2018年、知財管理トレンド調査

Clarivate Analytics社が知財管理のトレンドを調査し、それをまとめたレポートを公開しています。すでに、このレポートの一部についてはまとめ記事を書きましたが、他にも特徴的な部分があるので、簡単に見ていきたいと思います。また、詳しくは、このリンクから必要事項を記入すれば、無料でレポートの全容が見れます。

知財管理の課題

半数以上の会社や組織でR&Dへの投資が上昇。半数以上の会社や組織で過去3年間の間に特許出願が増加。このような環境の中で、 コスト削減、効率化、作業にともなうリスクの削減が求められていて、大きな課題になっている。

しかし、知財管理には専門に特化した優秀な人材が必要なため、そのようなニーズを満たす人材を十分確保することが難しいという問題がある。

知財部が目指す3つの目標

知財管理は、投資ではなく、コストとして扱われることが多いため、予算は厳しく見られるところが多い。その中で、以下の3つの目標がアンケートでトップ3にランクイン。

1. ビジネスと知財戦略の調和

2. 知財管理コストの削減

3. クライアントや関係者へのサービスレベルの向上

詳細はClarivate Analytics社のレポートを参照してください。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Clarivate Analytics(元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

money
訴訟
野口 剛史

アメリカにおける第三者による訴訟資金提供の実態

訴訟が頻繁に起こるアメリカでも5年前までは第三者による訴訟資金提供は滅多にありませんでした。しかし、近年この市場が急速に拡大し、数億ドル(100s M)規模の市場になっており、契約違反、独禁法違反、知財訴訟などに資金を提供するファンドへの投資が増えてきています。

Read More »
Do-not-enter-sign
再審査
野口 剛史

PTABがCAFCに上訴中のケースに関わるIPRを却下

PTAB は、Comtech Mobile Datacom Corp v. Vehicle IP, LLC, Case IPR2018-00531, Paper 9 (PTAB July 20, 2018)において、 CAFC に上訴中ケースにおけるクレーム解釈によって特許の有効性が大きく変わるとして、 PTAB に与えられている裁量権を使い IPR 手続きを却下しました。

Read More »