2018年、知財管理トレンド調査

Clarivate Analytics社が知財管理のトレンドを調査し、それをまとめたレポートを公開しています。すでに、このレポートの一部についてはまとめ記事を書きましたが、他にも特徴的な部分があるので、簡単に見ていきたいと思います。また、詳しくは、このリンクから必要事項を記入すれば、無料でレポートの全容が見れます。

知財管理の課題

半数以上の会社や組織でR&Dへの投資が上昇。半数以上の会社や組織で過去3年間の間に特許出願が増加。このような環境の中で、 コスト削減、効率化、作業にともなうリスクの削減が求められていて、大きな課題になっている。

しかし、知財管理には専門に特化した優秀な人材が必要なため、そのようなニーズを満たす人材を十分確保することが難しいという問題がある。

知財部が目指す3つの目標

知財管理は、投資ではなく、コストとして扱われることが多いため、予算は厳しく見られるところが多い。その中で、以下の3つの目標がアンケートでトップ3にランクイン。

1. ビジネスと知財戦略の調和

2. 知財管理コストの削減

3. クライアントや関係者へのサービスレベルの向上

詳細はClarivate Analytics社のレポートを参照してください。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Clarivate Analytics(元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

statistics-stack-of-documents
再審査
野口 剛史

CAFCがPTAB判事は憲法違反だと判決

今回紹介する判例の影響で、今現在PTABでの最終判決が出ていて、CAFCに控訴中の案件は、PTABにおける最終判決が破棄される可能性があります。また現在PTABで争われているIPRやCBMにも影響があるかも知れません。

Read More »
特許出願
野口 剛史

Relevant Prior Art Initiativeによる一部IDS提出義務の軽減化

USPTO では、Access to Relevant Prior Art Initiative (“RPA Initiative”) という特許出願の審査に必要な先行例文献などの情報を自動的に審査官に提供する仕組みを11月1日から試験的に一部のArt Unitsで導入します。この取り組みにより、continuing application に対する特許出願人の一部IDS義務が緩和されます。

Read More »
binders-filings-data-record
再審査
野口 剛史

IPR、CBM、PGR統計データ:2021年4月と5月

PTABでおこなわれているIPR、CBM、PGRに関する4月と5月の統計データをまとめた情報です。特に大きな変化はありませんが、統計的なデータが頭に入っていると役に立つと思うので紹介します。

Read More »