいいのでしょうか?今回は戦略面における3つのポイントを紹介します。

ーーー

特許は、AI革命において重要な役割を果たす可能性があります。今のAI時代の入り口のような時代が、テクノロジーの歴史において最も革新的な時期のひとつと後世で認識される可能性が高いです。このような歴史上重要なタイミングにおいて、AI革命で誰が勝ち、誰が負けるかを予測するには、歴史を振り返ることが有効な場合があります。

電信、電話、写真、映画、マイクロチップ、コンピュータ、電気通信など、特許と勝者・敗者の間にはしばしば強い相関関係がありました。

有名な2人の競争相手の例を挙げよう。ポラロイド社の創始者であり、最初のインスタントカメラを発明したエドウィン・ランドは、当初イーストマン・コダック社から薬品を購入していました。

コダックはランドがその化学薬品を使って何をしているかを知ると、ランドのインスタントフィルム技術を使用するライセンスを要求しました。しかし、ランドはこれを拒否し、化学薬品を製造する自社施設を建設し、1972年にポラロイドのインスタントカメラを発表しました。

ポラロイドは戦略的にその技術で特許を取得し、コダックが独自のインスタントカメラを発表すると、ポラロイドは特許侵害で訴え、1980年代に10億ドル以上を勝ち取り、コダックのインスタントカメラ事業の閉鎖をもたらしました。

皮肉なことに、コダックは戦略的特許の重要性を学ぶことができませんでした。コダックはデジタル写真の初期の発明者でありながら、その技術を戦略的に特許化することができなかったのです。コダックはデジタル写真をいち早く発明したのに、戦略的な特許を取れなかった。戦略的な特許を取らなかったことで、コダックは他社が市場を支配する隙を大きく広げてしまったのです。

洗練された企業は、特許と成功の相関関係を認識しています。最近、アップルはVison Proというヘッドセットを発表しましたが、アップルはこの技術に関して約5,000件の特許を出願していると言われています。

これほど多くの特許を出願できる企業はほとんどありません。しかし、以下の3つの重要な原則を意識しながら出願戦略を行うことで、はるかに少ない特許で企業の評価を大幅に高めることができます。

1. AI特許はすべて同じではないことを認識する

特許は商品ではありません。

価値のない特許を何百も持つ企業もあれば、数十億の価値がある比較的小さなポートフォリオを持つ企業もあります。なぜグーグルは、当時50件にも満たない特許しか所有していなかったサーモスタット企業ネストに32億ドルを支払ったのでしょうか?

業界アナリストは、ネストの比較的小規模だが価値の高い特許ポートフォリオが買収の原動力になったと指摘しています。

サーモスタットは各家庭の中心的な設備であり、ネストはサーモスタットからデータを取得する方法を戦略的に保護することで、他社が入手できない貴重な洞察を得られることに気づきました。これらの洞察は、ビッグデータ企業にとって非常に価値のあるものだとネストは正しく推測したのです。

ネストはどう違ったのか?それは、技術的な観点ではなく、ビジネス的な観点から特許に取り組んだことです。多くの企業のように単に技術的な詳細を保護するのではなく、ビジネス価値を特許に融合させる方法を理解している戦略的特許思想家と協力したのです。

ネストはまた、訴訟の観点から特許を書きました。そうすることで、ポートフォリオを調査する洗練された競合他社は、特許が紙切れではないことを認識しました。特許の開発プロセスに特許訴訟の担当者を関与させない企業は、なかなか競合他社の訴訟担当者が脅威に感じるような特許を取得することができません。そして、特許の分野では、競合他社を脅かさない特許は事実上無価値です。

2. 技術的なAI特許よりも概念的なAI特許を開発する

ほとんどの企業は、技術特許に集中するという間違いを犯し、競合他社が異なる技術的ソリューションを提供することで競争する余地を残しています。これは、特許において最もよくある過ちであり、技術に重点を置く発明者が、何を特許にするかを決定してしまうことに原因があります。特許取得のプロセスにビジネスパーソンや特許ストラテジストを参加させることで、特許は企業のビジネス目標を達成するためのツールとして価値を発揮することができます。

AIの分野では、発明者はAIモデルをトレーニングする新しい方法や、独自の組み込みアルゴリズムに注目しがちかもしれません。このようなタイプの技術的解決策は、特許になる可能性はありますが、価値がない可能性も高いです。特許に価値があるためには、特許権者は競合他社が特許発明を使用しているかどうかを知ることができなければなりません。

しかし、競合他社がどのようにAIモデルをトレーニングしているのか、あるいは競合他社が裏でどのようなアルゴリズムを使っているのか、どうやって知ることができるだろうか?対照的に、競合他社が使用するインプットと、競合他社が得るアウトプットを知っていることはよくあります。AIのイノベーションの多くは、以前は結果を予測するために使用できなかったセンサー入力間の相関関係を、AIを使用することで予測可能にすることにあるります。この概念的なレベル、つまり「何が起こるか」と「どのように起こるか」に焦点を合わせることで、価値ある概念的特許を取得することができるのです。

3. AI特許はお金に従うべき

特許の強さを自慢するビジネスパーソンは、特許を強くするために何が必要かをほとんど理解していないことが多いです。このようなビジネスパーソンは、特許事務所の名前や特許明細書を作成する代理人の技術的な洞察力を証拠として挙げることが多いですが、特許自体が競合他社をどのようにブロックし、価値を生み出すのかを明確に説明できる人はほとんどいません。

競合他社をブロックするためには、特許ポートフォリオが競合他社に収益源の一つを奪われるのを防がなければなりません。

したがって、基本的な問題として、企業はこのような質問を常に自問する必要があります: このAIイノベーションはどのように収益を増加させるのか、そして、競合他社はその潜在的な収益を奪うために何をする必要があるのか。

これらの質問に対する答えは、特許取得の強力な指針となりえます。競合他社が「X」をしなければ競合するAIソリューションを提供できないことを認識すれば、「X」の特許を取得し、他社を市場から排除することができるかもしれません。

価値のあるAI特許ポートフォリオを持つ会社になるために

ポラロイドの例が単一産業の単一分野に関わるものであったのとは異なり、AIはあらゆる産業のあらゆる分野に関わるものです。つまり、AI革命には多くの勝者が存在し、各産業の各分野で企業が優位に立つ余地があるということです。勝者となるのは、法廷闘争に耐え、競合他社が収益源を奪うのを阻止するために、ビジネスの観点から設計された、思慮深く戦略的な特許ポートフォリオを開発する企業です。

参考記事:3 Smart Ways to Patent Artificial Intelligence

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

企業機密
野口 剛史

企業秘密の保護を目指した新法は問題だらけ?

超党派の「米国知的財産保護法案」(The Protecting American Intellectual Property Act)が米国上院と下院で可決され、バイデン大統領に送られ、署名されました。この法案は、知的財産の保護をうたっていますが、その目的は企業秘密の保護です。しかし、審議に時間を書けられなかったのか、問題のある法案のようです。

Read More »