特許庁の出願システムに不具合発生

追記:22日現在、システムが復旧しました

現地時間2018年8月15日の朝からアメリカ特許庁の特許出願システムの一部データベースに不具合が生じ、オンラインでの出願ができなくなっています。

不具合が生じたデータベースはPatent Application Locating and Monitoring database (PALM) というもので、特許庁における出願状況をトラッキングするツールです。このPALMは出願、サーチ、費用支払などの他のシステムをサポートするもので、そのデータベースに不具合が生じたことから、特許出願に関わるオンライン機能が麻痺しました。
しかし、この不具合は商標出願には影響ないとのことです。

特許庁によると、紙ベースでの出願にかかった追加費用は返金されるとのことです。しかし、このシステム不具合は出願の遅れの言い訳にはなりません。

コメント

このような長期に渡るシステムの不具合は稀ですが、オンライン出願ができない場合でも、紙ベースの出願はいつでもできます。次回このような不具合に見舞われた場合、出願日を無駄に遅らせないため、また、出願期限を守るために、現地の代理人に紙ベースでの出願を即指示してください

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Dennis Crouch – Patently O (元記事を見る

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

契約
野口 剛史

M&Aにおける知的財産デューデリジェンスで気をつけること

時間が限られた中で知財のデューデリジェンスを行うのは困難を極めます。そのため、形式にしばられず、効率的で意義のあるIPデューデリジェンスを行うためにデューデリジェンスリストから始めるのではなく、一歩下がって計画の段階から重要な知財を特定するところから始めましょう。

Read More »
特許出願
野口 剛史

過去の販売の非開示が隠蔽とみなされ特許が無効に

Total Rebuild, Inc. v. PHC Fluid Power, LLC, において、地裁は不正行為(inequitable conduct)のため特許を無効にしました。発明者が出願時に特許庁に過去の販売に関する情報を提供していなかったことと、訴訟における不適切な対応から意図的に情報を隠蔽したと結論づけられました。

Read More »
訴訟
野口 剛史

重複訴訟の原則による2つ目の訴訟の却下

米国連邦巡回控訴裁は、重複訴訟法に基づいて、同一当事者間かつ同一特許を主張する2件目の訴訟を却下した連邦地裁の判決を支持しました。このような訴訟の状況になるのは珍しいですが、同じようなコンセプトであるres judicata(クレームの除外)とは異なり、重複訴訟法では1つ目の訴訟における最終判決は必要としません。

Read More »