特許庁の出願システムに不具合発生

追記:22日現在、システムが復旧しました

現地時間2018年8月15日の朝からアメリカ特許庁の特許出願システムの一部データベースに不具合が生じ、オンラインでの出願ができなくなっています。

不具合が生じたデータベースはPatent Application Locating and Monitoring database (PALM) というもので、特許庁における出願状況をトラッキングするツールです。このPALMは出願、サーチ、費用支払などの他のシステムをサポートするもので、そのデータベースに不具合が生じたことから、特許出願に関わるオンライン機能が麻痺しました。
しかし、この不具合は商標出願には影響ないとのことです。

特許庁によると、紙ベースでの出願にかかった追加費用は返金されるとのことです。しかし、このシステム不具合は出願の遅れの言い訳にはなりません。

コメント

このような長期に渡るシステムの不具合は稀ですが、オンライン出願ができない場合でも、紙ベースの出願はいつでもできます。次回このような不具合に見舞われた場合、出願日を無駄に遅らせないため、また、出願期限を守るために、現地の代理人に紙ベースでの出願を即指示してください

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Dennis Crouch – Patently O (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

未分類
野口 剛史

知財コンサルをやるならウェビナーから始めなさい

今回は、前回のニュースレターと前々回のブログと似た情報発信ツールの1つであるウェビナーの知財プロフェッショナルとしての活用方法に注目します。ウェビナーはブログやニュースレターと同様、専門的な情報を発信するのに適しているので、弁理士のような専門性が必要な業種と相性がいいメディア媒体です。しかし、ブログやニュースレターなどと異なりリアルタイムで参加者と対話ができます。

Read More »