IPR手続の費用は特許法 285 条の合理的な弁護士費用として回収できるのか?CAFC判決 Dragon Intellectual Property LLC v. DISH Network L.L.C.の考察

IPR手続の費用は特許法 285 条の合理的な弁護士費用として回収できるのか?CAFC判決 Dragon Intellectual Property LLC v. DISH Network L.L.C.の考察 - 画像

Dragon Intellectual Property LLC v. DISH Network L.L.C.事件における連邦巡回区控訴裁判所 (CAFC) の判決により、当事者が任意に申し立てたInter Partes Review (IPR) 手続の費用は特許法285条に基づく弁護士費用として回収できないこと、また同条に基づく費用回収において訴訟代理人の連帯責任は認められないことが明らかになりました。本稿では、この画期的な判決の内容を詳細に分析し、特許訴訟の当事者と訴訟代理人の実務に与える影響について考察します。IPR申立ての費用対効果や訴訟戦略における留意点、さらには訴訟代理人の行為規整の在り方など、本判決から読み取れる重要な示唆を丁寧に解説します。特許実務に携わる弁護士、弁理士、企業の知的財産部門の方々には必読の内容です。

少数株主は商標登録取消申請を行うことができない

商標登録取消申請における少数株主の原告適格について解説

本記事では、連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)が下したLuca McDermott Catena Gift Trust v. Fructuoso-Hobbs SL事件の判決を題材に、商標法(ランハム法)に基づく商標登録取消申請における少数株主の原告適格について解説します。本件は、著名なワインメーカーの氏名を冠した複数の会社が関与する複雑な事案であり、少数株主の立場から商標権を守ることの難しさを浮き彫りにしています。CAFCの判決は、少数株主の原告適格を否定しただけでなく、著名人の氏名を冠した会社への投資リスクや商標登録の限界についても重要な示唆を与えています。本記事を通じて、商標法における少数株主の権利行使の留意点や、Article III standingとランハム法上の原告適格の相違について理解を深めていただければ幸いです。