IPR申し立てのタイミング

訴訟が行われている場合、訴状が送られてから1年以内にIPRの申し立てを行う必要があります。35 U.S.C. § 315(b)。しかし、訴訟の進み具合によっては、その1年の期限内に申し立てを行っても、IPRが却下されてしまうことがあります。 NHK Spring Co. v. Intri-Plex Techs., Inc., Case IPR2018-00752, Paper 8 (PTAB Sep. 12, 2018).

背景

Intri-Plex Technologies, Inc. はNHK Spring Co. と NHK Internationalを特許侵害でthe Northern District of Californiaに訴えます。この訴状がNHK Internationalに正式に送られたのが2017年3月9日のことでした。その後、訴訟は進み、2018年1月29日にクレームコンストラクションに対する公判があり、2018年2月2日にはクレームコンストラクションの判決がありました。また、最終公判が2019年3月25日に予定されていました。

このような状況の中、NHK Springが訴訟が始まってから1年以内である2018年3月7日にIPRの申し立てを行います。このことに対し、特許権者であるIntri-Plex Technologies, Inc. は、訴訟の進行状況を理由に、IPRを今行うことは効率的でない(inefficient )と主張し、PTABはその主張を受け入れました。

PTAB は現状でIPRを行うことはPTABのリソースを有効活用するものではないとしました。PTAB は、訴訟がすでにだいぶ進んでいて、エキスパートのディスカバリーが2018年11月1日に終わることや2019年3月25日にすでに最終公判が予定されていることに注目。その反面、IPRが行われれば、2019年9月まで待たないと判決が出ないとしました。また、PTABは同じ先行例文献が用いられていることも指摘。このような状況では、AIAで定められたIPRの目的を達成できないので、IPRは行うべきではないと結論づけました。

教訓

IPRの申立人も特許権者も1年の期限内にIPRが提出されたからといって、IPRが開始されると仮定するべきではありません。また、IPR申立人(進んでいる特許訴訟の被告人)は、IPRの申立書を提出するタイミングを訴訟の進行状況を考えつつ、慎重に検討する必要があります。特に、訴訟が早く進む裁判地である場合、なるべく早くIPRを検討する必要があります。一方、特許権者は、訴訟が順調に進んでいるのであれば、IPRは不効率だと主張し、IPRを阻止できるか検討することをおすすめします。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Marc S. Blackman. Jones Day (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

estopel
Uncategorized
野口 剛史

PTAB手続きによるcollateral estoppelのリスク

PTABの手続きにおいて、過去に同じ問題が争われている場合、collateral estoppelが適用されるか注意する必要があります。今回はCollateral estoppelが適用された判例を通して、どのような時にcollateral estoppelが適用されるか考察してみます。

Read More »
再審査
野口 剛史

IPRの裁量的却下を回避するための鍵

IPRと並行して特許訴訟が行われている場合、PTABでFintiv要素が考慮されIPRが裁量的に却下される可能性があります。そうなるとIPRの申立人(特許侵害が疑われている被疑者)は不利になります。IPRが開始されないリスクを少なくするためにも、IPRの裁量的却下のリスクを低くする取り組みが大切になってきます。その1つとして、地裁とPTABで同じ無効理由(または主張できた無効理由)をしないという戦略があります。

Read More »
statistics-stack-of-documents
再審査
野口 剛史

CAFCがPTAB判事は憲法違反だと判決

今回紹介する判例の影響で、今現在PTABでの最終判決が出ていて、CAFCに控訴中の案件は、PTABにおける最終判決が破棄される可能性があります。また現在PTABで争われているIPRやCBMにも影響があるかも知れません。

Read More »