YouTubeが著作権侵害対策の課題

Googleが提供する動画プラットフォーム「YouTube」の著作権侵害に対する不満は、ここ数年、高まっています。特に、YouTubeの著作権侵害のプロセスで十分な検証が行われなかったり、著作権侵害の申し立てを行う際に権利者としての証明が必要ないことなどが問題視されていて、コミュニティから早期の改善が求められています。

誤った著作権侵害判断は頻繁に起こっている

YouTubeの著作権問題の最近の例では、有名なラジオチャンネル「LoFi Girl」が誤った著作権行使により削除されました。このチャンネルは、リラックスできる音楽を提供する「チル」なストリーミング・ステーションとして知られ、1100万人以上のチャンネル登録者を誇っています。そのため、LoFi Girlが著作権侵害を受けたとソーシャルメディアに投稿すると、多くのファンが騒然となりました。LoFi GirlはYouTubeの対応を不服とし、YouTubeは自社のソーシャルメディアチャンネルでミスを認めましたが、ダメージは大きかったです。この騒動は、YouTubeのポリシーと認識されている不備な点を再び表面化させるものでした。

YouTubeの著作権侵害のプロセスは自動システムに依存

コンテンツ制作者は、YouTubeの著作権侵害の処理方法について、何年も不満を持っています。基本的に、YouTubeに動画をアップロードすると、その動画が著作権主張の対象になることがあります。つまり、作成した動画に保護された素材が含まれていると他の誰かが主張した場合、その主張者はYouTubeにクレームを提出することができます。

YouTubeは、クレームにメリットがあると判断した場合、それは問題のコンテンツを取り下げ、ビデオをアップロードしたチャネルに対して著作権ストライク(strike)を発行します。著作権侵害が多発すると、そのチャンネルは削除されてしまいます。問題は、コンテンツ制作者が、YouTubeはしばしばこれらの著作権ストライクを誤って発行し、無実のチャンネルに不当なペナルティを課していると主張しています。

多くの人が、この問題はYouTubeが著作権主張を審査する自動システムに過度に依存していることに起因していると考えています。しかし、YouTubeは著作権侵害の審査に際して、定期的に第二の防御手段を用いていないため、著作権侵害の判断はしばしば誤って行われていたり、予防的な観点で行われていると主張する人が多くいます。

さらに、コンテンツ制作者は、YouTubeのポリシーのもう一つの側面である権限を証明することなく誰でもチャンネルに対して著作権侵害の申し立てを行うことができることについて、非常に批判的な見方をしています。このようなポリシーがもたらす悲惨な結果は、好評を博したビデオゲーム「Destiny」を制作したゲーム会社バンジーが、偽のアカウントが自分たちに対して著作権侵害の申し立てを行ったために、自分たちのDestinyのコンテンツをYouTubeから削除されたことで実証されています。皮肉にも、バンジーを装った偽アカウントによる著作権侵害の申し立てであったにもかかわらず、YouTubeは、偽アカウントが正当な著作権侵害の申し立てをしていることの証明を求めずに、バンジーのチャンネルを削除してしまったのです。

課題は多い

YouTubeの著作権侵害に対するアプローチは、コンテンツクリエイターの著作権法に対する不信感を高めることになりました。特に、他の多くのテクノロジー・プラットフォームが自動化された手段に移行し続ける可能性があるため、YouTubeにコンテンツをアップしている会社の知財部・法務部はこの状況を認識しておくことが望まれます。

ユーチューブの著作権行使システムに関する重要なポイント

コンテンツ制作者は、以下のようなYouTubeの著作権システムのために、著作権法の不備と思われることに非常に不満を抱いています。

  • 著作権侵害の判定を自動化された手段に頼っていること
  • 完全な調査が行われる前に、チャンネルに対して著作権侵害や制裁措置が取られることが多いこと
  • 申し立てに際して、著作権所有者の証明を必要としないこと

参考記事:YouTube Criticized over Copyright Strike System

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

Cannabis
訴訟
野口 剛史

アメリカで大麻特許訴訟第一号が申請される

日本では違法の大麻(cannabis)ですが、アメリカでは、州ごとに合法化する動きが活発で、すでに、医療用・娯楽用での使用が認められている州もあります。しかし、連邦法では大麻はまだ違法なため、連邦法と州法の間で合法(不法)行為の選別が難しい業界です。また、法律の変更などに伴い、急速に日々変化を遂げている業界でもあります。今回は、アメリカで初の大麻特許訴訟が起こったので、大麻産業という業界を知財の観点から見ていきます。

Read More »
folders-manual
再審査
野口 剛史

IPRを含むPTAB手続きに関する法案が提出される

6月16日、Tillis、Leahy、Cornynの各上院議員は、”Patent Trial and Appeal Board Reform Act of 2022 “を提出しました。この法案が可決されると、IPRまたはPGR手続を開始するかどうかを決定する際にPTABが裁量の行使が修正され、長官が必要となり、禁反言が主張されるかもしれないと考える当事者も控訴権に関する規定が追加されるなどの変更がなされる予定です。

Read More »