特許庁の出願システムに不具合発生

追記:22日現在、システムが復旧しました

現地時間2018年8月15日の朝からアメリカ特許庁の特許出願システムの一部データベースに不具合が生じ、オンラインでの出願ができなくなっています。

不具合が生じたデータベースはPatent Application Locating and Monitoring database (PALM) というもので、特許庁における出願状況をトラッキングするツールです。このPALMは出願、サーチ、費用支払などの他のシステムをサポートするもので、そのデータベースに不具合が生じたことから、特許出願に関わるオンライン機能が麻痺しました。
しかし、この不具合は商標出願には影響ないとのことです。

特許庁によると、紙ベースでの出願にかかった追加費用は返金されるとのことです。しかし、このシステム不具合は出願の遅れの言い訳にはなりません。

コメント

このような長期に渡るシステムの不具合は稀ですが、オンライン出願ができない場合でも、紙ベースの出願はいつでもできます。次回このような不具合に見舞われた場合、出願日を無駄に遅らせないため、また、出願期限を守るために、現地の代理人に紙ベースでの出願を即指示してください

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Dennis Crouch – Patently O (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

次回ウェビナー

9月22日開催予定

STANDARD ESSENTIAL PATENTS IN THE UNITED STATES

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

secret
企業機密
野口 剛史

判例に学ぶ従業員に対するDTSAの適用ポイント

Defend Trade Secrets Act of 2016 (“DTSA“)は連邦レベルの企業機密を守る法律です。成立してからDTSAに関する判例が増えるに連れ、少しづつ気をつけるべきポイントがわかってきました。今回は、(元)従業員に対するDTSA適用を考える際に気をつけたい2つのポイントを判例を通して説明していきます。

Read More »