アメリカ法務省が中国による企業機密搾取取り締まり強化を発表

中国による経済スパイの急増を重く見て、アメリカ法務省(Department of Justice)は中国による企業機密搾取に対する取り締まり強化を発表しました。

この活動は、法務省のNational Security Divisionを管轄していて、FBIの上級幹部でもあるAssistant Attorney General John Demersが担当することになります。

この活動の目的は、企業機密搾取の実態の把握、調査におけるリソースの補充、タイムリーな問題の解決ですが、アメリカの思惑に反して中国に機密情報を漏洩する関係者への取り締まり強化も大きな目的の1つです。

法務省は、現在中国政府に恩恵をもたらす企業機密搾取案件を5つ抱えていて、それとは別に、中国の国有企業による経済スパイに対する告発もおこなったと発表しました。また、法務省は、経済スパイなどの企業機密搾取に対する刑事告発を積極的に行い、アメリカ国外に逃亡した犯人もアメリカに送還して告発するという強い姿勢を示しました。

アメリカが重視している技術に携わっている中国企業や中国人は今後アメリカ政府による企業機密搾取取り締まりの対象にならないように注意するべきです。企業機密搾取の疑いをかけられてしまうと、民事、刑事における責任を問われる可能性があります。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Steven Grimes and Kristen L. Jackson.  Winston & Strawn LLP  (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

contract-signing
契約
野口 剛史

知財保証と知財免責

知財に関わる契約が交わされるときによく問題になるのが、知財保証(IP warranty)と知財免責(IP indemnification)です。一見似たような項目に見えますが、大きな違いがあります。また、両方共、文言の多少の違いが当事者に大きな影響を及ぼしかねないものなので、契約交渉の際には注意が必要です。

Read More »
laptop-typing
訴訟
野口 剛史

バーチャル特許番号表記の基本

特許番号表示(Patent marking)は大切で、表示を怠ると特許訴訟の際の損害賠償が減ってしまう可能性がある。AIAまでは物理的な特許番号表示しかできなかったが、特許法の改正で、バーチャル特許番号を表示できるようになった。今回はその基本を説明する。

Read More »
track-start-line
特許出願
野口 剛史

生命科学の発明を特許出願する前に公開してもいいのか?

生命科学の分野では特に、なるべく早く発明を発表し、発見を公開する傾向があります。しかし、学術的に一番いい方法が必ずしもビジネスにおいて最適だとは限りません。ほとんどの国では、特許出願の前に発明を公開してしまうと、特許が取得できなくなってしまいます。つまり、アカデミアの意識のままの発明者がいると、雇っている会社にとって大きな打撃になってしまう可能性がります。

Read More »