生成AI時代における営業秘密の保護: リスクとその対策

Protecting Sales Secrets in the Era of Generative AI: Risks and Countermeasures

生成AIの台頭により、企業は営業秘密の保護に新たな課題を抱えています。本記事では、生成AIの潜在的なメリットと、それが営業秘密にもたらすリスクについて詳しく解説します。従業員が機密情報を入力してしまう可能性や、情報漏洩のリスクなどを具体的に説明し、企業がこれらのリスクに対処するための様々な対策を提案します。技術的・物理的な対策、契約上の対策、人的な対策を組み合わせた総合的なリスクマネジメントの重要性を強調しつつ、生成AIの恩恵を最大限に活用しながら営業秘密を確実に保護するための戦略を探ります。生成AIの時代において、企業が競争力を維持するために不可欠な知識をお届けします。

生成AIを使ってアメリカのOA対応はできるか? 〜2. 理解編〜

Generating AI used to verify if OA responses in the U.S. can be done.

アメリカの特許出願におけるオフィスアクション(OA)対応に生成AIを活用できるかどうかを検証する記事のパート2です。特許出願の拒絶理由通知を読み解くのに、生成AIを活用する方法を実践的に検証します。具体的には、英語の拒絶理由を生成AIに日本語で解説させ、クレームと引用文献を比較し、組み合わせの妥当性まで考察しています。知財担当者の視点から、生成AIを使った効率的なオフィスアクション対応の可能性を探りし、生成AIにできること、人間にしかできないことを整理しながら、英語の壁を越えて特許の中身を理解するプロセスを紹介します。

特許訴訟はいつ確定するのか:並行する特許無効審決のタイミングとその影響

最新のCAFC判決に関する徹底解説。Packet Intelligence LLC v. NetScout Systems, Inc.事件。PTABによる特許無効審決が地裁訴訟に与える影響や、特許訴訟の最終確定に至るまでの重要な判断基準について詳述。特許権者と被疑侵害者にとって必見の戦略的考察。特許訴訟が進展するかを理解、特許戦略を最適化。

特許訴訟の確定性に関する最新のCAFC判決を徹底解説しました。Packet Intelligence LLC v. NetScout Systems, Inc.事件を通じて、PTABによる特許無効審決が地裁訴訟に与える影響や、特許訴訟の最終確定に至るまでの重要な判断基準について詳述。特許権者と被疑侵害者にとって必見の戦略的考察が満載です。全ての争点が解決するまで特許訴訟がどのように進展するかを理解し、特許戦略を最適化するヒントを教えます。