トレードドレスは登録前でも保護対象に

登録されたトレードドレスには、登録日以降、二次的な意味(secondary meaning)が備わっていると仮定されます。それにより商標権上の保護が得られるのですが、登録日以前のものでも二次的な意味が証明できれば、商標権上の保護が受けられる場合があります。

ファッションなど外見が重要な商品にはトレードドレスの保護が有効な場合があります。見た目が重要な商品を販売している場合、ここで紹介する CAFC の判例を元に登録前でもトレードドレスによる保護が受けられるか検討してみてください。

背景

靴などのファッションを扱っているコンバースが主力製品の1つである All Star shoes に関するトレードドレスの権利行使を ITC でおこないました。コンバースはトレードドレスで保護されている特徴を1932年から自社製品に使っていましたが、実際にトレードドレスを登録したのは2013年になってからでした。

ITCにおいて、コンバースは連邦商標とコモン・ローにおける保護の両方を主張し、侵害品の輸入規制を求めました。しかし、ITC は最終的に対象となっているトレードドレスは二次的な意味を得ていなかったとして、商標(トレードドレス)を無効にしました。

CAFCにおける判決

しかし、今回 CONVERSE, INC. v. ITC において、CAFC はコンバースのトレードドレスは二次的な意味を得ていなかったという ITC の判決を棄却しました。CAFC は商品のでデザインに関するトレードドレスは本質的に独特である(inherently distinctive)という扱いを受けることはないが、登録以前でも二次的な意味を得る場合があるとしました。つまり、登録前でも二次的な意味をすでに得ていたと証明できれば、登録前のトレードドレスでも商標の保護対象になるとしました。

またCAFCは、登録以前の侵害については、申立人が侵害が疑われる会社が侵害行為を始める前に、未登録のトレードドレスに二次的な意味が備わっていたことを証明する必要があるとしました。しかし、登録後に始まった侵害行為に対しては、すでに登録済みのトレードドレスには二次的な意味が備わっていると仮定される(presumption of secondary meaning)ため、登録後の侵害行為に対対する権利行使には二次的な意味の証明は不要としました。

つまり、トレードドレス登録後に始まった侵害行為の場合、二次的な意味の立証は不要ですが、登録以前の侵害行為に対しては、侵害行為が始まるまえに二次的な意味がすでに備わっていたことを証明しなければなりません。

CAFC は、未登録時点でのトレードドレスが二次的な意味を得ていたかを判断するために、以下6つの要点を用いるテストを示しました。

  1. 実際の購入者によるトレードドレスと生産者の関連性の度合い(これは主にアンケート調査を用いて示します。)(association of the trade dress with a particular source by actual purchasers (typically measured by customer surveys))
  2. 使用期間、頻度、排他性(length, degree, and exclusivity of use)
  3. 宣伝の量と方法(amount and manner of advertising)
  4. 売り上げと顧客数(amount of sales and number of customers)
  5. 故意の模倣(intentional copying)
  6. トレードマークを有した製品のメディアの関心(unsolicited media coverage of the product embodying the mark)

また、要点2の使用期間、頻度、排他性に関しては、最初の侵害行為があった時から5年前までの期間におけるトレードドレス所有者と第三者の活動状況が最も重要だとしました。

CAFC は、この案件を ITC に差し戻し、この6つの要素を用いてコンバースのトレードドレスに二次的な意味(secondary meaning)が備わっていたを判断するよう命じました。

この案件は珍しい商標(トレードドレス)の侵害による ITC 調査の上訴です。トレードドレスは商標の業界ではホットな話題なので、差し戻された ITC で
この CAFC によるテストがどのように適用されるのか見どころです。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:   Mark Kachner and Shuchen Gong. Knobbe Martens  (元記事を見る

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

chess-strategy
特許出願
野口 剛史

審査官の評価システムを考慮した出願戦略(仮定と有効な特許の作成方法)

審査官は生産性と質の面で評価され、その評価は担当する特許案件の権利化にも影響を与えています。今回は、前編として、審査官の評価システムを理解した上で、審査官評価システムを実務に応用する際の仮定と、審査官の審査基準やバイアスに依存しない、有効な特許を作る方法を考えていきます。

Read More »
商標
野口 剛史

USPTOが2022年1月から商標出願人向けの新たなID確認プログラムを開始

2022年度から2021年11月末まで(2021年10月1日から2021年11月30日まで)の付与後願書(post-grant petitions)の institution率は66%(Institution許可138件、却下71件)であり、前年度の59%から大きく低下しています。特許庁によると、申立ごとではなく特許異議申立ごとで見ると、これまでの2022年度の institution率は69%(Institution許可135件、却下60件)でした。直近8月の申立単位でのは institution率は80%(Institution許可70件、却下17件)。

Read More »