AIと商標の関係:生成AIがもたらす商標実務の変化と注意点

AIの急速な発展により、商標実務にも大きな変化が訪れています。特に注目されているのが、生成AIの活用です。本記事では、ブランドネーミング、商標検索、侵害の特定といった場面で、生成AIがどのように活用されているのかを詳しく解説。さらに、生成AIを導入する際の注意点として、データセキュリティとプライバシー、著作権の複雑さ、法的・倫理的な考慮事項を取り上げ、弁理士・知財担当者が知っておくべきポイントを明らかにします。生成AIは商標実務に大きな可能性をもたらす一方で、新たな課題も生み出します。

AIの急速な発展により、商標実務にも大きな変化が訪れています。特に注目されているのが、生成AIの活用です。本記事では、ブランドネーミング、商標検索、侵害の特定といった場面で、生成AIがどのように活用されているのかを詳しく解説。さらに、生成AIを導入する際の注意点として、データセキュリティとプライバシー、著作権の複雑さ、法的・倫理的な考慮事項を取り上げ、弁理士・知財担当者が知っておくべきポイントを明らかにします。生成AIは商標実務に大きな可能性をもたらす一方で、新たな課題も生み出します。本記事を通じて、生成AIの力を最大限に活用しながら、これらの課題にどう対応すべきかを学びましょう。

図面がクレームの制限を示唆する条件

図面がクレームの制限を示唆する条件。

特許図面が単独でクレーム限定事項を開示しているか否かは、図面が “clear on its face” にクレーム限定事項を開示しているかで判断されます。一般的に、特許図面は、明細書が寸法について完全に沈黙している場合、正確な比率を定義せず、特定の大きさを示すために用いることはできないと理解されていますが、今回のMAHLE Behr Charleston Inc. v. Catalano事件におけるDirector Reviewは、その一般的な理解が特定の条件下では誤解を生むことが指摘されています。そこで、本記事では、このDirector Reviewにおける判断内容を詳しく分析し、特許図面の解釈における実務上の留意点を説明します。

自明性分析ではクレームされていない限定を考慮せず、分析の柔軟性を考慮する

JANSSEN v. TEVA判決の重要性と自明性分析の柔軟性

JANSSEN v. TEVA判決は、クレーム解釈における「クレームされていない限定事項」の危険性と、先行技術の組み合わせの可能性を柔軟に評価することの重要性を示しました。本判決は、自明性分析におけるCAFCの考え方を改めて提示するものであり、投薬方法特許のみならず、特許法全般に影響を与えうる判決です。本記事では、JANSSEN v. TEVA判決の概要を説明し、本判決が示した自明性分析のポイントを、クレーム解釈と先行技術の組み合わせの観点から解説します。さらに、本判決から得られる教訓を特許出願実務に活かすための留意点について考察します。特許実務に携わる知財担当者や、投与方法特許を保有する製薬企業の方々には、ぜひ本記事をご一読いただき、自明性分析の最新動向を把握していただければ幸いです。

知財実務におけるAIの責任ある活用:USPTOがAI活用に関するガイダンスを発表

USPTO guidance on responsible use of AI tools in intellectual property practice, including existing rules, relationship with AI, key points for practitioners, and considerations for responsible AI use in IP practice.

米国特許商標庁(USPTO)が、AI時代の知財実務におけるAIツールの責任ある活用に関するガイダンスを発表しました。本記事では、USPTOが示した6つの既存ルールとAI活用の関係性、知財実務家が留意すべき4つのポイント、AIの責任ある活用に向けた知財実務家の心構えについて詳しく解説します。さらに、AI導入のための具体的なアクションとして、所内ガイドラインの整備と専門家との連携の重要性についても提言しています。急速に発展するAI技術を知財実務に取り入れる際の課題と対策を知る上で必読の記事です。