AIと著作権の将来

AIが日々進化する中、AIと著作権の問題に注目が集まってきています。AIやAIが作り出す創作的な作品とそれに関わる著作権を守っていくにはどのようにしていけばいいのでしょうか?

  • AIシステムのソフトウェアコードを自社で所有している必要がある。また、そのソフトがthe US Copyright Officeで登録されていること。可能であれば、ソースコードやAIのアルゴリズムを企業機密として扱う。このような知財の保護は知財弁護士とともに行う。
  • 著作権で保護されている作品を使ってAIを教育する侵害リスクをなるべく早めに見極める必要がある。著作権法の改定で、日本はこの点において優れていて、machine learning databasesを作るのに向いている。
  • 会社がAIのアウトプットに関する所有権を主張する場合、人間の従業員(または、雇われて必要な権利を譲渡してるコントラクター)が創造のプロセスに関わっていることが大切。このような人の介入があることで、著作権出願の特に、人間を「著者」として特定できる。
  • 機械の性能が向上することで、創作的な作品の精度もよくなってくることが予想されます。そのため、徐々に人が創作した作品とAIが創作した作品の境目が不透明になってきます。そのため、議会がAIアウトプットの著作権やFair useなどについての法改正をすることが予想される。
  • 権利行使はアメリカ以外で行うことがいいかもしれない。法整備ができている国で権利行使を行えば国際的な和解を成立させることができるかも。
  • 人工的に作られたメディアが多くなり、それが広く拡散される。害を及ぼすようなdeepfake(演説している人の口だけを変えて全く違うことを言っているようにするなど)はFBIにレポートする必要がある。このような悪質なdeepfakeは刑法で取締が行われる可能性がある。今後はこのような面でも法改正が期待される。
  • AIが開発するコンテンツが、知財、経済、ソーシャル、国防などさまざまな面で影響を及ぼすことが予想される。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Ron N. Dreben. Morgan Lewis & Bockius LLP (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

契約
野口 剛史

知財が関わる買収と競争当局の関係

ある一定の条件を満たす知財権の買収は一部のM&Aと同じように競争当局への報告義務があります。アメリカでは競争当局としてFTCとDOJがありますが、両当局とも、M&Aに適用される同じ法律の下、知財権の関わる買収も取り扱います。

Read More »
chess-strategy
特許出願
野口 剛史

審査官の評価システムを考慮した出願戦略(仮定と有効な特許の作成方法)

審査官は生産性と質の面で評価され、その評価は担当する特許案件の権利化にも影響を与えています。今回は、前編として、審査官の評価システムを理解した上で、審査官評価システムを実務に応用する際の仮定と、審査官の審査基準やバイアスに依存しない、有効な特許を作る方法を考えていきます。

Read More »